ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

伝説のバンド、DI MARIA。2年前に見た夢の続き。 

2年前。僕達には、希望に満ちた世界が見えていた。

こんな時代だからこそ、僕達は夢の続きを見たいんだ…

※以下、多少の妄想が含まれます

 

令和元年、夏の暑い日。

大阪のとある小さなスタジオで、後に伝説となるモンスターバンドが、静かに産声を上げた。
その名は、DI MARIA(ディマリア)。

 

メンバーは、エンジニア社畜の中年男性2名。

ボーカル、ギターのHIRO。

ドラム、ピアノ、コーラスのZOHBEY。

2人はこの日、酒の勢いで、初めてセッションを敢行した。

音を出した瞬間、2人に電流が走った。世界が変わった。夢が目標になった。

二人は、人生で初めて、バンドを組んだ。

 

あれから2年。

異色ユニットの彼らが歌う、現役エンジニアならではの魂の叫びは、瞬く間にネットで拡散。

それは大きなうねりとなり、閉塞感に満ちたこの世界に、風穴をブチ開けた。

遅れていた時代が、とうとう彼らに追いついたのだ。

f:id:elep-peace:20210422201238j:image

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/68214/2

 

 

そしてついに、満を持して大手レーベルと契約したDI MARIA。

1stアルバム「MARIA」を引っ下げ、今夏堂々メジャーデビューが決定!

 

本記事では、インタビューで彼らの素顔に迫るとともに、歴史的デビューアルバム「MARIA」のセットリストを特別に先行公開する。

伝説の幕開けを、刮目せよ!

 

「ご安全にっ!」

そう元気に挨拶してくれた、HIROとZOHBEYのお二人。

今やトレードマークとなった、ビジュアル系作業着姿が眩しい。

ピカピカの安全靴とヘルメット。それと怪人風仮面のミスマッチさも、危うい魅力を放っている。

 

-お二人の関係は?

「同じ会社の中途入社組。まあ飲み仲間だね」(HIRO)」

「彼は製造、僕は設計。普段は戦う関係。でも酒と音楽を愛する気持ちが、同じだったんだ」(ZOHBEY)

 

-バンド結成のきっかけは?

「飲んでたノリで。バンドやれば、モテるかなって」(HIRO)

「キャーキャー言われたい。それに尽きるね。設計も製造も女性は少ないから」(ZOHBEY)

「あと3人目が産まれて小遣いを減らされたのも大きかったな」(HIRO)

「家のローンもね…楽器?勿論弾けないさ。でも音楽は気持ち。そうだろ?」(ZOHBEY)

 

-バンド名の由来は。

「ヒロの顔が、ディマリア選手(サッカーアルゼンチン代表)に似てるから」(ZOHBEY)

「ビジュアル系っぽい名前にしたかったんだ。僕らは陰キャだから、せめてバンド名くらいは陽にね」(HIRO)

「え?お前は誰に似てるのかって?そりゃサンドウィッチマンの富澤さんだよ」(ZOHBEY)

f:id:elep-peace:20210422201629j:image

https://www.wallpaperbetter.com/ja/search?q=ディ・マリア

 

-衣装へのこだわりは。

「作業着とヘルメットは、エンジニアの正装だからね。保護具の着用ヨシ!」(HIRO)

「仮面は、ピアノを弾く時いつも付けてるんだ。一応素顔も隠さないとね。保護具の着用ヨシ!」(ZOHBEY)

「俺たちバレたらクビだし、家のローンが払えないのは困るからね」(HIRO)

「まあ見せるほどの顔でもないしね」(ZOHBEY)

 

紙面の都合上、インタビューはここまでとさせて下さい。

続きはYouTubeチャンネル「DI MARIA de MARIA」にてノーカット版を公開中だ。

 

前置きが長くなりました。

さあ、いよいよセットリストを公開しよう。

 

 

intro〜ご安全に

MAJIでKOWAれる5秒前

SEPPEN〜設計変更〜

1/100の純情な面粗度

それが大事(おおごと)

検検検査〜不良(きみ)の名は

ドM(PIANO SOLO)

ユルンダボルト

SHA-CHICK〜社畜の憂鬱〜

41の夜

ヘビーローテーション

壊れかけのEngine

POISON〜言いたいことも言えないこんな技術部は〜

俺らDODAさ行ぐだ(LIVE)

I.S.O.

