ページ コンテンツ

ぞうブロ

旅行、音楽、スポーツから、転職、エンジニアの叫びまで。

ありがとうSMAP。SMAPxSMAP最終回、解散に想う。

スポンサードリンク

ついにこの日が、来てしまいました。

2016.12.26、SMAP×SMAP最終回。
最後の曲、「世界で一つだけの花」が終わり、深く礼をすると、
リーダーの中居君はこらえていた涙を抑えきれず、後ろを向いてしまいました。

大ファンというわけではないけど、SMAPは私たちの世代(30代中盤)にとって、青春そのものでした。

結成から実に28年。SMAP解散。

一つの時代が、終わりました。

「本当にこれで終わり?」とまだ信じられないし、さすがに寂しいです。

今更ながら、SMAP解散のきっかけ

SMAP解散!?の衝撃が走ったのは、半年少し前。

きっかけは、今更言うまでもないですが、ジャニーズ事務所SMAPのマネージャーだった方の対立だと言われています。

SMAPの育ての親の元マネージャー氏の独立騒動。

当初は5人がこの動きに同調しましたが、木村君が(奥さんの工藤静香の説得もあり?)翻意して残留を表明。

「梯子を外された」形の中居君、稲垣君、草彅君、そして香取君の4人は、ジャニーズから干され、番組内で謝罪することに。

しかしその様子は、まるで公開処刑。センターはいつもの中居君ではなく木村君。

まるで、ジャニーズに残った木村君をよしとし、残りの4人を晒し者にするかのようなその映像。

当然ファンは、署名活動、「世界に一つだけの花」購買運動など、できる限りの行動を起こします。

しかし、報道では、元マネ氏を一番慕っていた香取君が、「裏切り者」の木村君に激怒。

結局メンバーの溝が埋まることはなく、この日に至りました。

SMAPxSMAP最終回を見て

もちろんこれらの報道が全て真実かどうかは、誰にもわかりません。

当初は、「ジャニーズ側の報道」と、「独立派側の報道」が錯綜していたことからも。

また、一連の流れから、木村君が悪者になる風潮があったのは確かです。

事実、私もそう思ってました。

「女や事務所に流されて、大切な友を裏切ったのだ。カッコばっかりつけて薄情な、酷いやつだ」

と。

また、香取君に対しても、

「いくら育ての親や仲間を裏切ったからと言って、解散コンサートや挨拶もしないのは少々大人げなくないか?」

という声があったのも事実だと思います。

今回の件で、私が一番可哀想だなと思っていたのは、リーダーの中居君でした。

一番人情味があり、リーダーとして一番SMAPのことを考えてきただろうから、、

しかし、今回のスマスマをずっと見ていて、少し気持ちは変わりました。

木村君だけが悪いのではない。香取君が悪いわけでもない。

もちろん中居君、稲垣君、草彅君が悪いわけでもない。

5人全員が、この内紛に振り回された、被害者なのだと。

事実は分からないし、今でも木村君のことは昔みたいに見れないけど、少なくともそう思いたい。

 

国民的アイドルグループとまで言われ、大きな存在になりすぎた彼ら。

存在とともに、しがらみや背負うものも大きくなり、自由に意見をいうこともできなくなっていたのでしょう。

沈黙を守り続けた結果、この日の最後の「世界に一つだけの花」を歌う5人の姿は、痛々しく、可哀想でした。

木村君は、気のせいか、少し人相がきつくなったように見えました。

そして、最後に、挨拶一つ、させてもらいなんて。

これほどの国民的グループが、こんな終わり方しかなかったのかと。

これまで、過去の総集編の映像にもいっぱいあったけど、

たくさんの困難を、力を合わせて乗り越えてきた5人なのに。

やりきれない気持ちになりました。

私みたいなおじさんでも寂しい気持ちになるのだから、昔からのファン、本当のファンの方々の気持ちを想うと、本当に胸が痛くなります。

しかしこれが、彼らなりの、精一杯のファンに対する誠意、挨拶だったのでしょう。

 

世界が一つだけの花を歌うとき、目に涙をためながらも必死で笑顔で歌っていた中居君。

歌が終わり、涙を堪えきれなかった中居君。

それでも、最後、スタッフとの記念撮影の時、みんな真顔なのに、一人、みんなに笑顔を作っていた中居君。

彼の人柄と、SMAPに対する思いを見た気がします。

 

ジャニーズ事務所は、これほどの国民的グループを、こんな形で、一言も話させず、解散に追い込んだ。

その事実をしっかり受け止めるべきだと思います。

強権を振るってるが、これまでいくら、SMAPに稼いでもらったのか。

年を取っても、自己中心的な考えに固執し、メンツのためなら国民的グループも潰す。まさに老害

テレビやマスコミも、ビビッてまともに報道しない。

そんなことは、今後あってはならないことだと思います。

こういうときこそ、文春さんに頑張ってほしいのですけども。

まあ文春さんや周りがいくら頑張ったところで、もう事態は進行してしまった後なので、

今はただ、彼らSMAPの決断を尊重し、これまでの感謝を伝えたいです。

 

時間がトゲを丸くして、いつか何年後でも、また再結成してくれたらうれしいですね。

私はX JAPANの大ファンなのですが、彼らのように、解散から10年経っても復活することだってあるのだから、いつかそういう日が来てほしいです。

ただし、X JAPANみたいに、誰か一人でも欠けてしまうことは、絶対にあってほしくないです。ファンの悲しみや喪失感は一生なくならないのだから…

5人(6人?4人?)、第2次SMAPとして、元気な姿で笑顔で揃って姿を見せてくれることを、楽しみにしたいと思います。

最後に。

お疲れ様でした、SMAP

ありがとう、SMAP!!またいつの日か。