ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

お家問題

1月2日。バーゲン初体験で疲労困憊した中年男性が自分を棚に上げ子供の教育論をぶちかました日。

正月2日目。 朝は箱根駅伝。番狂わせや波乱はスポーツの醍醐味。やってる方は大変だろうけど。 涙を流してるランナーを見て、悔し涙、感謝の涙を流せるほど努力してきたのは素晴らしいなと感動する。自らの堕落しきった学生生活を振り返り、こんなキャンパ…

親に初めてあげたお年玉、夫婦喧嘩で壊れた壁

今年の正月は実家に帰らないと決めていたが、今日突然、母親から嫁さんに電話があった。孫にお年玉を渡したいから、これから家に来るとのこと。 相変わらず急だ。昨日、実家問題や仕事の件で、夫婦喧嘩をしてしまい、勢い余って新居の壁を凹ませてしまった私…

拝啓、小室K様

拝啓 小室K様 はじめまして、突然の手紙をお許し下さい。自称ブロガーのぞうべいと申します。 緊張のため、多少言葉遣いが乱れてしまうかもしれませんが、何卒ご容赦下さい。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20201113-OYT1T50200/amp/ K、元気かい?そ…

コロナのせいにして、今年は実家に帰らないと決めた。近くて遠くなってしまった実家。

昨日のブログにも少し書きましたが、コロナではなく、実家の問題、2年前から実家で引きこもり、こうなったのはお前らのせいだと家族に家族にゆすりたかりを繰り返すクソ妹のため、断腸の思いで実家に帰らないことを、親に告げた。40年目で初めてのこと。 こ…

怒涛の12月、待ち受ける地獄の正月。

12月。今年はコロナで忘年会がない分楽だけど、それでも行事が多すぎる。 絶対に忘れてはいけない結婚記念日は、恒例の花束で凌いだ。 撮影ミスが絶対に許されない長男の誕生日パーティーは、道化に徹し笑顔の写真ゲットに成功した。 そしてGOTOトラベルでの…

会社は家よりも落ち着くのか。早出して畜生上司に教わったこと。

朝が大の苦手な私だけど、最近早出を始めた。嫁さんから「収入を減らさず早く帰ってきて子守をせよ」との指令を受けたのが理由。 それに加えて、朝長男(2歳)が起きている中会社に行こうとすると、行くな俺と遊べとギャン泣きされる。今の私には、その別れが…

男性の育休について。男は仕事をしてナンボ。

俺も育休を取った方がいいかな? 二人目が産まれた4ヶ月前。嫁さんとの家族会議を控え、私は考えていた。 産まれて1ヶ月は、2歳半の上の子も合わせて、義実家で面倒を見てもらえる。問題はその後。嫁さん子供達が家に帰ってきた時。クソコロナが増えてま…

別れの時子供は寂しくて泣くんじゃない。

平日の朝、いちばん辛い事。早起きでも仕事の憂鬱でもない。「パパ行かないで」とばかりに泣く2歳の息子との別れだ。 一階の和室で私と2歳の長男、2回の寝室で嫁さんと3ヶ月の次男が寝ている。いつもは、長男が起きないよう、朝早めにこっそり起き、まる…

次男ニコニコお宮参り、長男ギャン泣き親参り

先日、次男のお宮参りに行ってきた。三連休の中日、大安、七五三ともろ被りで、住吉大社は大混雑。コロナは怖いけど、大切な子供の節目、コロナを言い訳にするわけにはいかない。 次男はまだ3ヶ月で、動き回らないのもあるけど、とにかくお利口さん。滅多に…

兄弟仲良く。それぞれの立場で。

出産から、家族4人が揃うまでの、1週間。仕事のストレス。実家のいざこざ。義実家での摩耗。結構しんどい1週間だった。 細かく書こうと思えば、きりがないが、一番しんどかったのは、実家のいざこざだった。コロナ禍でブラジルから帰国した弟家族を受け入…

2人目の子供が産まれました。全記録、5分間の面会に込めた想い、長男への想い。

2020年8月17日。コロナにも酷暑にも負けず、3250gの元気な男の子が産まれてきてくれました。 一人目の息子の時、ドキュメント風記事を書いたので、今回も書きたいと思います。 一人目誕生時↓ www.elep-peace.com 8月16日以前。 21:00。 8月17日 1:52。 3:00…

2人目が産まれる直前、夫の立場で妊活を振り返る。

今年の盆休みは、初めて義実家で過ごした。嫁さんの2人目の出産予定日が8月13日だったからだ。婚約破棄、お宮参り問題などで、以前は針の筵だった義実家。子は鎹、息子のパワーで、徐々に歩み寄れているとはいえ、気分ウキウキというわけには、まだまだ…

親父の小言と冷酒は後から効く。

仕事で悩んだとき。会社で嫌な奴にやられたとき。情けなく悔しい思いをしたとき。 子供の頃、親父が言ってた言葉を、ふと思い出した。

おうち時間は子守とガーデニング。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言により、ついに私の職場でも臨時休暇が訪れた。 ラインが減産になるため。3密を避けるため。理由はどうでもいいし、休み初日はひとり休日出勤した。とにかくやってきた、一週間のおうち時間。 やりたい事は山ほどある。ジ…

