ページ コンテンツ

ぞうブロ

エンジニアの葛藤、好きなことまとめ、妄想

子育て

嫁さんと子供が家を出て行った。難波で下心にまみれつつ頭を冷やした中年男の物語。

嫁さんがまだ6ヶ月の子供を連れて、家を出て行った。 きっかけは、些細な喧嘩だった。 嫁さんは育児のストレスと寝不足。 私は仕事のストレスとワールドカップの寝不足(?)。 もちろん育児も一緒に頑張ってるつもりだった。 でも、お互いに、フラストレー…

GWは田植え。GWに海外旅行に行く人を呪ったあの頃。求む跡継ぎ問題の解決法。

GWが終わってしまった。 9連休だったけど、子供が産まれて初めてのGWだったので、 主に、子守と、毎年恒例の実家での田植えしかしてなかった。

息子が産まれて4か月。イオンモールでゾンビと化したパパさんの仲間入りを果たした。

子供が産まれて4か月。 子供がいる初めてのGW。9連休。 しかし当然、以前のように遊びまわることなんてできない。 嫁さんと一緒に、家事や育児に奮闘する日々だ。 「奮闘」という言葉ほど、育児を的確に表現する言葉はないと思う。 子供一人で、このハー…

息子と私が、未婚の母となった妹、X JAPANのメンバー、亡くなったおばあちゃんに会う夢を見た。

今日は体調が悪かった。仕事を休んだ。 そのせいか、奇妙で不思議な夢を見た。 生後三か月の息子と私は、未婚の母となった妹、X JAPANのメンバー、そして亡くなったおばあちゃんと会っていた。 A to Z of Music X-JAPAN

育児ノイローゼで産後うつになりかけてた嫁さんに、Twitterを勧めた結果。

子供が産まれて3か月。 私が2週間ほど出張になったので、その間嫁さんと子供を嫁実家に預けてきた。 出張が終わり、嫁さん子供を連れて、ウチに帰ってきたとき。 嫁さんは疲れ、柄にもなく少しイライラしていた。 おむつを替えた直後。嫁さんがポロポロと涙…

おチビ様と嫁隊長が帰って来た。こどもチャレンジの威力。

実家に帰っていた嫁さんと子供が、ついに帰ってきた。束の間のお気楽で自堕落な独身生活は終わりを告げ、戦場さながらの怒涛の日々がロケットスタートした。 私が気楽な生活をしている間、出産育児で何歩も先を進んでいた嫁。いつどこで勉強したのだろう。そ…

お宮参り問題その後。息子に教えられたこと。

お宮参りのやり方で、揉めてしまってから、はや一か月。 あの事件から初めて、嫁実家に行くことになった。

結婚してよかったこととそうでないことを、9つずつ書いてみた。

結婚と独身、どっちがいいのか。 永遠のテーマだ。 結婚してよかったこと、そうでないこと。 最近結婚した男の立場から、ゆるく考えてみた。

お宮参りのやり方で嫁実家とモメた。結婚生活、家の付き合いに必要な要素5つとは。

先日、お宮参りのやり方が私実家と嫁実家で違う、どうしよう的な記事を書いた。 本記事はその続編である。 結果を言うと、やっぱり揉めてしまった。

お宮参りで両家がモメないために。旧家の長男の葛藤と決意。そして婚活女性に言いたいこと。

謹賀新年2018年。 明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ、ぞうブロをよろしくお願いいたします。 新年一発目のテーマとしては、少々重く面倒な問題を取り上げてみます。 それは「両家がモメないように、お宮参りをどんな形で進めるか」問題です。

子供が産まれました。陣痛から出産まで、34時間の全記録。

2017年12月18日、12:03。 34時間の壮絶な出産を経て、待望の第一子が、母子ともに元気で健康に、 産まれてきてくれました。 激動と感動のこの日を忘れないために、ドキュメント風に書いてみました。長文です。

昇格したのに大ピンチ。それでもサラリーマンエンジニアが戦う理由。

先日、昇格した。 月収が、数万円上がる。 私の小遣いは1円たりとも変わらないが、嫁さんは大喜びだ。 いつになく、尊敬の眼差しで、私に接してくれる。 少し前、会社の保険の還付金15000円をネコババしようとしたのがバレたときの、 氷のような眼差しとは、…

あと1か月で父親になるけど自信がない。そんな37歳男の心境とは。

第一子の出産予定日まで、ついに1ヶ月を切った。 自分が父親になるなんて。 実感が湧かないくらい、不思議な気持ちだ。

沖縄かりゆしビーチリゾートで、37歳おっさんが華麗にナイトプールデビューを飾った夜。プライベートビーチも。

少し前ですが、沖縄リゾートに行ってきました。 大型リゾートホテルで、ナイトプールデビューをカマしてきた、中年の日記です。

束の間の夏休み後編。懐かしの「ドライビングターボ」修理で、蘇った親父との想い出。

束の間の夏休み。家族が集まり、実家でゆっくり過ごしていた。 すると、屋根裏から親父が、埃のかぶった懐かしいオモチャを持ってきた。 そう、「ドライビングターボ」だ。