Tomorrow never knows

終わりなき仕事(たび)

千の風になって

 

 

珠玉の18曲が、この一枚に凝縮。

イントロから「ゼロ災で行こう、ヨシッ!ご安全にぃっ!」絶叫の連呼で、一気にテンションMAX。

デビューシングルでいきなりミリオンヒットを達成した「MAJIでKOWAれる5秒前」、

映画の主題歌にもなり大ヒットした「検検検査〜不良(きみ)の名は」

など、傑作のオンパレード。

「POISON〜」、「千の風になって」など、ビッグアーティストとの豪華コラボも光る。

とんでもなく贅沢なセットリスト。歴史的名盤の予感。

 

さらに、初回限定で以下の豪華特典付き!

・Bonus track「MAJIでKOWAれる5秒前 〜unplugged version featuring Ryoko Hirosue」を収録

・二人のサイン入り生写真

今から1時間、オペレーターを増員してお電話お待ちしております!

 

来春には日本武道館で、単独ライブ開催が決定している彼ら。

-最後に、ファンのみなさまに一言。
「貴方も、伝説の一部になりましょう」(ZOHBEY)

「ご安全にっ!」(HIRO)

 

………

 

そんなたわごとをInstagramでほざいてから、もう2年か。

たった2年で、世界は変わっちまった。ウイルスと閉塞感に覆われてしまった。

逆に言えば、2年あれば、世界を変えられるということ。

こんな今こそ、俺たちの出番じゃないのか。

なあ、ディマリアよ。

ああ、そうだな。

はじめよう。あの日見た夢の続きを。

DI MARIA。それは俺たちの夢。

世界の希望。人々の笑顔。平和の象徴…

NEXT TUNE is…MAJIでKOWAれる5秒前っ…!!

ワン、ツー、スリッフォッファイッ…

うおおおおっ…!!

 

翌日、生産ラインで冷たくなっている中年男性2名が発見された。死因は急性アルコール中毒。緊急事態宣言発令前の酒類の一気飲みが原因と推定される。会社は速やかに二人を生ゴミとして処理。尚動機は不明。しかし設備には、WE ARE DI MARIA の謎の文字列が。会社は設備を落書きで傷つけた損害賠償請求と合わせ、器物破損および会社で飲酒し迷惑をかけた罪で、被疑者死亡のまま彼らを書類送検しましたとさ。

 

今日も頑張ろう。ピアノ練習したい。

 

教えの中に答えはない。答えは教えの外にある。

昇進試験の論文答案を、3人の上司、いわゆる「キラーマシントリオ」に、毎週見てもらっています。

週末、ない頭を捻り出して書き上げた答案が、キラーマシン達に無慈悲に血祭りにあげられていく。

そして、言われることがバラバラ。

たとえば、

 

キラーマシン(直属上司)

テーマの選定はいいけど、構成がダメ!

字をもっと丁寧に書け!

 

キラーマシン2(室長)

これは論文には書けないけど…

(以下、裏事情、世間話)

 

キラーマジンガ(部長)

構成はいいけど、テーマの選定がダメ!

字が読みやすいのはいいね!

 

うーんこの。

でも三人から共通して言われたのは、

 

「君が挙げた、会社の課題の解決に向け、君オリジナルの具体策が欲しい」ということ。

君が昇進したら、問題山積の現状を具体的にどう変えてくれるのか。

どうリーダーシップを発揮していくのか。

そしてどう会社に貢献するのか。

もっと深掘りして考えよ。そして答案で宣言せよ。

まさに選挙公約。あるいは踏み絵。 

 

仰る意味は、痛いほど分かる。でも、とても難しい。

今の自分の中には、答えは無い。

 

理想論なんて誰でも語れる。口だけなら何とでも言える。それをどう具体的に実行していくか。

そこが腕の見せ所であり、試験の合否ラインなんだろうな。そらそうだ。

言うは易し行うは難し。あたりまえ体操。

 

そんな中、いつもは論文に書けない面白話ばかりしてくれるキラーマシン2が、こんなことを言ってくれた。

 

「答えは、今の会社の中にはないよ。外にあると思うよ。」

 

その台詞、どこかで聞いたことが。

そうだ、FF10のキマリだ!

