ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

ニュース

小泉進次郎大臣に学ぶ、セクシー昇進論文講座

やばい、ブログの更新が滞ってきている。 本職が忙しいのに加え、昇進試験の論文に苦戦しているからなんです。 論文で求められること。会社を取り巻く現状の把握。課題の抽出、真因の分析。課題解決のため貴様はどのように取り組むのか。どう仕組みを改善し…

緊急事態宣言で変わったこと、変わらないこと

昨日、大阪にも3度目の緊急事態宣言が出た。 飲食店の時短、居酒屋の休業、百貨店の休業、テーマパークやイベントの休業。 満員電車で通勤し、アルコールや娯楽と無縁の日々を送っている自分には、何ら日常に影響ないだろう。 そう思っていたのが、間違いだ…

拝啓 小室K様 其の弐 ~根回しの苦手な君が進むべき道~

久々の在宅勤務は快適だ。仕事の効率は落ちるけど、メールで根回しはしといたから、なんとかなるだろう。 根回し。その言葉で、僕はとある渦中の旧友を思い浮かべた…。 (以下、筆者の妄想が若干入ります) 参考:第一回 拝啓、小室K様 - ぞうブロ~ぞうべい…

3.11の記憶。東北一人旅の記憶。

2011.3.11、14:46。あの時私は、愛知の自動車部品会社にいた。出張で車を運転してて、最初の揺れには気づかなかった。 しかしカーナビの画面を見て驚愕した。東北で震度7!?大津波警報!?? 思わず車を止めた。映し出されたのは、黒い津波が名取市の家や畑…

残業378時間はできないけど、官僚の皆様を見習って頑張ります

ようやく迎えた土曜日。しかし昇級試験の論文を書かないといけないと思うと、気分が憂鬱だ。 今の仕事上の課題は何か。それを解決するにはどうすればいいか。自分は会社にどんな貢献ができるか。 そんなことばかり休みの日に考えてたら、頭がおかしくなる。 …

人身事故に遭遇してしまった

人身事故に遭遇した。 仕事終わり、子供に絵本を買うため寄り道し、いつもの駅に着くと、けたたましいブザーが鳴り、駅員がホームにダッシュしている。 「当駅で人身事故が発生しました」 んん?と思いながら、改札に入り、ホームに降りると、反対方向の電車…

乞食よそこどけ社畜が通る

月曜の朝。通勤でごった返す駅。その改札付近で、既に定年してそうなお爺さんお婆さんが、共産党ののぼりを立て、執拗にビラを配ってきた。 試しにもらってみると、すがやめろ、誰それやめろ、モリカケ桜、給付金よこせ、内容は文句と無心のオンパレード。 …

老害vs女害バトルを見て。害にならないためにすべきこと。

失言王・森会長へのバッシングが苛烈だ。自他共に認める、正真正銘の立派な「老害」。 しかし、中止濃厚なオリンピックの責任を彼一人に全て背負わせるかのごとく、単に老害だと斬り捨てるのは、仮にも総理大臣にまでなったお方に対して、あまりに敬意を欠い…

お疲れ気味の私達が森会長に学ぶべき三つのこと。

先日、緊急事態宣言が延長された。会見する菅総理をニュースでチラッと見たけど、びっくりするほど生気がなかった。 目が死んでいる。元々やる気元気イワキキャラじゃない。けど、さすがに心配になった。 まあでも、そりゃ疲れるよな。凄まじい重圧と責任。…

2度目の緊急事態宣言が大阪にも出たけれど。

2度目の緊急事態宣言が大阪にも出ました。 でも、何も変わらない。 製造業なので、仕事的にテレワークはほぼできない。 いつもと変わらず、出勤だ。 電車もバスも、いつも通り満員。 「7割テレワーク」は、できる職種の人にお任せします。 まず言ってる方…

2度目の緊急事態宣言に思うこと。

「ウイルスは、経済、医療、文化、人の絆、全てを破壊する。不景気になり、名だたる企業が倒産し、若い人が未来に希望を持てなくなる。」 昨年春頃、一度目の緊急事態宣言が出される前。NHKのスペシャル特番で、新型コロナウイルス感染症対策分科会長の尾身…

拝啓、小室K様

拝啓 小室K様 はじめまして、突然の手紙をお許し下さい。自称ブロガーのぞうべいと申します。 緊張のため、多少言葉遣いが乱れてしまうかもしれませんが、何卒ご容赦下さい。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20201113-OYT1T50200/amp/ K、元気かい?そ…

都構想否決が悔しい訳じゃない。維新が教えてくれたこと。

2度目の住民投票で、大阪都構想がまたも僅差で否決されました。 私は、前回の住民投票時は大阪市民。今回は市外の大阪府民。 10年前の大阪の酷さを知る世代として、また10年間の維新の実績と頑張りを知る世代として、悔しい気持ちでいっぱいでした。 あれだ…

