ページ コンテンツ

ぞうブロ

旅行、音楽、スポーツから、転職、エンジニアの叫びまで。

生駒トレイルラン2015初挑戦!コース写真あり。20kmの苦しく楽しいハイキング

スポンサードリンク

生駒山トレイルラン、初挑戦してきました。

普通の道を走るマラソンも大概しんどいのに、
荷物を背負って山道を走るとか、もはや狂気の沙汰としか思えませんでした。

ハーフを初めて走ってからわずか1年。
なぜそんな世界に飛び込んだのか?そして結果は?

至福で地獄の、ハイキング体験記です。

そもそもトレイルランって?きっかけは

そもそも、トレイルランとは、
トレイルランニング(Trail running)の略で、舗装されてない道を走る中長距離走のこと。
リュックを背負い、頭上に懐中電灯を装着し、山道を走る、そうあれです。

元々、運動不足気味の三十路のおっさん3人が集まり、
「年に2、3回は、身体をいじめよう!」
ということで始まった、この活動。

初めて三人でエントリーしたのは、アップダウンの激しい
 「志摩ロードパーティハーフマラソン (2015.4.19)」。

練習で10km走るのがやっと。あとは気合だ!
  と意気込んで参加したものの、
案の定10km以降で足が止まる。
未体験の足の痛みに耐えながら、なんとか完走したものの、結果は惨敗。

痛みと感動の中、ゴールした直後、
「もう二度と走るもんか!」という思いと、
「次はもっと練習してベストを出すぞ!」という、
矛盾した気持ちがふつふつと湧いてきた。

その後も懲りずに、

今度こそはきちんと練習してベストを出そう!とテンションあがる
→エントリーしないとやる気が出ない!といい、とりあえずエントリー
→でも仕事ガー家族ガーで、結局ろくに練習しない
→本番が迫ってきて焦って数キロ走り、体の重さに愕然とし、参加したことを後悔
→本番気合だけで痛みに耐え、後悔と感動の中フィニッシュ
→二度と走るかと心に誓う
→でもあのとき歩いてしまった、自分に負けた、悔しい、次こそは…と考える
→二、三日すると、体がうずきだす
→最初に戻る

のサイクルを繰り返す。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは、よく言ったもので、
もはや、ハーフマラソンくらいでは、私たちのドMなハートは刺激されなくなっていた。

そんな折、NHKの「グレートトラバース 日本200名山一筆書き」を見て、
感銘を受けたという部長(自称。フルマラソン4時間30分台。3人中最速)が、

「じゃあ、トレイルいきますか」 

と一言。

「俺たちフルマラソン完走(注:実際は完歩)できたんやで!
なら、トレイルランなんて山を走るだけでしょ?余裕余裕!(白目)」

前置きが長くなったが、こうして、地獄のトレイル初参戦が決まったのであった…

トレイルランとマラソンとの違い

そもそもトレイルランってマラソンに加えて何が必要なの?

調べてみると、
どうやら水やら食料やら入れるリュックは、最低限必要らしい。

あとは、参加票を見てみると、
懐中電灯と地図も持ってきてねとある。

「これは…まさか遭難する可能性があるのか…?」

一抹の不安を覚える。
でも今回はとりあえず様子見の初挑戦。

いつも形から入る私だが、
結局、リュックはアウトレットで買った千円位のナイキのカバンで代用。
靴は、ランニング用そのまま。
懐中電灯、地図は、スマホの力を信じ、用意せず

結局、いつものパターンで、練習はろくにしなかった。
おまけに前日飲み会でハッスル。

はてさて、どうなることやら。

そして、生駒山へ。涙のトレイル初体験記。

当日。
眠い目をこすり、会場入り。
最寄りのコンビニで、カバンに入れる水と食料を買いあさる。
水1L、ウィザインゼリー2個、カロリーメイト1箱。
途中補給ポイントなんてないと思ってたので、仕方ない。

img_6148

img_6161

スタート前。
トップアスリートと思われる人たちは、トレイルランなのにほぼマラソンと同じ恰好。
パンパンに膨らんだ自分のリュックを見るにつけ
実力の高さと、荷物の重さ=不安の量は、どうやら反比例するらしい。

とりあえず、懐中電灯と地図は、なくてもいいらしい笑

いよいよスタート。
スタートから間もなく、生駒山の山道に入る。

img_6162

1km過ぎ。いきなりハードな登山用の登り道。

img_6164

情けないことに、早くもここで心が折れる。
「よし、上りは歩く!」

案の定、どんどん集団から取り残される私。
「これはトレイルランじゃない、ハイキングなんだ!」
そう勝手に自分を納得させ、ここから、ゴール目指しての長い一人旅が始まった。

ここからは、道中パシャパシャ撮影した、美しい生駒山の景色をご覧ください笑

img_6163

img_6165

img_6168

img_6170

img_6169

img_6173

img_6175

img_6178

img_6181

img_6184

img_6182

ちなみに、補給ポイントは2か所
最初のポイント、8km付近で頂いたポテチ。
二回目のポイント、14km付近で頂いたスイーツ。
そしてゴール間近(17kmくらい?)、心が完全に折れていた時に、
「これ3つ食べてるうちにゴールだから頑張れ~」
と、ボランティアのおじさんがくれた飴。
これらの美味しさと、おじさんやボランティアの方々の優しさには、感謝してもしきれない。

そして、ついにフィナーレ。

疲弊しきって、早く終われ早く終われと念じながら歩いていたので、もはや感動すらない。
20kmトレイルランで、タイムは4時間23分23秒。
しかし、ゴール後食べたそうめんが、これまた格別。
ラップと高低差はこんな感じ。
タイム遅すぎワロタですね。
img_6195

ああ美味しい…
まあタイムは最悪だがとにかくゴールできてよかった、
よし、帰ってビールでも飲もう!

…と思ったが、気づくと、ゴールが山頂だった。
帰り最寄駅までいくのに、またしても山を自力で降りなければならない。
調べると、最寄駅(瓢箪山駅)まで5kmもある。
タクシー?バス?そんな文明の利器に甘えてはなりません。
これはハイキングじゃない、トレイルランなのだ。

というわけで、道に迷いながら、
マムシを危うく踏みそうになりながら、
なんとか駅までたどり着く。
スタートしたのはAM9:30頃だったが、スタート地点の車に戻ってこれたのは、PM16時過ぎ。

次回がもしあるのなら、以下に気を付けよう。
・電車で参加しよう。車だと帰ってくるのが大変
・とにかく上り坂を走る練習が必要。
・水は必要。でも食料は少なめでもいいかも
・前日は飲みすぎないように

というわけで、人生初のトレイルランは、なかなかほろ苦くも貴重な体験でした。
二度としない!次こそは完走する!
この矛盾した感覚が、たまりません!

img_7224

生駒トレイルラン詳細

【第4回 生駒トレイルラン 夏大会】

【日時】2016年7月23日(土)
【スタート地点】大阪府交野市 私市(きさいち)駅の近く。
【参加費】20㎞の部:6000円(30㎞の部は8000円)
【コース】こんな感じで生駒山を南下。

img_6193

スポンサードリンク