ページ コンテンツ

ぞうブロ

好きなことまとめ、妄想

GLAYってこんなにカッコよかったっけ。松坂世代リーマンに喝を入れてくれてありがとう。

仕事、家事、育児に疲れ切った私の数少ない娯楽。それは夜中嫁さんと子供が寝静まった後にネットサーフィンをする一人の時間。グラスにはハイボールまたは氷水。一番の至福のとき。 そこで出会ったこの動画。 GLAY / I'm in Love (Live ver. / 2009.8.16) GL…

「アタック25」が憎い。地中海クルーズを目指し全てを失った男の告白。

「アタック25」が憎い。 時間。仕事。お金。そして家族。 私からすべてを奪っていった、アタック25が… ある日。晩飯の準備をしながら、嫁さんが言った。 「あ、そうそう。あなたを『アタック25』に、エントリーしといたから」

【紅の豚】私はポルコ。ミラノで働く航空機エンジニア。

私はポルコ。 ピッコロ社に勤める、航空機エンジニアだ。 昨年引退したフィオ会長に見初められ、イタリア・ミラノにやってきて、もう4年。ポルコという名は、「ダンディーな小太りの飛空挺乗り」を大好きな会長が付けてくれた。 今は出張で、クロアチアのド…

夢のマイホームを買って鬱になる心理。男にとってマイホームとは。

数年前。会社の友人が、マイホームを購入して、鬱になった。 なんで?念願の夢のマイホームなのに? 彼は言った。 「俺は結婚し、子供も二人できた。そしてマイホームを買った。これで俺の人生は、99%決まってしまった。時間的にも経済的にも、自由は完全に…

ウマル安田純平氏帰国に寄せて。ジャーナリズム()とは一体なに?

ウマルこと安田純平氏が3年ぶりに「解放」され帰国した。 これまでの彼の言動や思想、ツイートを見るにつけ(面倒なのでここでは載せないが)、 てっきり、現地でYoutuberと化し、武装勢力風のエキストラを雇って渾身の映像を撮影し、左派メディアに映像を切…

この世に絶対なんてない。たとえそれがタチウオ釣りでも。

この世に、「絶対」なんてものはない。 もしあるとすれば、それは『金持ちはモテる』、『北川景子は可愛い』、そして『死』だけだ。逆に言うと、「絶対」と口にした瞬間、それは嘘つきの始まりとなる。 「この仮想通貨を買えば、絶対儲かりますよ」 「このパ…

高橋由伸監督辞任。巨人に翻弄された哀しきウルフ。次期巨人監督を予想してみた。

高橋由伸監督が、成績不振の責任を取り辞任。 headlines.yahoo.co.jp 勝負の世界とはいえ、そして巨人が嫌いだとは言え、なんとも不憫でならない。 ヨシノブ氏に惜別の言葉を述べつつ、次期巨人監督を大胆不敵に予測してみた。この中から、たぶん誰か一人は…

飲酒運転の暴走車に轢かれかけた上、偽天山に怒られた。

吉澤ひとみ氏の飲酒ひき逃げ事故。高橋祐也氏の覚醒剤での逮捕。 それらを見るたび、あの忌々しい記憶が蘇る。。。 これは、人生に少々疲れた一匹の中年豚もとい象に優しい神様が授けてくれた、キセキのサプライズストーリーである。

そうだ京都行こう。京大の面汚しが中年になり人生に疲れて京大を再訪しつつ、京都グルメを堪能した話。

辛くつまらない仕事。リフレッシュ休暇と称し実家に帰った嫁。うまくいかない嫁両親。RSウイルスを私にうつし嫁とともに帰った息子。台風の影響で作業量が倍増した実家での稲刈りと柿取り。遅々として更新できないブログ、、、 もう、たくさんだ。 そうだ、…

