ページ コンテンツ

ぞうブロ

旅行、音楽、スポーツから、転職、エンジニアの叫びまで。

沖縄・古宇利島旅行記。古宇利大橋とビーチの絶景、海の見える絶景オシャレカフェL LOTA。

スポンサードリンク

沖縄リゾート体験記。

古宇利島の絶景とオシャレなカフェに、癒されてきました。

沖縄・古宇利島。古宇利大橋と古宇利ビーチの、奇跡の絶景コラボ。 

古宇利島(こうりじま)は、沖縄県国頭郡にある、全周6kmほどの小さな島。

那覇からは車で1時間半、美ら海水族館からは車で20分ほどで行ける。

www.tabirai.net

お目当ては、なんといっても有名な古宇利大橋

全長1960mの海に架かる橋で、その美しさは沖縄本島でもトップクラスだ。

f:id:elep-peace:20171022190605j:plain

あまりに綺麗すぎて、ため息しか出ない。

橋を渡り終え、古宇利島に着くとすぐ、古宇利ビーチが。

 

目の前には、美しい沖縄の海と、美しい古宇利大橋。

奇跡のコラボレーションだ。

ああ、これだ。俺はこれを求めていたんだ。

思わず、立ち尽くす。

f:id:elep-peace:20171022191330j:plain

リゾート気分満喫でくつろぐ妻。

パラソルは1000円。ベッドは3000円?だったけど、妊婦だと気づいた管理人のおじさんが無料サービスしてくれました。

f:id:elep-peace:20171022191948j:plain

絶好のインスタ映えスポットのためか、自撮りする人多数。外国人もたくさん。

「たまたま」「偶然」自撮りに夢中なビキニギャルが写りこんでしまった。

f:id:elep-peace:20171022191128j:plain

橋のふもとから見た、古宇利ビーチ。

f:id:elep-peace:20171022192320j:plain

しばらくボーっと海を眺めたり、少し泳いでみたり。

テンションが上がった私は、おもむろに立ち上がり、

海パンポロシャツスニーカーという変態的いでたちで、古宇利大橋を走り始めた。

 

海が綺麗すぎる。風が気持ちいい。あまりに、最高すぎる。

橋の真ん中近くまで、1km弱、走っただけだったが、心なしか、タイムもいつもより速い。

f:id:elep-peace:20171022191500j:plain

目に焼き付けたい、この絶景。本当にいい時間だった。

 

海と古宇利大橋の見える絶景オシャレカフェ、L LOTA。

古宇利島には、ハートロック、オーシャンタワーなど、他にも有名スポットがいくつかある。

しかし私たち(妻)の目的は、「海の見えるカフェ」だった。

入ったのはココ。

L LOTA(エルロタ)

llota.okinawa.jp

夜はレストランもやってるようですね。

駐車場は一杯。10分ほど待つと入れました。

カフェ外観。

f:id:elep-peace:20171022192945j:plain

店内からは、古宇利大橋と海の絶景が見える。

f:id:elep-peace:20171022192523j:plain

カフェの雰囲気も料理も最高だ。

デザートのティラミスとガトーショコラ。美味。

f:id:elep-peace:20171022192831j:plain

カフェの隣からは、こんな景色が見えます。

f:id:elep-peace:20171022193141j:plain

あまりに気に入ったので、お店のステッカーを購入(150円くらい)。

スーツケースに貼り、愛用させてもらっています。

f:id:elep-peace:20171022193706j:plain

今回はカフェだったけど、次回はランチやディナーにも行ってみたい。

おわりに。

私が古宇利島に行ったのは、実は数週間前、10月初旬だった。

更新がここまで遅れたのは、あの日々と現実とのギャップがひどすぎて、

冷静に振り返るのに時間がかかったからだ。平にご勘弁を。

なによりよかったのは、この二泊三日の沖縄旅行が、すべて快晴だったことだ。

神様とシーサーに、深く感謝したい。

またいつか、必ず行きたい。

そのときは、古宇利大橋と古宇利島を、ぐるっと走りたい。

そのときまで、頑張ろう!

スポンサードリンク