ページ コンテンツ

ぞうブロ

旅行、音楽、スポーツから、転職、エンジニアの叫びまで。

サッカー日本代表アジア最終予選。2018年ロシア行きを決めるのはどこだ?

スポンサードリンク

先日、サウジアラビアとの大一番を2-1で勝利し、グループ2位につけて

アジア最終予選前半戦を折り返した日本代表。

世代交代というよりは、新旧の力がうまく競争しながら融合し、ようやく歯車がかみ合ってきた感のある、ハリルジャパン。

果たして、2018年ロシアワールドカップ行きの切符をつかみ取るのは、どこか。

簡単にまとめてみました。

現在の順位

2018年ロシアワールドカップへの切符は、世界で合計32枚です。

各エリアの枠は下記の通り。

・ヨーロッパ:13+1(=開催国ロシア)。

・南米:4.5(5位はオセアニア予選1位と大陸間プレーオフで勝つと出場)。

・北中米カリブ海:3.5(4位はアジア5位との大陸間プレーオフで勝つと出場)。

・アフリカ:5。

オセアニア:0.5(1位が南米5位と大陸間プレーオフ。勝つと出場)。

・アジア:4.5(5位は北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフで勝つと出場)。

レベルの高い南米と同じ枠数というのが、少し甘い気もしますが、

そんなことを喜んでいられるほど、現在日本代表が置かれている状況は安全ではありません。

アジア最終予選の流れ

アジアは国が多いので、予選も大変です。

一次予選(シード外12チームのうち、6チームが二次予選に進出)

→二次予選(シード34チーム+一次予選の勝者6チーム。合計40チームが8組に分かれる。各組1位と2位の上位4チームの合計12チームが最終予選に進出)

→最終予選(今ここ)

→W杯出場!

日本はシードなので、二次予選からの出場。

そして最終予選に残っているのが、この12か国。

グループA:イラン、韓国、ウズベキスタン、シリア、カタール、中国

グループB:サウジアラビア日本、オーストラリア、UAEアラブ首長国連邦)、イラク、タイ。

各グループの状況

前置きが長くなりましたが、最終予選のちょうど半分を消化した時点での各グループの状況です。

グループA

img_7658

グループB

img_7657

各組2位までが自動的に出場です。

Aはともかく、Bは日本がUAEに負けたり、オーストラリアがタイに引き分けたりと色々波乱?があったので、結構大混戦です。

今後の日程

今後の後半戦の日程は以下です。

2017/03/23  vsUAE アウェー

2017/03/28  vsタイ ホーム(埼玉スタジアム2002、19:35〜)

2017/06/13  vsイラク  アウェー

2017/08/31  vsオーストラリア ホーム(埼玉スタジアム2002、19:35〜)

2017/09/05  vsサウジアラビア アウェー

 

長丁場な上、特に中東でのアウェーが3つも残っており、苦戦は必至です。

できれば、最後のサウジアラビア戦前には2位以内の出場を決めておきたいですね。

一度、3位からのプレーオフからの出場も見てみたい気もしますが、心臓がもちません笑

 

ちなみに順位は、以下の順で決まります。

①勝ち点  ②得失点差  ③総得点  ④当該チーム間の対戦成績  ⑤当該チーム間の得失点差  ⑥当該チームの得点数  ⑦抽選順

このため、たくさん得点を挙げて、失点を少なくして、キチンと勝つことが大切です(当たり前)。

 

ハリルホジッチ監督はどのようなタクトを振るい、課題も少なくない日本代表をロシアワールドカップに導くのか。

そのとき、スタメンは誰になっているのか。

今から楽しみです!