ページ コンテンツ

ぞうブロ

旅行、音楽、スポーツから、転職、エンジニアの叫びまで。

第22回紀州口熊野マラソン参戦。快適バスツアーととれとれの湯で、雨でも10倍楽しく!

スポンサードリンク

2017年初ハーフ。

第22回紀州口熊野ハーフマラソン、参戦してきました。

直行バスを確保できたのでスムーズに移動でき、とれとれの湯を満喫!

同時に、雨マラソンの恐ろしさを、身をもって経験できましたorz

前日夜。

天気予報を見ると、紀南の降水確率は、90%/90%。

ただでさえ辛いマラソンなのに、雨の中走ると、どうなってしまうのか。

不安に恐れおののきながら、ぐっすり寝て、当日を迎える。

 

大阪からの口熊野マラソン参加は、明光バスツアーが便利!

当日。案の定大阪は曇天。

しかし今回、一つラッキーだったのは、

天王寺駅(私たちの最寄り駅)⇔会場の往復直通バスを確保できたこと。

その名は、「明光バス 口熊野マラソンバスツアー」

大阪と、口熊野マラソン会場とをつなぐ往復直通バス。

大阪各地の、合計4か所くらいから出てたと思います(記憶が曖昧ですみません)。

私たちのケース(最寄り:天王寺公園)の行程は下記です。

【行き】 

6:30 天王寺公園 観光バス駐車場を出発。

8:45頃 会場到着。

ちなみに、

8:40 開会式

9:50 ハーフマラソンスタート

10:00 フルマラソンスタート

なので、十分余裕をもって会場入りできます。

乗車時にゼッケンやお土産(南高梅とあられ)ももらえるので、バスの中で落ち着いて準備できるのもGood。

ただしトイレ休憩がなかったので、念のため事前に済ませておきましょう。

 

【帰り】

13:00からハーフ等の表彰式がはじまり、閉会宣言は16:00。

①15:00 ②15:30 ③16:00 ④16:30 のどれかに乗車し、まず「とれとれ市場」へ。(所要時間:約10分くらい)

そこで買い物やグルメ、入浴を楽しめるという、心憎いほどのありがたい配慮付き。

17:30 出発。

19:00頃? 天王寺公園着。(トイレ休憩:1回あり)

 

特にハーフの方は、タクシーでとれとれ市場に向かってからの17:30乗車がオススメ!

ちなみに私たちはハーフマラソン参加だったので、終わって着替えも完了したのが13時前。

15:00まで結構待ち時間があり、雨でずぶぬれだったので、予定変更してタクシーで一足早く「とれとれ市場」の隣の「とれとれの湯」に向かうことに。

3人で2000~3000円程。ずぶぬれで疲労困憊だったので、迷わず社会人の力を発揮しました笑

突然変更でしたが、バスの受付で相談したら、あっさり快くOKしてくれました。

おかげさまで、17:30まで4時間ほど、ゆっくり「とれとれの湯」で雨と疲労を流し、おいしいビールと海鮮丼に舌鼓を打ち、岩盤浴を楽しみ、優雅にプチ旅行を満喫することができました!

www.toretore.info

 

とれとれの湯入口。とれとれ市場の隣の少し上ったところにあります。

f:id:elep-peace:20170221233305j:plain

 

とれとれの湯の中のレストランで食べた海鮮丼とBeer。

あ~~~うめ~~悪魔的だ!!

f:id:elep-peace:20170221233329j:plain

 

 

上記リンクからでも行けますが、超おすすめの「とれとれの湯」も念のため貼っておきます笑

www.toretore-spa.com

 

特にハーフにエントリーする方は、このやり方がオススメです!

早起きしてマラソン走ってからの、とれとれの湯&とれとれ市場は、まさにプチ旅行気分で超さわやかゴールデンコースです。

 

【料金・予約方法】

バス予約は、先着順

バス会社「明光バス」(下記)にメールを送り、予約・費用の振り込みをしました。

私たちはキャンセル待ちで、運よく乗れました。

値段は、天王寺公園発着のケースで、往復で6500円

meikobus.jp

 

その他詳細は、次回以降の口熊野マラソンエントリー時期になれば

HPから確認できるようになるはずです

(今回のものは、大会終了直後なので消えてしまっていましたorz)

 

 

おまけ:雨と涙のハーフマラソン記録。

これまで数回ハーフは走ったが、がっつり雨の中走るのは初めてだった。

感想は、、、

冷たい!寒い!そして、雨を吸って服とシューズが重い!!

一応カッパというかレインコートを持っていってたけど、膝まですっぽり覆われるのでさすがに走りの邪魔になると思い、却下。

そして、先日アウトレットでゲットしたナイキのランニングパーカーと心中することを決める。

結局びっしょり濡れたが、被害は最小限に食い止められたと思います。

特にフードで頭部や顔を防御できたのは大きかった。

 

当日の様子。がっつり雨

f:id:elep-peace:20170221233443j:plain

 

スタート直前。レインコートの大群

f:id:elep-peace:20170221234043j:plain

 

走るにつれて、服が雨を吸い、どんどん重くなっていく。

それだけでなく、コースの至る所にできた水たまりで、シューズがびしょびしょになり、不快指数MAXに

メンタルも削られていくのがわかる。

結局、後半いつも以上に失速。

失速自体は雨に関係なくいつものことだが、今回は15km付近で完全に心が折れ、歩き始めてしまう体たらくだった。

まあそれでもなんとかFINISH。

 

完走証。ワーストタイムを叩き出す。 

f:id:elep-peace:20170221234439j:plain

 

今年の参加賞のTシャツは水色。背中は無地。

口熊野マラソンのTシャツは、去年も今年も結構お気に入り。

f:id:elep-peace:20170221234622j:plain

 

ハーフ自体は悲惨な結果に終わったけど、

快適なバス移動、何と言ってもとれとれの湯での優雅なひと時。

帰りは天王寺のQ's MALLのラーメンで締め。

激しく冷たく、優雅で楽しい、ひと時でした!!

ハーフはまたリベンジします。。!

f:id:elep-peace:20170221235025j:plain

 

スポンサードリンク