ページ コンテンツ

ぞうブロ

旅行、音楽、スポーツから、転職、エンジニアの叫びまで。

2017年衆院選が終わり、豊田真由子氏に申し上げたいこと。山尾志桜里氏・辻元清美氏との決定的な違い。

スポンサードリンク

2017年衆院選は、野党再編の大きな動きがあったものの、結局民進党の分裂を招き、

大方の予想通り、自民党公明党の与党勢力の大勝という結果になった。 

衆議院解散後、野党再編の中で、

民進党の前原代表たちが、小池代表率いる保守派の「希望の党」と電撃合流。

しかし、思ったほど得票は伸びず、代わりに、当初は希望の党から「排除」された枝野代表率いる左派政党「立憲民主党」が躍進。話題となった。

 

そんな中、私はある一人の女性政治家の行く末に注目していた。

「このハゲ―!」発言や秘書への暴行問題で世間をにぎわせた、豊田真由子「元」議員である。

f:id:elep-peace:20171024020435j:plain

2014/12/14 衆議院議員選挙 埼玉4区 とよた真由子(自由民主党)の選挙ポスター - 広報用掲示板

f:id:elep-peace:20171024014601j:plain

豊田真由子が「このハゲーーー!」と怒った理由が判明。こんなもん誰でも怒るわ | netgeek

たしかに、あの騒動はインパクトがありすぎた。上の写真の顔の違いっぷりにも驚いた。何より、彼女のキャラが強すぎた。

いろんな事情があるにせよ、ああいう暴言・暴行は、決して許されることではない。

しかし、彼女のスーパーエリートな経歴、数々の暴言・迷言、それを裏付ける人相、ハゲに対する熱い侮辱。

連日ワイドショーをにぎわせるに十分な好素材だった。

 

マスコミのオモチャにされ、小学生にまで馬鹿にされ、

彼女自身、99%落選することは分かっていたはずだ。

それでも、恥を忍んで立候補し、国民の厳しい審判を真正面から受けたことは、

政治家として、潔しとすべきだろう。

 

そんな彼女の惨敗、落選を、一部のメディアは、面白おかしく報道した。

所詮選挙なんてショーだ、そういう考え方もあるだろう。

しかし、あれほどプライドが高く、エリート街道を歩んできた彼女にとって、

身から出た錆とはいえ、どれだけの屈辱だっただろうか。f:id:elep-peace:20171024014830j:plain

【開票速報】豊田真由子氏が落選!「このハゲっーーー」で知名度が上がるも・・・|情報速報ドットコム

なんだか、可哀想になってきたのだ

もうこの辺で、いいじゃないか。

彼女は十分、社会的制裁を受けた。

 

彼女を擁護するわけではないし、過去をほじくり返すわけでもないが、

豊田氏は、今回めでたく当選した、某辻元清美議員のように、

かつて秘書給与を流用した詐欺罪で懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受けた前科者でもないし、

辻元清美秘書給与流用事件 - Wikipedia

「関西生コン問題」や数々の発言に代表されるような売国奴でもない。

arcanaslayerland.com

 

また、今回めでたく当選した、某山尾志桜里議員のように、

地球5周分のガソリンや2か月で1万杯のコーヒーをプリカで購入して、政治資金規正法違反・公職選挙法違反の疑いをかけられたりもしていないし、

matome.naver.jp

働くママ代表風でありながら(ほぼ100%)不倫をしていたわけでもない。

matome.naver.jp

 

それなのに、一部メディアはどうして、彼女たちには触れず、

豊田氏ばかりをオモチャにするのか。

落選したから?バックの力が違うから?単純に面白いから?

確かに選挙は「勝てば官軍」だ。とにかく勝つことがすべてだ。

でも、一部メディアの「死体蹴り」には、正直辟易した。

偏向報道を通り越して、イジメだと思う。

 

今回の明暗以外に、

豊田氏と、彼女たちとには、決定的な違いがある。それは、

豊田真由子氏は、「他人に超厳しく、自分にも厳しい」が、

辻元氏と山尾氏は、「他人に厳しく、自分に超甘い」ことだ。

 

2人とも、人のことは口うるさく言う癖に、自分が責められると逃げる。

彼女たちの政治家としての能力はさておき、アンチが多いのは、これが一番大きな理由なのではないだろうか。

豊田氏はたしかにめちゃくちゃだったが、自分に甘くないだけ、まだマシだ。

 

豊田氏と彼女たちとの違いは、過去の彼女たちの発言を比較しても、明らかだ。

辻元氏「疑惑の総合商社」「天皇が気持ち悪い」「北朝鮮に補償もしないで拉致被害者が帰ってくるわけない」。

山尾氏「保育園落ちた日本死ね」「秘書が~秘書が~」。

豊田氏「このハゲ―!」「あるんでちゅかあ!」「そんなことに、な~る~の~か~な~」「馬鹿かお前は!」

全部ひどいけど、暴言でも笑えるだけ豊田氏がまだマシだ。

辻元氏はもはやひどすぎて、「お前はどこの国の人間だ」と怒りを通り越して引くレベルだ。

 

山尾氏は、自分で「ガソリーヌ」「パコリーヌ」と言ってれば、豊田氏に並べたかもしれない。惜しい素材だ。

豊田氏「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」「お前の~娘をひき殺して♬ そんなつもりはなかったんです~って♬ 言われてるのとおんなじ~」

この辺になると、もはやサイコパスで、笑えないけど。。

 

今回、当然ともいうべきか、豊田氏は落選した。

残念だが、全て自業自得、身から出た錆だ。

彼女が今まで馬鹿にしてきたであろう、立場の弱い人の気持ちが、痛いほど身に染みて分かることになるだろう。

しかし、これが彼女にとってキツい薬になり、またゼロからやり直すきっかけになればいいと思う。

失敗したら、反省して、検証して、またやり直せばいいんです。

そうすることで、険がとれて、一人の政治家・女性・人間として、ステップアップできることだろう。

何より、日本人は優しい。

あの辻元氏や山尾氏でも当選させる、多様性と慈愛に満ちた寛容な国民性は、世界に誇れるものだ。

彼女たちもまた、過去の失敗を乗り越え、努力した結果、民意を得て、当選したとも言えるのだ。

最後に、彼女に、私が大好きなX JAPANのYOSHIKI氏が言った、こんな言葉を贈りたい。

You can change your past depending on how you live in the future...

"過去は未来によって変えられる"

www.facebook.com

 

ちなみに私は、豊田氏の支援者ではありません。

もし、豊田氏、辻元氏、山尾氏、蓮舫氏、稲田氏、今井氏をの豪華議員合コンがあったら、私は悩んだ挙句、今井氏を選ぶでしょう。スピード好きだったし。

でも、頑張ってください。

生まれ変わろうと頑張るあなたを、きっと誰かが見ています。

近い将来、私がハゲたら、笑顔で罵倒してください。「このハゲー!」と。