ダイナ四バンド「地獄のゲーム音楽100曲ライブ」in 大阪(第二部)参戦記。21枚の写真で振り返る、導かれし4人の変態達。

ダイナ四バンドのライブ 「第1回!チキチキ!地獄のゲーム音楽100曲ライブ! ~そして伝説へ~(第2部)」@大阪・心斎橋 LIVE HOUSE soma に、初参戦してきました! ダイナ四バンド オフィシャルアカウント(@uraotoko_r)さん | Twitter

「不満買取」アプリで100件投稿してみた結果。ポイント別不満事例。不満買取が私達にもたらした変化とは。

「『不満買取』アプリって知ってる?」 ポイントやクーポンに目がない嫁さんがそう言ってきたのは、一ヶ月前のことだった。

イッテQでの安室奈美恵さんとイモトさんとの共演を見て。展示会「namie amuro Final Space」の詳細。

イッテQでの、安室ちゃんとイモトさんとの2ショット企画。 面白かったし、感動しました。 イッテQにしかできないであろう、素晴らしい企画だったなあ。 その中で、安室ちゃんの展示会が行われてると イモトさんが告知してました。 これほど好感度が高くて嫌…

【ちょい怖】雄島のパトカーで見た女性の話。

夏だし暑いので、昔体験したちょっと怖い話でも、させて頂きます。 (ちょい怖で、びっくり画像とかもありませんが、怖い話が苦手な方は、すみません) あれは、10数年前、大学三年生のとき。 軟式野球サークル恒例の夏合宿で、福井県の若狭に行った。

結婚を決意したザブングル似の友人にユルく伝えたいこと。

今日の昼休み、衝撃の報告があった。 同期で友人のザブングル氏(♂36歳、仮名)が、おもむろに口を開いた。 「あの~…実は…結婚します…」 #ザブングル加藤 hashtag on Twitter ※友人と顔が似てるんです。

埼玉県熊谷市で41.1℃。日本が42℃マドリードより暑苦しい、たった一つの理由。

本日、埼玉県熊谷市で41.1℃を記録し、日本最高気温を更新したとか。 熊谷で史上最高41・1度、都内は初の40度超 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) もはや風呂だ。サウナだ。私は熊谷在住じゃないけど、大阪も暑い。暑苦しい。 40℃に達してないけど、…

W杯予想で学んだこと。浮気ダメゼッタイ。

ロシアW杯は、実にたくさんの教訓を与えてくれた。 中でも、最も私の心に深く突き刺さった教訓。 それは、「浮気ダメ、ゼッタイ」ということだ。 これは私の悔悟の負け惜しみの記録である。

【個人的保存版】ロシアW杯ベストゲーム12選。昭和師匠ありがとう。

ロシアW杯はフランスの優勝で幕を閉じました。 ようやくW杯ロスが薄れてきたけど、記憶のあるうちに個人的ベストゲームを書いてみようと思います。

転職して前職と打合せしたら昔の上司と再会した。※7/22追記

転職して5年目。初めて、前の会社と仕事する機会があった。 突然、「そういや君、前職あそこだったよね」と、とりあえず会議に呼ばれた。 たしかに前職だけど、扱う製品は全然違ったし、内容も全然知らない。 まあいいかと、とりあえず顔を出すことに。 打合…

麻原彰晃とオウム真理教幹部の死刑執行で思い出したバレンタインのトラウマ。

7月6日。久々の関東出張。行き先は茨城の山奥だ。 でもあいにくの大雨で、大阪のJR、南海など電車が軒並みフリーズ。 元気に稼働してた御堂筋線の駅まで嫁さんに運んでもらい、どうにかこうにか新幹線に乗り込んだ。 連日のワールドカップ観戦で睡眠不足だっ…

ありがとう日本代表。西野監督、ケイスケホンダ、サッカー日本代表に申し上げたいこと。

一日たち、ようやく悔しさと喪失感が薄れてきた。 サッカー日本代表は、優勝候補の一角ベルギーと壮絶な撃ち合いを演じたが、 終了間際の高速カウンターにより惜敗。ベスト8入りは叶わなかった。 敗れはしたが、その美しく感動的な試合内容で、 ポーランド…