 

「教えの中に答えはない

答えは教えの外にある

教えの中と外を知れば 答えは見つかる」

f:id:elep-peace:20210421074321j:image

https://ff-theworld.club/?p=92

f:id:elep-peace:20210421074032j:image

https://www.aru-karu.com/entry/ff10-game-diary16

 

教えの中と外を知る。

仕事を頑張りつつ、視野を広げて勉強せよということですね。

 

そういや、FF10だと、教えの外の答えとして究極召喚獣の父親(とエボンジュ)を倒し、スピラに平和をもたらした代償として、主人公のティーダは消えてしまう。

 

昇進し、家族に給料をもたらした代償として、私も消えるのだろうか。

家庭内で空気化するのか、それとも過労死して物理的に消滅するのか。

 

もしかすると彼は、それを訴えたかったのかもしれない。あの切ない表情は、家庭内で自分の存在が消えている証左なのか。

 

ともあれ、この論文地獄の唯一の収穫は、普段あまり話さないキラーマシン2が実はキマリだと分かったことでした。

 

大阪にも緊急事態宣言が出る見込み。またかと言う感想しかない。一時保育がストップするのは痛いが仕方ない。それより僕の脳みその容量が逼迫してる。そっちの方が緊急事態。

GWは論文と子守、そして実家の田植えに捧げよう。欲を言えばピアノを少し練習できたら、言うことない。

 

この論文地獄を早く終わらせ、コロナと脳みその緊急事態が解けたら、旅に出よう。教えの外の世界を知るために。

機械設計に必要なスキルを16個挙げてみた

機械設計に必要なスキル、資格ってあるのかな。Twitterでのフォロワーさんの言葉から、ふとそんなことを考えました。

ペーペー機械設計者ですけど、個人的見解を、自らへの戒めがてら、書き出してみました。

f:id:elep-peace:20210420201828j:image

https://worktrng.com/worktrng/cadcam3week

 

続きを読む

君とはお別れだけど、君との思い出は消えない。

君と出会ってから、もう5年になるのか。

君との5年間は、僕にとって、とても幸せで、濃密だったよ。君の中にも、僕の思い出がいっぱいだった。今にも溢れ出しそうだったね。

f:id:elep-peace:20210419070831j:image

https://girlydrop.com/tag/girl

 

続きを読む

拝啓 小室K様 其の弐 ~根回しの苦手な君が進むべき道~

久々の在宅勤務は快適だ。仕事の効率は落ちるけど、メールで根回しはしといたから、なんとかなるだろう。

根回し。その言葉で、僕はとある渦中の旧友を思い浮かべた…。

(以下、筆者の妄想が若干入ります)

参考:第一回

拝啓、小室K様 - ぞうブロ~ぞうべいのたわごと (elep-peace.com)

続きを読む

41歳の誕生日。本厄にも負けず、41一年になりますように。

4月9日は誕生日でした。お祝いメールを頂くまで忘れてた。

4ぬまで9るしむ。4じゅう9さい。毎年そう言われてきた。でも41歳になったことだし、良い(41)一年になり、4あわせが9るだろう。

そう思ってたら、今年は本厄だった。

 

続きを読む

はじめてのおりょうり

昨日、はじめて長男とお料理したよと、嫁さんからLINEがきた。

長男の最近のブームは、車とおままごと。だけどリアル料理とは驚いた。

写真を見ると、エプロンでおめかしし、おもちゃのプラスチック包丁で、今度は本物の野菜やハムを切っている。そして皿に盛り付けている。やらされ感は無い。おままごと同様、真剣にやっている。盛り付けが完了し、嫁さんに褒められると、満面の笑みを浮かべている。

 

続きを読む

0から1を生み出せない

0から1を生み出したい。だけど生み出せない。

f:id:elep-peace:20210406074906j:image

https://book.asahi.com/article/12231907

そんな現状を打破するために、やることは一つ。

頭をフルに使って考える。調べまくる。実行しまくる。PDCAを回しまくる。

そうすることでしか、道は開けない。

 

それができないなら、せめて目の前の日常を、一生懸命こなすしかない。たとえそれが思考停止だとしても。

どこかで納得していないから、何かあれば、心がざわついてしまう。

誰それがどうだ。そんな話が耳に入ってくるだけで。

 

時間がない。体調が悪い。忙しい。疲れている。余裕がない。

全部言い訳。頭では分かっている。

 

