ページ コンテンツ

ぞうブロ

好きなこと、思ったことを、好きな時に書きます。要するにチラシの裏の日記です。

口熊野ハーフマラソン参戦記。なぜ休日早起きして金払って21kmも走るのか、たった一つの理由。

2/3は口熊野ハーフマラソンでした。

かれこれ3回目の参戦。
ハーフマラソンが一人の自堕落な男を、いかに変貌させたか。
そして彼は一体、何のために走るのか。これはその魂の記録である。

明石市長の暴言騒動に思う。炎上高校生との共通点。弱者の皮を被った強者たち。

明石市長の部下への暴言の音声が公になり、市長が陳謝しました。
ニュースの見出しをちらっと見る限りだと、
「火をつけて捕まってこい」「辞職しても許さん」「家売って金を出せ」などの、
びっくりするような暴言のオンパレード。
このご時世、これはアウトだ。また新しい炎上ネタか。
最初は、そう思いました。
 
しかし、市長と市職員とのやり取りの全文を読んでみて、私の印象は180°変わりました。

dot.asahi.com

 

続きを読む

近鉄特急で、女子アナの卵のリクルートスーツ姿のJDと、本来出会わないのに出会ってしまった話。

センター試験2日目の朝。

束の間の独身生活最後の夜、カプセルホテルで隣人のイビキと咳がうるさ過ぎて眠れなかった、爽やかな朝。

私は魔都・難波を出発し、近鉄アーバンライナーで桑名に向かった。
一週間帰省していた嫁さんと息子を、迎えに行くためだ。
そんな朝に、あんな試練が待っていようとは。
 
 
アーバンライナーの二人掛け指定席でウトウトしていると、隣の席に、リクルートスーツ姿の女性が座ってきた。
チラ見した限り、おそらく面接に向かうJDだろう。しかもかなり可愛いっぽい。さらにいい匂いまでする。
 
 
三度の飯よりリクルートスーツ姿のJDが好きな私は、一瞬で眠気が吹き飛んだ。
思わず左腕のウェアラブル端末を確認した。
脈拍が20上がり、100になっていた。


センター試験の国語ほど手応えと点数が一致しない科目はない。手の震えを救ってくれた存在とは。受験生の皆様へ。

今日はセンター試験だ。
頑張れ受験生なんて、安易には言えない。
みんなこの日のために、ずっとずっと、必死で努力してきたんだもんな。
言われなくても頑張ってますよね。
 

遡ること20年前、1999年。

上原と松坂が新人王を受賞し、宇多田ヒカルのアルバム「First Love」が700万枚以上売れ、バイ○グラが日本で認可された年。

自分の現役時は、頭以上に、心が弱かった。
うまくいかない自分を責め続け、受験直前に鬱になってしまった。
結果、日本語も英語も数式も、何も頭に入ってこず、過去最低の点数に沈んだ。
特に国語の失敗が致命的だった。
元々の問題文からして、何言ってるかサッパリ分からないのに。

【個人的保存版】切なく胸キュンしたいときにカラオケで歌いたい名曲55曲を、おっさん二人が淡々と記しました。

切なくて、ちょっと胸キュンしたいときに歌う曲。

落ち込んだ後、また気持ちを切り替えて明日頑張ろうと思える曲。

そんな個人的カラオケレパートリーを、淡々と、列挙していきます。

【アンケート対象】

「陰キャの中では陽キャ」を自称するおっさん2名

(38歳製造業・既婚、36歳製造業・既婚)

挫折・失恋回数:2人とも共に測定不能 

 

続きを読む

小学時代両想いだった幼馴染の女性と久々に再会して知った衝撃の事実。

彼女と出会ったのは、小学校5.6年でクラスメイトになったとき。男2女2の4人組で、よく遊んでいた。
小5のときは彼女の友達を好きだったかと思う。しかし小6では密かに彼女に乗り換えていた。小6のバレンタインで、彼女から人生初の本命チョコを貰った。1年前誰にもチョコを貰えず、悔しくて泣きながら帰ったあの日。おばあちゃんがくれたチョコを涙を堪えて食べたあの日からは考えられない、本当に天にも上る気持ちだった。あまりに嬉しくて、毎日一欠片ずつしか食べられなかった。
たった1個のチョコが男子の魂をも救う。決して過言ではない。

束の間の独身生活で何をすべきか見失ったおっさんが魔都・難波に向かった結果。

1歳になった息子を連れ、嫁さんが実家に帰った。
単なるリフレッシュ休暇で、家庭に問題はない。
「娘と孫さえ帰ってくれば旦那はどうでもいい」という義実家の魂胆がスケスケなのには、一抹の寂しさもある。
でも、各家で考え方が違うのは当然だし、うちの実家には、嫁さんは喜んで帰ってくれるし、何の問題も無い。

