ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

妄想と現実の狭間で闘う、不惑のエンジニアのブログ

エンジニアの仕事

貴方の社畜度、チェックします

わたしは、精霊のじんじ。 これから、貴方にいくつかの質問をします。 難しく考えず、素直な気持ちで答えてください。 そうすれば、私は貴方をさらに知ることになるでしょう。 では、はじめましょう。 https://gcgx.games/dq3/making.html

昇進試験を断ると、上司のキラーマシンが衝撃の過去を語り始めた。

今年は昇進試験を受けないことに決めていた。 昨年は意気揚々と試験を受け、論文試験で論文以外の要素で落ちたので、ショックを引きずっている。それだけではない。

自宅療養明けに出会った鬼たちと、節分を忘れた鬼たち

ないた赤おに (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本) | 浜田 広介, ようこ, いもと |本 | 通販 | Amazon 鬱陶しかったコロナの自宅療養が明け、二週間ぶりに出勤。いざ会社、別名鬼ヶ島、または鬼の哭く街カサンドラへ。しかし長引く自宅療養で…

自宅療養を終えて。コロナ鬱にも負けず、仕事にも負けず。

自宅療養中だけど、今週から在宅勤務で慣らし復帰をする(させられる)ことに。週初めのチームミーティングで久々に皆に挨拶をした。一週間休んですみません。 それに対し、上司やチームメイトからのコメントは一切無かった。何いつまでもサボってるんだよ。…

新年の挨拶やめられない問題

あっという間に正月休みが終わり、仕事始め。 「明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します」 人に会うたび、電話するたび、メールのたびに、みんながみんな繰り返す。まるで新興宗教の儀式か、言葉を覚えたてのオウムのようだ。

定年延長は悲報か吉報か。

マック店員 日本最高齢93歳 週4夜勤「働くことが好き」(北日本新聞) - Yahoo!ニュース 凄いなぁ。御年93歳で週四夜勤をこなすお爺さん。雇うマクドナルド。どっちも素晴らしい。 このニュースを見た時、そんな感嘆と、それを遥かに超える恐怖を、私は覚…

論文試験の結果が出ました。

ご無沙汰しております。 論文の昇進試験の結果を、上司のキラーマシンに伝えられました。 結果は...

なぜ理系工学部やめとけブログに特化しないの?

ブログのネタが、いよいよ無い。 いや、あるにはあるんだけど、仕事、論文、子育てばかり。 何か誇れるチャレンジもできていないし、娯楽の壊滅したこのご時世、仕方ない。そういうことにする。それに年齢を重ね、環境立場が変われば、ネタも変わっていくは…

論文試験が終わりました(いろんな意味で)

昨日は昇進の第一関門、論文試験でした。ようやく終わりました。 ここ最近、論文の練習と本業のドタバタ、加えてエアリスのテーマのピアノ練習、さらにはロマサガRSで、ブログを書く気力が残っておらず、更新が滞っていたことをお詫びいたします。 それにし…

小泉進次郎大臣に学ぶ、セクシー昇進論文講座

やばい、ブログの更新が滞ってきている。 本職が忙しいのに加え、昇進試験の論文に苦戦しているからなんです。 論文で求められること。会社を取り巻く現状の把握。課題の抽出、真因の分析。課題解決のため貴様はどのように取り組むのか。どう仕組みを改善し…

サボりジジイが怖いんです。

緊急事態宣言が出ても、仕事は減らない。ありがたいことだけど、毎日とても忙しい。 そんな中、ふと近くに座っている部下の爺さんを見て、思わず目を疑った。 勤務時間中、彼は足を組み、自席で本を読んでいた。 あまりにも堂々と、そして優雅に。 思わず、…

伝説のバンド、DI MARIA。2年前に見た夢の続き。 

2年前。僕達には、希望に満ちた世界が見えていた。 こんな時代だからこそ、僕達は夢の続きを見たいんだ… ※以下、多少の妄想が含まれます 令和元年、夏の暑い日。 大阪のとある小さなスタジオで、後に伝説となるモンスターバンドが、静かに産声を上げた。そ…

教えの中に答えはない。答えは教えの外にある。

昇進試験の論文答案を、3人の上司、いわゆる「キラーマシントリオ」に、毎週見てもらっています。 週末、ない頭を捻り出して書き上げた答案が、キラーマシン達に無慈悲に血祭りにあげられていく。 そして、言われることがバラバラ。 たとえば、 キラーマシ…

機械設計に必要なスキルを16個挙げてみた

機械設計に必要なスキル、資格ってあるのかな。Twitterでのフォロワーさんの言葉から、ふとそんなことを考えました。 ペーペー機械設計者ですけど、個人的見解を、自らへの戒めがてら、書き出してみました。 https://worktrng.com/worktrng/cadcam3week

最後の晩餐、そんなの関係ねぇ

今日は、束の間の独身生活、最後の日。 午後休を取り、昼間からワイワイ花見で飲んだくれる。そして夜の魔都・難波へ… そんな夢を見ながら、今日もたんまり働いた。

キラーマジンガ部長と6個の爆弾

週末は、束の間の独身を堪能しました。 京都では、自作妄想デートのルートを自ら辿り、大阪では、ピアノダイニングガーデニアで、ゲーム音楽のピアノ演奏で幸せなひと時を過ごした。 久々に思い出した、自由で楽しい週末。しかし、週末が楽しければ楽しいほ…

