ページ コンテンツ

ぞうブロ

エンジニアの葛藤、好きなことまとめ、妄想

転職、就活

転職して前職と打合せしたら昔の上司と再会した。

転職して5年目。初めて、前の会社と仕事する機会があった。 突然、「そういや君、前職あそこだったよね」と、とりあえず会議に呼ばれた。 たしかに前職だけど、扱う製品は全然違ったし、内容も全然知らない。 まあいいかと、とりあえず顔を出すことに。 打合…

リクルートスーツが好きだ。新社会人の皆さん頑張って下さい。

出張が無事終わった月曜日。東京駅でビールを飲みながら、新幹線を待っていた。 ふと周りを見渡すと、やけに、リクルートスーツの女性が多い。 正確には、男性も多いのだが、リクルートスーツ(を着た女性)が大好きな私は、残念ながら女性にしか目がいかない…

裁量労働制で働くエンジニアのリアル。

転職して1年程たったある日。上司から一枚の紙を見せられた。 「これに、サインしてくれるかな?」 裁量労働への移行を希望します、という内容だった。紙切れには、 「自分のペースで遂行できる業務ですか?YES or NO」 「あなたに裁量ありますか?YES or NO…

転職して5年たった。転職してよかったこと、悪かったことを3つずつ。Connecting the dots.

「転職はつらいぞ」5年前、私が前職を去るとき、先輩にかけてもらった言葉だ。その言葉の意味は、転職してから骨身に染みるほど感じてきた。転職は、する前も、してからも、大変だ。しかし辛いことばかりではない。この記事では、個人的な経験から、転職し…

恥の多い設計者人生を送ってきました。

私は、その社畜の写真を三葉、見たことがある。

昇格したのに大ピンチ。それでもサラリーマンエンジニアが戦う理由。

先日、昇格した。 月収が、数万円上がる。 私の小遣いは1円たりとも変わらないが、嫁さんは大喜びだ。 いつになく、尊敬の眼差しで、私に接してくれる。 少し前、会社の保険の還付金15000円をネコババしようとしたのがバレたときの、 氷のような眼差しとは、…

ヤクザ、DQN、上司に囲まれた設計者を救った、お気楽爺さんの言葉。

ここ一週間、まともにブログを見れてなかった。 飽きたからでも、愛人ができたわけでもない。 設計者にとってはこの上なく恐ろしい悪魔の儀式、プレ量産立会いだったのだ。

ブラックエンジニアが転職活動を始めた途端、急に周りが優しくなってびっくりした話。

ブラック会社の情報収集能力は、半端ではない。 そんな私の思い込みを、書いてみました。(全2948文字)

【風立ちぬ】未熟な設計者に刺さるカプローニのドSな名言4選。

休日出勤で疲れた夜。ジブリの「風立ちぬ」を、家でぼーっと見てました。 私もなんだかんだで、設計者の端くれ。堀越二郎氏のような天才設計者でもないし、作ってるものも、飛行機ではない。でも映画での名言は心に刺さります。 とりわけ、カプローニ氏の言…

リクルーターとは学生を見る人ではなく、学生から面接される人だった。人事のソルジャー29人がくれた8つの熱い質問と、ラストサムライ。

だまされリクルーター初体験。優秀なソルジャー29人から、怒涛の質問責めに遭いました。 たった1人のラストサムライを除いて…

だまされ転職して早4年。会社にリクルーターを頼まれた私が就活生に伝えたいこと。

社会人歴かれこれ10余年。うっかり騙されて転職して早4年。 会社にリクルーターなるものをしてほしいと頼まれた。

理系、工学部はやめておけ。エンジニアは大変だ。それでも今役に立っている、たった1つのこと。ver3.0※10/19更新

理系は安定している。手に職がつく。なにより日本は世界に誇る技術立国だ。これからの日本の将来を担う、革新的新技術を開発し日本の発展に貢献し、大きな富を得たい。 そう考えて、工学部、エンジニアを志す諸君は多いことだろう。 かつて、私もそうだった…