ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

妄想と現実の狭間で闘う、不惑のエンジニアのブログ

苦しいときこそ筆を執る

GWは10連休だったが、終わるとあっという間だった。色々あり、自分だけの自由な時間は4時間ほどしかなかったのもあるけれど。

仕事は、GW前にも増して、つまらない。会社での目標を見失い、モチベーションを絞り出せない。灰色の日々が、淡々と続く。今日は打合せを二回すっぽかされ、やる気はゼロどころかマイナスになり、定時までダラダラ過ごした。日々、座ってるだけで精一杯。典型的な給料泥棒のダメ社員。

思えば、給料と場所だけで転職を決めた。良くも悪くも、その夢は叶っている。だから贅沢なのかもしれないけど、今はただ、辛い。家族の飯代。子供たちの幼稚園代。家のローン。生きるために、心を殺す。

 

こんな時は、どうしようもない。定時ダッシュをコソコソ決める。帰り道、気分転換にいつもの本屋に行く。しかし、文章が入ってこない。文字が記号にしか見えない。

ブログを書こうとしても、書ききれない。ネタが無いわけではない。下書きには書きかけの駄文がいくつも眠っている。こんなブログだけど、ネガティブな愚痴はできるだけ書きたくない。忙しい中、落ち込む中、なんとか気持ちを上げようと足掻いた痕跡が、我ながら痛々しい。気持ちが落ち切った今は、それらを完成させる気力すら湧いてこない。

 

自分でも分かる。明らかに疲れ切っている。平日はつまらない仕事。土日は全力家事子守。脳裏に付きまとって離れない、実家のトラブル。それでも、家で暗い顔はできない。子供たちに、情けない父親の顔を見せられない。

眠りたいのに、夜中にパッと、目が覚める。暗闇の中、布団に横たわったまま、ロマサガ RSを周回させる。ドラクエけしケシをすすめる。息抜きのゲームすら、惰性と義務。

気がつけば、ブログはおろか、あれだけやる気になっていたピアノすら、まともに触らなくなってしまっている。新曲に挑戦する時間も、何より気力が無い。

 

ああ、このままでは、心が干涸びてしまう。

何かに没頭したい。熱中したい。

あわよくば、その結果、世間様に認められたい。日々の暮らしから解き放たれたい。

停滞している時ほど、そう思う。

プロにも入ってないのに、日本シリーズの舞台で華やかな逆転ホームランをかっ飛ばしたいと夢想する。

いきなりホームランは打てない。階段を一歩ずつ上がっていくしかない。まして僕は42歳。無限の可能性など信じる歳ではない。

自分の分を弁えよ。時間のせいじゃない。お前には才能も何もない。だから今こうなっているのだろう。そして諦める。考えるのを止める。

人生に逆転ホームランなんて無い。頭では嫌と言うほど分かっている。

 

でも今日は、どうしても、このまま泣き寝入りしたくなかった。不甲斐ない自分自身に、一矢報いたかった。ホームランは無理でも、プロになれなくても、草野球でボテボテの内野安打なら、打てるかもしれない。とにかく、やる。考え込むのはやめて、ダメ元で、なんでもいいから、やる。足掻いた痕跡を残す。

年齢がどうとか、環境がどうとか、体調がどうとか、関係ない。今できる僅かなことを、たとえ日の目を見なくても、カッコ悪くても、やっていくしかない。

そんな気持ちで、ロマサガ RSをぐっと我慢し、久々にはてなブログを開いて、心のままに文章を書き連ねました。気の利いた言葉は出てこないし、文章を書くのはとてもしんどかった。それでもとにかく書いてみた。

その結果、1500字弱の足掻いた痕跡が残せました。

内容は置いといて、いいか悪いかはわからないけど、吐き出せて、少しスッキリした。これを見た未来の自分が笑い飛ばせるように。泥臭い内野安打をこつこつ積み重ねられるように。その前に試合に出られるように。

立ち止まってしまってたけど、少しずつ、前に向かって歩いていきたいと思います。

まとまってなくてごめんなさい。よし、気分を切り替えて、家に帰ろう。

わがままりんくうアウトレット

平日、休みを取った。病気や子供関係ではない。

仕事、家事。何より育児。日常に疲れていた僕達夫婦。たまには自分達がリフレッシュしたい。そんなわがままで取った休みだった。

朝8時半に子供達を幼稚園に送り届けてから、夕方16時半に迎えに行くまで。8時間の、貴重な貴重な自由時間。

熟考の末、選んだ先は、りんくうアウトレット。嫁さんは、ゆっくり買い物をしたいから。僕は、海が見たいから。

続きを読む

貴方の社畜度、チェックします

わたしは、精霊のじんじ。

これから、貴方にいくつかの質問をします。

難しく考えず、素直な気持ちで答えてください。

そうすれば、私は貴方をさらに知ることになるでしょう。

では、はじめましょう。

f:id:elep-peace:20220323015702j:image

https://gcgx.games/dq3/making.html

続きを読む

素人論評かオリジナルストーリーか。戦争はダメ平和が一番。

ここ最近、ずっとブログを更新できなかったり、更新したかと思えば、赤面噴飯青春メモリーを書いてみたり。

いつもにも増して挙動が異常だったのは、他でもない、ロシアのウクライナ侵攻があったからです。

続きを読む

りっちゃんの思い出 後編 〜僕らは愛の花咲かそうよ〜

前編↓

www.elep-peace.com

あの惨劇から2年。僕達は高校生になっていた。

文系のりっちゃんとはクラスが分かれたが、例の友人とは、理系クラスに加え数学の塾も同じになった。それに二人とも、相変わらずりっちゃんのファンだった。

続きを読む

りっちゃんの思い出 前編 〜どれだけ涙を流せば〜

この前、中学高校時代に好きだった女の子と再会し、デートしてる夢を見た。楽しく幸せな夢だった。同時に、夢とは違った現実の思い出も蘇ってきた…

 