嫁さんと子供が家を出て行った。難波で下心にまみれつつ頭を冷やした中年男の物語。

嫁さんがまだ6ヶ月の子供を連れて、家を出て行った。 きっかけは、些細な喧嘩だった。 嫁さんは育児のストレスと寝不足。 私は仕事のストレスとワールドカップの寝不足(?)。 もちろん育児も一緒に頑張ってるつもりだった。 でも、お互いに、フラストレー…

サッカー日本代表ベスト16進出に寄せて。まだ手のひらは返さない。

サッカー日本代表が、ベスト16に進出。 本当に快挙だ。素晴らしい。 始まる前は、全く予想すらできなかったけど、素直に嬉しい。 あまりにも濃密な3試合だったので、できる限り手短に書いたつもりですが、長くてごめんなさい。

ロシアW杯開幕。優勝国予想。絶対に負けられない、もう一つの戦い。

いよいよ、2018ロシアW杯が始まる。 遡ること半年前。12月8日。ロシアW杯抽選会が終わり、組み合わせが決まった翌週末。 会社のにわかサッカーファンの同僚5人。象、黒髭、オネエ、ザブングル加藤、ダルシム。 絶対に負けられない戦いが、そこにはあった。そ…

ロシアW杯まで2か月を切った。ハリルホジッチ元監督、サッカー日本代表に捧ぐ。

「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」 サッカー日本代表の常套句だ。 でも、ことロシアW杯に限っては、当てはまらない気がする。 むしろ、ボコボコにされて3連敗した方が、今後の日本代表のためになるんじゃないか。 サッカー日本代表が好きだけど、…

GWは田植え。GWに海外旅行に行く人を呪ったあの頃。求む跡継ぎ問題の解決法。

GWが終わってしまった。 9連休だったけど、子供が産まれて初めてのGWだったので、 主に、子守と、毎年恒例の実家での田植えしかしてなかった。

息子が産まれて4か月。イオンモールでゾンビと化したパパさんの仲間入りを果たした。

子供が産まれて4か月。 子供がいる初めてのGW。9連休。 しかし当然、以前のように遊びまわることなんてできない。 嫁さんと一緒に、家事や育児に奮闘する日々だ。 「奮闘」という言葉ほど、育児を的確に表現する言葉はないと思う。 子供一人で、このハー…

バブリーダンス 登美丘高校ダンス部×平野ノラ。高校時代は無敵だった。

振り返ると結局、高校時代が一番無敵だったなあ。。。 GWに突入し、ふとそんなことを思いだしたのは、 今更ですが、去年大ブレイクした登美丘高校ダンス部のバブリーダンスを見てたからです。 色々やる気を出させてもらえたので、恒例の痛い自分語りを交えつ…

息子と私が、未婚の母となった妹、X JAPANのメンバー、亡くなったおばあちゃんに会う夢を見た。

今日は体調が悪かった。仕事を休んだ。 そのせいか、奇妙で不思議な夢を見た。 生後三か月の息子と私は、未婚の母となった妹、X JAPANのメンバー、そして亡くなったおばあちゃんと会っていた。 A to Z of Music X-JAPAN

松坂世代の中年サラリーマン男が聴くとやる気が湧いてくる、女性ヴォーカリスト邦楽18曲。

仕事、家庭、色々な責任が、背中にのしかかってくる中年世代。 もう若くない。求められることは、公私ともに、あまりにも多すぎる。 「松坂世代」(死語?)の私もそうです。 というか、松坂世代=中年というのにも、驚きを禁じえません。 そんな松坂世代の…

忙しすぎても辛いし、暇すぎても辛い。サラリーマンエンジニアの贅沢な悩み。

担当製品が無事量産化し、束の間の平和が訪れた。 ピリピリムードはすっかりなくなり、定時帰りという夢のような体験もできている。 早く家にも帰れる。 それなのに、気分が晴れず、落ち込んでしまう。 なんでだろう。。。? 会社の仕事。激務なのは辛いけど…