 

束の間訪れた、夢の独身生活。しかも3連休。
そのはずなのに、全然気が晴れない。
一体何をすればいいのか、分からないからだ。

  • 急に独身に戻っても何をすればいいか分からない理由3つ。
    • 理由1:欲張りすぎる
    • 理由2:資金力がない
    • 理由3:孤独が辛い
  • そうだ、難波、行こう。

 

続きを読む

明けましておめでとうございます。2018はてなブログpro振り返りと2019年抱負。

2019年。明けましておめでとうございます。

 

元旦珍しく早起きしてしまったので、年初めにこそこそブログを書いてます。

こんなこともあろうかと、愛用のパソコンを実家に持って帰ってきてたのに、肝心の電源を忘れてきました。

今年の飛躍を暗示させるかのような門出です。

続きを読む

GLAYってこんなにカッコよかったっけ。松坂世代リーマンに喝を入れてくれてありがとう。

仕事、家事、育児に疲れ切った私の数少ない娯楽。それは夜中嫁さんと子供が寝静まった後にネットサーフィンをする一人の時間。グラスにはハイボールまたは氷水。一番の至福のとき。

そこで出会ったこの動画。


GLAY / I'm in Love (Live ver. / 2009.8.16)

GLAYってこんなにカッコよかったっけ。

 

続きを読む

「アタック25」が憎い。地中海クルーズを目指し全てを失った男の告白。

 

「アタック25」が憎い。

時間。仕事。お金。そして家族。

私からすべてを奪っていった、アタック25が…

 

 ある日。晩飯の準備をしながら、嫁さんが言った。

「あ、そうそう。あなたを『アタック25』に、エントリーしといたから」 

続きを読む

【紅の豚】私はポルコ。ミラノで働く航空機エンジニア。

私はポルコ。

ピッコロ社に勤める、航空機エンジニアだ。

昨年引退したフィオ会長に見初められ、イタリア・ミラノにやってきて、もう4年。

ポルコという名は、「ダンディーな小太りの飛空挺乗り」を大好きな会長が付けてくれた。

今は出張で、クロアチアのドゥブロルニクにある、会社のマザー工場に来ている。

f:id:elep-peace:20181103015007j:plain

紅の豚 モデルになった絶景 - NAVER まとめ

続きを読む

夢のマイホームを買って鬱になる心理。男にとってマイホームとは。

数年前。会社の友人が、マイホームを購入して、鬱になった。

なんで?念願の夢のマイホームなのに?

彼は言った。

「俺は結婚し、子供も二人できた。そしてマイホームを買った。これで俺の人生は、99%決まってしまった。時間的にも経済的にも、自由は完全になくなった。莫大なローン地獄の中、仕事を辞めることもできない。もう絶対に逃げられない。小遣いもさらに減らされた。残りの人生において、俺が主役になれる場面は、俺の葬式だけだ…

 

普段は陽気な彼の超ネガティブな言葉に、当時まだ独身だった私は戸惑った。 しかし幸せ家族のぜいたくな悩みにも聞こえたのだ。

続きを読む

この世に絶対なんてない。たとえそれがタチウオ釣りでも。

この世に、「絶対」なんてものはない。

もしあるとすれば、それは『金持ちはモテる』、『北川景子は可愛い』、そして『死』だけだ。

逆に言うと、「絶対」と口にした瞬間、それは嘘つきの始まりとなる。

  • 「この仮想通貨を買えば、絶対儲かりますよ」
  • 「このパワーストーンを身につければ、絶対にモテモテになりますよ」
  • 「ちょっと休んでいかない?絶対何もしないから」
  • 「結婚しよう。絶対キミを幸せにするから」

それは釣りにおいても、例外では無い。

「この釣り場に行けば、絶対タチウオが釣れますよ」

続きを読む

高橋由伸監督辞任。巨人に翻弄された哀しきウルフ。次期巨人監督を予想してみた。

高橋由伸監督が、成績不振の責任を取り辞任。

headlines.yahoo.co.jp

勝負の世界とはいえ、そして巨人が嫌いだとは言え、なんとも不憫でならない。 

ヨシノブ氏に惜別の言葉を述べつつ、次期巨人監督を大胆不敵に予測してみた。この中から、たぶん誰か一人は選ばれるだろう。

続きを読む

飲酒運転の暴走車に轢かれかけた上、偽天山に怒られた。

吉澤ひとみ氏の飲酒ひき逃げ事故。高橋祐也氏の覚醒剤での逮捕。
それらを見るたび、あの忌々しい記憶が蘇る。。。
これは、人生に少々疲れた一匹の中年豚もとい象に優しい神様が授けてくれた、キセキのサプライズストーリーである。