昇進試験とは、過去の弱い自分をポジティブな妄想で乗り越える試練である。

今日から一週間、嫁さんと子供達が向こうの実家に帰った。夫婦喧嘩をしたわけではなく、リフレッシュ休暇。 天から舞い降りた、束の間の独身生活。夜の街が、難波が俺を待ってるぜ! とはならない。このご時世に加え、仕事が忙しい。独身生活になった途端仕…

深夜残業にはTOUGH BOYを流してください

会社で残業してると、深夜残業前、 もの悲しい音楽とともに、「早く帰って心と体を休めましょう」的な放送が流れますよね。 あれ、逆効果ですよね。 帰れるもんならとっくの昔に帰っとるわ。 そう神経を逆撫でされるだけなんです。

3.11の記憶。東北一人旅の記憶。

2011.3.11、14:46。あの時私は、愛知の自動車部品会社にいた。出張で車を運転してて、最初の揺れには気づかなかった。 しかしカーナビの画面を見て驚愕した。東北で震度7!?大津波警報!?? 思わず車を止めた。映し出されたのは、黒い津波が名取市の家や畑…

残業378時間はできないけど、官僚の皆様を見習って頑張ります

ようやく迎えた土曜日。しかし昇級試験の論文を書かないといけないと思うと、気分が憂鬱だ。 今の仕事上の課題は何か。それを解決するにはどうすればいいか。自分は会社にどんな貢献ができるか。 そんなことばかり休みの日に考えてたら、頭がおかしくなる。 …

昇進は地獄か天国か。キラーマシン上司の正体は。

嫁さんと子供2人の風邪は、無事治った。おとつい半休をとり頑張った看病家事子守に対する、神様からのご褒美だろうか。 その代償として、3人分の風邪を一気にうつされ、花粉症と歯痛に上乗せされることに。誰かが楽になれば、誰かが苦しむ。世の中はうまくで…

半休、腹痛、キングボンビー

今日は急遽半休をもらうことにした。嫁さんが風邪と花粉症でダウン。長男次男も鼻水が出てぐずっている。 長男はまだ比較的元気なので幼稚園に連れて行けそう。でも嫁さん曰く「魔の時間帯」、すなわち長男帰宅後、私が帰ってくるまでの、夕方〜夜の一番しん…

愚痴はチョコでブログネタに昇華させる。

※この2千文字の駄文には、仕事と家庭の愚痴が多分に含まれます。閲覧の際はご注意願います。 昼食時、いつものように、同僚のダースベイダーがデカイため息をついている。 来週部長報告だハァーー。嫁に桃鉄負けたハァーー。妊活嫌だハァーー。マンション買…

およげ!たいやきくんという魔曲

先日、久々にTSUTAYAでCDを借りた。流行りの音楽とともに、息子達向けのこどものうたも。そのこどものうたベストを聴いてみると、一曲目が「およげ!たいやきくん」だった。 https://onbankutsu.thebase.in/items/19047509 おお、懐かしいな。ドライブがてら…

男二人旅〜バスと電車とびーぶぶぶ

昨日は午後半休をもらった。家事、子守、嫁さんのoffのため。 午前、必死に仕事を片付ける。先週末ひと悶着あったDQN氏とも普通に仕事。思うことはあるかもしれないが、お互いプロ。心なしか彼の言葉遣いが丁寧になった気がする。気持ちを伝えてよかった。問…

我慢ばかりしなくていい。やられたらやり返す。倍返しじゃなくても。

社会人になるとき、親父に言われた言葉。 いいか。会社では何があっても我慢せえよ。キレたら終わりや。 そういうものかと思っていた。社会人になってからは、案の定、我慢、我慢の日々。特に一部の人間関係が、一番のストレスだった。

お疲れ気味の私達が森会長に学ぶべき三つのこと。

先日、緊急事態宣言が延長された。会見する菅総理をニュースでチラッと見たけど、びっくりするほど生気がなかった。 目が死んでいる。元々やる気元気イワキキャラじゃない。けど、さすがに心配になった。 まあでも、そりゃ疲れるよな。凄まじい重圧と責任。…

「鬼は外、福は内」の本当の意味。

最近また忙しくなった。関連部門は立て続けに爆弾案件を振ってくる。ジジイは仕事を放置して立派な爆弾に育て上げ、私にノールックスルーパス。上司のフォローは苛烈さを増し、単なる爆弾が水爆にパワーアップ。 どいつもこいつも、ボンバーマンだ。いや、鬼…

出向先の上司とホテルで一夜を共にした話。

10年ほど前、前職の自動車部品メーカー時代。顧客のカーメーカーに出向していたときの話。 出向先の上司は、30半ばのゲームが大好きな、氷川きよし氏とキングコング西野氏を足して二で割ったような既婚男性。子供はいなかった。 出向先での仕事は半年程。し…

純日記風、或るアホエンジニアの一日 追記完結

1月20日。朝6時半。いつも通り息子を起こさないよう泥棒みたいに家を出て、チャリに飛び乗る。ズボンの股間が破れかけているので、これ以上被害が広がってOフロントスタイルにならないよう、慎重かつ大胆にチャリを漕ぐ。 緊急事態宣言が出てからも毎日変わ…