0を1にするのがいちばん難しい。これまで何度か、1を生み出そうとした。でもできず、諦める。現実を見よう。そう現実逃避する。そしてたまに思い出し、やってない自分に凹む。

 

何をどうすればいいのか。

自分は何がやりたいのか、何をすべきか。

自分の売りは何か。

何も、分からない。

 

それはインプットが足りないからだ。

無いなら、作るしかない。作るには、やるしかない。頭では分かってるつもりなのに。

 

他人なんてどうでもいい。いちいち自分と比較するなんて時間の無駄。

これも頭では分かっている。

 

だけど、頑張って0から1を生み出した人達を見ると、とても凹む。

自分が恥ずかしく、情けなくなる。

それを繰り返し、凹む気概すら無くなってしまった自分にまた凹む。

 

自分のできなさ、不甲斐なさに、腹が立つ。苛々する。そんな自分の殻をぶち破るには、、

冒頭に戻る、以下繰り返し。

 

この負のサイクルから抜け出せないまま、一生を終えるのか。お前は本当にそれでいいのか。これ以上後悔を上塗りし続ける気か。死ぬ時納得できるのか。

そう自分を叱咤激励し、もうひと頑張りしよう。

何を?何かをです。

 

抽象的すぎてごめんなさい。具体的には内緒です。

じゃあ書くなよ。申し訳ありません。自分自身に気合を入れたかったのです。失礼しました。

このクソブログ生み出してるから、それでええやん。それはそうなんですけども。

 

とにかく、0から1を生み出したいことがある。1じゃなくても、0.1でもいいから、生み出したい。そのためには一切の言い訳を排除し、毎日少しずつでも、頑張らないといけません。

今が始める時。頑張ります。

 

 

事実を正しく恐れる。新しい環境に適応する。

三日もブログをサボってしまった。この怒涛の三日間をざっくり振り返ります。

 

まず三日前。

嫁さんの健康診断結果が出た。概要はこうだ。子宮に異常な細胞を見つけた。子宮頸がんの可能性があるので直ちに精密検査を受けよ。あと胃にも腫瘍(ポリープ?)を見つけた。直ちに胃カメラを飲め。

ショックを受けた嫁さんから意気消沈メール。もし癌だったら、寿命だと思って諦める。でも子供達の成長が見れないのが悲しい。私が死んでも300万しか降りないけど、あとは宜しくお願いします。

 

びっくりしたけど、まだ何も決まった訳じゃない。精密検査が必要だというだけ。むしろ今回分かったよかった。

会社から電話をかけ、馬鹿野郎、縁起でもないことを、色々考えるのは結果が出てからやで!そう笑いながら話し、落ち着かせる。

とにかくすぐに精密検査を受けてもらわないといけない。翌日午前休を取った。

 

今日は早く帰らないと。急いで仕事を片付けてると、同僚ダースベイダーが自席にやってきた。いつものタメ息じゃなく、ニヤニヤしてる。

「ついに、でましたね」

仕方がないので聞くと、私たちのフロアで、コロナ陽性者が出たそうだ。

ついに、とうとう。知ってる人だったので余計にビックリ。ほんの数日前まで元気に仕事をしていた。とてもいい方なので、やりきれない。

重症じゃなさそうなのが救い。大阪市内から通勤してるので、そこで感染したのかも。だけど事実はわからない。

 

みんなマスクをしてるので、濃厚接触者は無し。彼のパソコンをみんなが使ってたのはいいのかな。消毒は会社のスタッフがシュッシュッとパソコンを掃除して終わり。

 

自分がフロア第一号じゃなくてよかった。自分の身は、自分で守らないといけない。今思うことはそれだけだ。

急いで帰宅。一週間ぶりの家族再会。テンションマックスの息子たちと遊びまくり、論文をする間もなく子供と一緒に寝落ち。

 

そして二日前。

朝は2人の息子の子守。1対2、数的不利は大変だ。保育園がやってればなぁ。コロナが憎い。しかも嫁さんの検査が午前で終わらなさそう。

一日休みにしてもらおう。キラーマシンに連絡。昨日のコロナの件は一切情報展開がなく、代わりに仕事のフォローをされる。

ちくしょう分かったよ。子供を抱っこしながらメールを乱打。こんなとき在宅勤務ができればなぁ。仕事にならんけど。みんなどうやって在宅勤務してるんやろう。

結局、キラーマシンに嫁さんの事情を説明。そうだったんですね、奥さんを最優先に、一日休んでください。そう連絡をもらう。キラーマシンにもハートがありました。

 