妊娠育児中の不倫問題を男女の違いから考えてみた。

東出さんと唐田さんの不倫騒動。刺激のないサラリーマン5人(全員既婚♂)のランチタイムには避けられない、久々のゲスい話題。 東出昌大の不倫相手は唐田えりか?寝ても覚めても「一緒に」交際3年 |

イヤイヤ期の2歳の息子が優しく励ましてくれました。

早いもので、息子も2歳になった。 まだ喋りこそしないものの、とにかく元気。活発すぎるので水泳と体操をさせているけど、それでも飽き足らず、寝落ちする寸前まで、家じゅうを走り回っている。彼の頭の中は、チョコアイスとしまじろう、それにアンパンマン…

2020年、明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 はてなブログproも4年目に突入しました。ご愛顧頂いている皆さん、本当にありがとう。年頭なので、今年の抱負を述べたいと思います。 もう少し楽に、もう少し頻度を上げて、記事を書く。 サブブログを立ち上げて、負の感…

夢のマイホームを建てました。

家を建てました。注文住宅の新築一戸建て。夢のマイホーム。 夢とは家族の夢、嫁さん子供の夢。莫大なローン。私の銭闘力は5300万です。そう土地屋とハウスメーカーに宣告されたばかりか、生命保険を増額され、なけなしの小遣いを無慈悲に減らされる。何が夢…

悪口と 妬み嫉みは 女の肥やし

6年前に亡くなった祖母が、言っていた。 悪口と 妬み嫉みは 女の肥やし

家庭菜園。それは実益を兼ね、田畑の後継ぎ問題を解決する、究極の趣味。

仕事帰りの小さな楽しみ、本屋で立ち読み。 ネットもいいが、たまには本屋もいい。何より私は本の匂いが大好きだ。新しい教科書が配られると真っ先に本を開いて顔をうずめ、匂いを嗅ぎ、絶対に変態だと思われていた、学生時代の思い出。 それはさておき、今…

義理のお母さんが初めて見送りに来てくれた。

今日、嫁さん息子を義理の実家に預けてきた。 私が義実家に行くのは、一年以上ぶりだった。 結納翌日に婚約解消。からの復縁婚。 お宮参りでのバトル。 その他諸々のすれ違い。 www.elep-peace.com 過去の数々のトラウマが、私を義実家から遠ざけていた。 今…

夫婦喧嘩してたけど、ノートルダム大聖堂の火災を見て、パリの新婚旅行を思い出した。

ノートルダム大聖堂が、燃えてしまった。 私はフランス人じゃないし、パリ在住のイケてるビジネスマンでも、見目麗しいパリジェンヌでもない。 それでもあまりにも衝撃的で、悲しい。 修復工事が原因とは皮肉にもならない。損害賠償とか責任追及とか、もはや…

夢のマイホームを買って鬱になる心理。男にとってマイホームとは。

数年前。会社の友人が、マイホームを購入して、鬱になった。 なんで?念願の夢のマイホームなのに? 彼は言った。 「俺は結婚し、子供も二人できた。そしてマイホームを買った。これで俺の人生は、99%決まってしまった。時間的にも経済的にも、自由は完全に…

嫁さんと子供が家を出て行った。難波で下心にまみれつつ頭を冷やした中年男の物語。

嫁さんがまだ6ヶ月の子供を連れて、家を出て行った。 きっかけは、些細な喧嘩だった。 嫁さんは育児のストレスと寝不足。 私は仕事のストレスとワールドカップの寝不足(?)。 もちろん育児も一緒に頑張ってるつもりだった。 でも、お互いに、フラストレー…

GWは田植え。GWに海外旅行に行く人を呪ったあの頃。求む跡継ぎ問題の解決法。

GWが終わってしまった。 9連休だったけど、子供が産まれて初めてのGWだったので、 主に、子守と、毎年恒例の実家での田植えしかしてなかった。

お宮参り問題その後。息子に教えられたこと。

お宮参りのやり方で、揉めてしまってから、はや一か月。 あの事件から初めて、嫁実家に行くことになった。

結婚してよかったこととそうでないことを、9つずつ書いてみた。

結婚と独身、どっちがいいのか。 永遠のテーマだ。 結婚してよかったこと、そうでないこと。 最近結婚した男の立場から、ゆるく考えてみた。

お宮参りのやり方で嫁実家とモメた。結婚生活、家の付き合いに必要な要素5つとは。

先日、お宮参りのやり方が私実家と嫁実家で違う、どうしよう的な記事を書いた。 本記事はその続編である。 結果を言うと、やっぱり揉めてしまった。

お宮参りで両家がモメないために。旧家の長男の葛藤と決意。そして婚活女性に言いたいこと。

謹賀新年2018年。 明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ、ぞうブロをよろしくお願いいたします。 新年一発目のテーマとしては、少々重く面倒な問題を取り上げてみます。 それは「両家がモメないように、お宮参りをどんな形で進めるか」問題です。