ページ コンテンツ

ぞうブロ

旅行、音楽、スポーツから、転職、エンジニアの叫びまで。

おばあちゃんの不思議な夢。

スポンサードリンク

お題「おばあちゃんの思い出」

ちょっと不気味な話かもしれません。でも怖い話とかではないです。

久しぶりに、大好きだったおばあちゃんが、夢にでてきた。

場所は昔よく行ってた、親戚の家。

母親の実家で、おばあちゃんと母親のお兄さん家族が住んでいた。
実家同士が近かったこともあり、正月やお盆はしょっちゅう、遊びに行っていた。
おばあちゃんはもちろん、親戚のおじさんおばさんやいとこたちとも、
よく遊んでもらっていた。
おばあちゃんは、外孫の私たちも、本当にかわいがってくれた。
 
 
今から4年前。
おばあちゃんは、亡くなってしまった。
私が一番結婚式に呼びたかったおばあちゃん。大好きだったおばあちゃん。
おばあちゃんが亡くなった夜、おばあちゃんは夢に出てきてくれた。
青空の下、草原に置かれた木の椅子に、木の机を挟んで、
私と向かい合って座っていた。
何かを話していたが、内容は分からない。
しかし、おばあちゃんはずっと、ニコニコしていた。
夢から覚めてから、葬式が終わるまで、
私は自分でも信じられないくらい、涙を流し続けた。
今までの感謝と、結婚式に呼べなかった後悔で、
心の底から悲しくて、胸が痛くて、本当に涙が止まらなかった。
 
それから2年後の、私の結婚式。
最後のスピーチで、私はおばあちゃんのことを話そうか迷った。
しかし、言っていいものか迷った挙句、緊張していたのもあり、
セリフが飛んでしまった。
きちんと言えばよかったと、今でも後悔している。
 
おばあちゃんが亡くなり、母親とそのおじさんとでゴタゴタがあってからは、
めっきり親戚の家には行かなくなっていた。
一度、親戚のおじさんから、結婚式の後、
うちで「よびどめ」をするから、みんなできてくれと言われた。
おばあちゃんのお墓に、顔を出してあげてくれとも。
 
しかしうちの両親はそれに強く反対し、行かないように言ってきた。
私としては昔お世話になった親戚だし、よびどめのような正式な場でなくても、一度挨拶に行かないといけないと、思ってきた。
しかし、ゴタゴタの経緯もなんとなく知ってるし、親がそこまで言うのなら、相当色々あったのだろう。
あれほど仲良くしてもらっていた(ように見えた)親戚と、まさかこうなってしまうとは。
寂しいし残念なことだけど、親兄弟同士の問題に、私が口を挟むべきではない。
そんな思いで、私は親戚の家に行かずに、ずるずる今に至っていた。
ちなみにおばあちゃんの墓には、一度だけ行ったことがある。
奥さんを連れて、親戚には内緒で、結婚の報告に行った。
その一度だけしか、行けてない。
 
 
亡くなってからも、おばあちゃんは、何度か夢に出てきた。
だけど、葬式の時とはうって変わって、なんだか悲しそうだった。
まるで親戚の家に行ってやってくれと、言ってるようだった。
 
そして今日。
久しぶりにまた、おばあちゃんが夢に出てきたのだ。
その夢では、みんなで親戚の家に泊まっていたのだが、
どういうわけか、私だけが家に入るのを躊躇していて、
寝場所すらなく野宿したり、コソコソ親戚の家に侵入したり。
どうも様子がおかしかった。
 
親戚の家に侵入し、うたた寝つつ、朝を迎えたとき。
おばあちゃんは、一瞬私の前を横切っただけで、私と顔を合わせるでもなかった。
私は一瞬、それがおばあちゃんだとは気づかなかった。
それくらい、なんだか顔色が悪く、怒っているようにさえ見えた。
いつもはニコニコ温かいおばあちゃんだったが、その横顔は、ゾッとするほど無表情だったのだ。
そんなおばあちゃんを見るのは、初めてだった。
 
私はそこで目が覚めた。汗びっしょりだった。
これはきっと、本当におばあちゃんからのメッセージだ。
もしかしたら、親戚の家で、何かあったのかもしれない。
そうでなくても、親戚のおじさんおばさんたちも、どこか寂しい想いをしてるのかもしれない。
親が行くなと言ったから、行かないのか。
大人になった今、自分だけでも挨拶に行くとか、なにかやり方があるはずだ。
行かないと、もし親戚のおじさんおばさんに何かあった時、
きっと後悔することになるだろう。
 
「よびどめ」の件から、一年以上が経っている。
正直、気が重い。
でも勇気を出して、親には内緒で、親戚のおじさんに電話してみよう。
そして一度、顔を合わせて、話をしてみよう。
おばあちゃんもきっと、それを望んでるかもしれないのだから。。

スポンサードリンク