昼過ぎ、嫁さんの精密検査が終わる。子宮頸がんの方は二週間後に結果が出る。胃の方は来週胃カメラを飲む。一つはっきりしたことで、スッキリしてる様子だった。よかった。

 

事実と推測を分ける。落ち着いて、正しく恐れる。できることを、すぐやる。作戦名はいのちだいじに。これ大切。

 

翌日の長男の入学式の準備をし、家事に忙殺され終了。美容院に行く間もないと嘆いていると、子供のついでにと、嫁さんが髪を切ってくれた。ゴミ袋を被り、裏庭でカット。切った髪は土に還す。頭がイガイガするけどまあいいや。夜、論文やらないとと思いながら、息子と一緒に寝落ち。

 

そして昨日。

いよいよ長男の幼稚園の進級式。年少になったか。久々の幼稚園でしくしく涙し、ずっと私にへばりついて離れない長男。可愛いんやけど、オール抱っこは腕がちぎれそうだぜ。いい筋トレメニューをありがとう。

おまけに私のスーツはパッツンパッツン。式中、尻がいつ破れるかとドキドキ。長男がギャン泣きしないかにもドキドキ。でもしくしくで済んだ。進歩だ。

新しい環境は色々ストレスが溜まる。大人も同じ。勝手が分からないからね。我慢して慣れて、一つずつ分かってくれば、楽しくなるよ。頑張れよ長男。

 

そして今日。いよいよ論文しないとやばい。なので急遽、近所の図書館に来た。図書館で勉強するなんて久々だ。大学受験以来かな。

図書館はいつ来てもテンション上がる。なんだかソワソワして落ち着かない。なのでうっかり、このクソブログを更新してしまった。新しい環境だからね、仕方ないね。

休日、一人でゆっくり勉強できる時間がどれだけ貴重か、身にしみて分かってるはずなのに。ちくしょう、今からスマホを叩き割り勉強の鬼と化します。

 

乱文失礼しました。ありがとうございます。

 

キラーマジンガ部長と6個の爆弾

週末は、束の間の独身を堪能しました。

京都では、自作妄想デートのルートを自ら辿り、大阪では、ピアノダイニングガーデニアで、ゲーム音楽のピアノ演奏で幸せなひと時を過ごした。

 

久々に思い出した、自由で楽しい週末。しかし、週末が楽しければ楽しいほど、月曜の朝が憂鬱だ。でもそれは得意の「出勤しただけで勝ち」理論で凌げる。

 

続きを読む

【ピアノダイニングガーデニア】ドラクエ、FFのピアノ演奏で耳と舌と心が幸せだった話。

非日常な空間で、綺麗なピアノの音色を浴びて、日頃の疲れを癒せたら。

しかもそれが、大好きなゲーム音楽だったら。

そんな思いを叶えてくれる場所を、ここ大阪で、ついに見つけました。

 

ピアノダイニング ガーデニア

Piano Dining Gardenia

f:id:elep-peace:20210329004236j:plain

ピアノダイニング ガーデニア(心斎橋/イタリアン(イタリア料理)) - ぐるなび (gnavi.co.jp)

続きを読む

総入れ歯ポリデント課長、口臭ハラスメントで降格の巻

そういや今日は歯医者だった。仕事と論文が忙しいが、健康第一のため帰ってきた。

以前ヤブ医者に治療された歯の被せ物の内部にパイ菌が入り、化膿してズキズキ痛みだしたのが1ヶ月前。蓋を開けると、案の定内部が深刻なダメージを負っていた。神経を取った歯なのでここまで分からなかった。それから毎週、治療に通っている。

 

続きを読む

昇進試験とは、過去の弱い自分をポジティブな妄想で乗り越える試練である。

今日から一週間、嫁さんと子供達が向こうの実家に帰った。夫婦喧嘩をしたわけではなく、リフレッシュ休暇。

天から舞い降りた、束の間の独身生活。夜の街が、難波が俺を待ってるぜ!

とはならない。このご時世に加え、仕事が忙しい。独身生活になった途端仕事が忙しくなるのは何故なんだ。

 

続きを読む