ページ コンテンツ

ぞうブロ

機械設計エンジニアの葛藤、好きなことまとめ、妄想

仮想通貨で儲けるということ。コインチェック社のNEM不正流出事件に思う。

スポンサードリンク

世間を賑わせている、コインチェック社のNEM不正流出問題。

ズブの素人が、勉強がてらざっくりまとめつつ、思うところを書いてみました。

 

コインチェック社NEM流出問題とは。

要するに、こういうことだ。

  • 仮想通貨取引所大手「コインチェック社」が、580億円(26万人分)もの仮想通貨「NEM(ネム)」を、不正流出により紛失した。
  • 常に「NEM」をオンラインで管理する(=いつでも外部から不正アクセスを受ける可能性がある)など、セキュリティ対策の甘さが原因。
  • 現在コインチェック社は、ビットコイン他仮想通貨の取引を停止中。

logmi.jp

とんでもなくスケールの大きな盗難事件だ。

しかし、スケールが大きいのは、盗難額だけではない。

当のコインチェック社は、

盗まれた563億円の約80%にあたる463億円を、現金で補償するらしい。

kabumatome.doorblog.jp

そんな大金を、すぐ(?)準備できるのもすごい。

にわかには、信じられない。

やっぱ仮想通貨って、儲かるんだな。

 

仮想通貨とは。ビットコインの仕組みを例に。

現在、世界中で、仮想通貨は、たくさんの種類がある。

今回の主役は「NEM」だが、

仮想通貨で一番有名なのは、「BTC(ビットコイン)」だろう。

ビットコインって、一体何なのか。どんな仕組みなのか。

それは、こちらが分かりやすい。

orekabu.jp

要するに、

ビットコイン(仮想通貨)=電子取引情報

であり、その取引は、以下の理由

  • 「ブロックチェーン(=ビットコイン取引記録)」を、「P2Pネットワーク」により世界中で分散させて管理するため、取引記録の破壊は実質不可能。
  • ビットコインを送るための電子署名は、秘密鍵や公開鍵などで、高度に暗号化されている。
  • さらにその取引情報は、「プルーフオブワーク(=膨大な計算による認証作業)」で正当性を保証されるため、偽造・改ざんが困難。
  • ビットコインは、ブロックチェーンを成立させる「ハッシュ」と「ナンス(=数列のパスワード)」を見つけた(=発掘・マイニング)人しかもらえないため、有限。

(日本語でおk)

により信頼性が高い。

なので、ビットコインなどの仮想通貨は、急速に世界中で普及しているとのことだ。

詳しくは上記リンクを参照頂きたい。

ずぶの素人である私には、すべては分からない。

でも、一つだけわかること。

この仕組みを考え出した人、マジで天才だ。 

 

コインチェック社とは。

2012年に設立された、大手仮想通貨取引所。

代表取締役の和田氏は、27歳(若い!)。

会社HP。

corporate.coincheck.com

いかにもITベンチャー、というかんじだが、実績もあり、

最近は、出川哲郎氏を起用したCMを打ったりして、

勢いがあったようだ。 

急速に拡大する一方、肝心の技術者は不足していており、

それが今回の問題につながったという見方もある。

www.asahi.com

 会社の成長スピードに、人材・品質の確保が、追い付いていなかったんでしょう。

 難しい問題ですね。

 

仮想通貨で儲けるということ。

このように、急速に世界中で普及しつつある仮想通貨だが、

まだまだ不確定な要素も多いため、変動幅も多い。

それに加え、今回のような管理面の問題もある。

当然、ハイリスク・ハイリターンだ。

 

投資と同様、いや投資以上に、仮想通貨で儲けるには、

「金持ち」「超頭がいい」「超運がいい」のどれかが必要だろう。

世界にはきっと、これらを3つとも持ち合わせていて、

かつ「超悪い」人たちが

うじゃうじゃいると思っている。

今回の犯人は、おそらく見つからないだろうが、こういう人たちだろう。

 

私は映画「007」シリーズが好きなのだが、たとえば

こんな人とか、

f:id:elep-peace:20180128230542j:plain

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【007 Skyfall/スカイフォール Blu-Ray+DVD】 b007rev4yi
価格:5594円(税込、送料無料) (2018/1/29時点)


 

こんな人だ。

f:id:elep-peace:20180129005410j:plain

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【Spectre 007】 b015ezu1qs
価格:5877円(税込、送料無料) (2018/1/29時点)


 

彼らにとってみれば、こんな人たちが、

f:id:elep-peace:20180128232811j:plain

monacoin.officeblog.jp

580億円もの仮想通貨を、

「いつでも不正アクセスしてくださいよ」

といわんばかりに、オンラインで持ってたら。

そりゃ取られるよなと、思ってしまう。

他の写真とかを見てみても、金融を生業にしてるとは、にわかに信じられない。

ずっと泳がされつつ、マークされてたのかもしれませんね。

世界は広く、そして恐ろしいのだ。 

 

それともう一つ。

今回に限らず、こういう事件が起こったとき、

いつもこういう声が聞かれる。

「資産の〇〇万円を、ほぼ全部仮想通貨につぎこんだのに、

どうしてくれるんだ。これからどうすればいいんだ」

www3.nhk.or.jp

 

んなもん、どうにもならない。

ギャンブルでないにせよ、リスクなしで濡れ手で粟で儲けようなんて、

そんな虫のいい話があるわけない。

そんなハイリスクなものに全額ぶっこむなんて、狂気の沙汰としか思えない。

狂気の沙汰で勝負に勝てるのは、赤木しげる氏だけだ。

f:id:elep-peace:20180129000830j:plain

renote.jp

もっとも、赤木さんは無欲で、お金への執着も全然なかったわけだが。

幸い今回は、(いつになるか分からないけど)返金されるとのことなので、

まだマシだとは思う。

ギャンブルや投資同様、自分が楽しめる以上の金額をぶっこむのは、

避けた方がよいだろう。

 

おわりに。

ハイリスクハイリターンな仮想通貨について、色々書いてきた。

しかし、私の脳裏には、ある諺がグルグル回っている。

「虎穴に入らずんば、虎児を得ず」。

大儲けして、仕事をやめて、悠々自適な生活を送りたい。

 

よし。私も仮想通貨をはじめてみようか。 

大いに魅力的だ。試してみたいとは思う。

狂気の沙汰ほど面白い(2回目)。

でもめんどくさいし怖いから、本業(副業)のブログで頑張ります。

スポンサードリンク