中学時代、僕はクラスメイトのりっちゃん(仮)に、ひそかに片想いをしていた。

りっちゃんは、小柄で、運動神経がとても良かった。健康的な小麦肌。とびきり可愛い笑顔とエクボ。おまけに巨乳。当然、女子だけでなく、男子からも人気があった。

僕とりっちゃんの接点は、ほとんどなかった。たまに話す機会があっても、緊張して顔が真っ赤になって話せなかった。授業中目に入るりっちゃんの横顔、勉強中に湧き上がるりっちゃんの妄想は、思春期の僕をしばしば悶絶させた。

続きを読む

必要十分条件になれなかった彼女の話。

2月は嫌いだ。凍てつく寒さ。受験シーズン。バレンタイン。そしてあの苦い記憶が蘇るから…

1998年の2月。高2だった僕は、同じ高校の一学年下の女の子に告白され、チョコを渡された。図書館で勉強してたとき顔見知りになったその子は、当時流行ってた「ブリリアントグリーン」のボーカルにそっくりな可愛い子。一緒に勉強してた僕の友人が彼女のことを気に入っているのは知ってたけど、若い僕はブリグリの誘惑には勝てなかった。ほどなく、僕はブリグリちゃんとお付き合いを始めた。

 


www.youtube.com

続きを読む

賢しらに僅かな不運を見せびらかすな。

「賢しらに僅かな不運を見せびらかすな」

「もののけ姫」で、呪われた右腕を見せたアシタカにエボシ様が言い放つ有名な台詞。

f:id:elep-peace:20220206030912j:image

http://iroirosokuhou.com/archives/24816792.html

これ見よがしに、ドヤ顔で不幸自慢をするな。そんな意味だと捉えてます。

続きを読む

日常が戻ってきた。自由最高、サーモン最高。

コロナで一家全滅から2週間弱。自宅療養がようやく終わった。

子供たちは全快だが、僕は体力とメンタルがだいぶ落ちている。しばらくはリハビリ様子見運転になりそうだ。

でもとにかく、家を出られる。どこにでも自由に行ける。

週末、なまった身体に鞭打ち、早速出かけた。

続きを読む

自宅療養明けに出会った鬼たちと、節分を忘れた鬼たち

f:id:elep-peace:20220203233823j:plain

ないた赤おに (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本) | 浜田 広介, ようこ, いもと |本 | 通販 | Amazon

鬱陶しかったコロナの自宅療養が明け、二週間ぶりに出勤。いざ会社、別名鬼ヶ島、または鬼の哭く街カサンドラへ。しかし長引く自宅療養で、鬼の居ぬ間に洗濯どころか、体力とメンタルが想像以上に摩耗してる。満員電車と満員バスを乗り継ぐだけで、既にヘロヘロ。よくこんな鬼ルーティンを毎日こなしてたな。全く日本人は仕事の鬼だ。

続きを読む

自宅療養を終えて。コロナ鬱にも負けず、仕事にも負けず。

自宅療養中だけど、今週から在宅勤務で慣らし復帰をする(させられる)ことに。週初めのチームミーティングで久々に皆に挨拶をした。一週間休んですみません。

それに対し、上司やチームメイトからのコメントは一切無かった。何いつまでもサボってるんだよ。てめーの分まで仕事をさせられて。いいよな俺もコロナになって休みたいわ。そんな怨嗟の声が聞こえてくるようだった。

続きを読む

【まとめ】新型コロナに一家全員が感染して感じたこと。

新型コロナウイルスに一家全員が感染してしまいました。

家族全員の症状がほぼ完治し、もうすぐ自宅療養が明けるこのタイミングで、

今回学んだこと感じたことを、書き記しておきたいと思います。

f:id:elep-peace:20220131155415j:plain

  • 家庭内感染について 僕のケース
  • 自分達の症状
    • 僕 (41歳)
    • 妻 (41歳)
    • 長男(4歳)
    • 次男(1歳)
  • 感染したかな?と思ったら 
    • まずは検査キットで味見検査!
    • 検査のできる病院を探す!
    • 保健所について
  • 感染しない、させないために
  • もしものために、備えておくべきもの
    • 抗原検査キット
    • 消毒液
    • 生活物資
    • 食料
    • 車のガソリン
    • 風邪薬、のど飴
  • 自宅療養の心構え
    • 体調最優先。災転じて福となす
    • 自宅療養パックはありがたい、けど
  • おわりに。
続きを読む