安倍総理にお疲れ様でしたと言えない人たち。

昨日、安倍首相が健康上の問題を理由に辞任するという、衝撃のニュースが飛び込んできた。正直、ショックだった。不安しかないけど、いつかは訪れること。8年近くの長きにわたり、色々な難しい問題に向き合い、一部から散々理不尽に叩かれながらも、文字通…

死ぬ前に大学院辞めればいいよ。

死ぬほど辛いのなら、辞めて逃げてしまえばいいよ。100点なんて、取り続けなくていい。君を必要としてくれる人や場所は、必ずある。今は知らないか、見えていないだけだ。 中途半端なプライドなんて、一番最初に捨てなさい。何の役にも立たない。むしろ邪魔…

心に響く逃亡者カルロスゴーンの名言を10個挙げてみた。

正月。実家に帰って、昔買った本を整理してたら、面白いものを見つけました。 「プロ論」のトップを飾る、このお方の名言。 危機的状況のときこそ、人は最も成長します。 そして、その人の本質が見えるものなんです。 -カルロス・ゴーン-

追悼 京都アニメーション放火テロ事件

headlines.yahoo.co.jp あまりにも酷すぎる事件が起きてしまった。理不尽で狂った一人のクズ男の蛮行で、33人もの世界に誇る優秀なクリエイター達の命が、なんの落ち度もないのに無残に奪われ、少なくとも35人が負傷させられた。 ※10/5追記 重体だった3…

NGTの騒動に思う。美人は性格もいい、ブスは性格も悪い。美人になるために必要なこと。

NGTの山口真帆さん暴行事件からの卒業。萩野由佳さんへの脅迫、加藤美南さんのインスタ誤爆等。一連の騒動を見てて思ったことです。 そもそもなぜこんな騒ぎになってるのか。改めて色々調べてみたけど、憶測だらけ。限りなく黒い人たちはいるみたいけど、断…

アンビリバボーのユーバーリンゲン飛行機衝突事故特集を見て。復讐とは。組織とは。

「アンビリバボー」で、ユーバーリンゲン飛行機衝突事故特集を見た。 恥ずかしながら詳しく知らなかったけど、つい最近(2002年)、こんな恐ろしく悲しい事故・事件があっただなんて。 事故の概要。 復讐について。 組織について。おわりに。

平成→令和へ。改元に寄せて。

平成から令和へ。ついに改元が行われた。 みんな書いてるから迷ったけど、結局自分もこのネタを書くことにしました。大きな節目ですし。 平成時代は9歳から39歳まで、過ごさせてもらった。 昭和から平成になったときは、昭和天皇が崩御し、自粛ムードという…

鈴木奈々さんに見てもらいたいノーバン始球式3選。芸能人の始球式に必要なものとは。

headlines.yahoo.co.jp いち野球ファンとして、これはさすがによろしくないですね。 試合開始時間を遅延させたのもだけど、プロ野球に対する理解もリスペストもないのが厳しい。そして、場の空気を読まず、自分が目立つ方しか考えてない。何より、雨の中待っ…

「モニタリング」の美女オイル塗りドッキリ企画に物申す。目指せ令和の油谷さん。

よく、素人男性にドッキリを仕掛ける企画、あるじゃないですか。 ビーチで彼女が席を外したとき、ビキニのセクシー美女が、「オイル塗ってくれませんか?」と近づいてくるやつ。 明らかに怪しいけど、スタイル抜群の美女からの懇願。 彼氏は断りきれず、鼻の…

ポジティブな言葉、ネガティブな言葉。どちらが大切なのか。

突然ですが、私は言霊を信じています。 ちょっと待って下さい、宗教の勧誘ではありません。 ネガティブな言葉を使っていると。 ポジティブな言葉を使っていると。 なんで突然、こんな薄気味悪いことを書いてるのか。 おわりに。ネガティブな言葉もポジティブ…

夫婦喧嘩してたけど、ノートルダム大聖堂の火災を見て、パリの新婚旅行を思い出した。

ノートルダム大聖堂が、燃えてしまった。 私はフランス人じゃないし、パリ在住のイケてるビジネスマンでも、見目麗しいパリジェンヌでもない。 それでもあまりにも衝撃的で、悲しい。 修復工事が原因とは皮肉にもならない。損害賠償とか責任追及とか、もはや…

世界初のブラックホールの写真が凄すぎてヤバすぎる。

ブラックホールがついに、世界で初めて、撮影された。 www.bbc.com ブラックホールって実在したんだ。凄い、凄すぎるぞ。

令和狂想曲の幕開け。新しい時代に向かって。

4月1日、新元号が「令和(れいわ)」と発表されました。 発表前から、巷には新元号を予想する人があふれていた。 「未来から来ました、新元号は安始(あんし)です」という某ネットの書き込み。 「安久」がリークされたのではと騒ぐ人。 嵐、卍、タピオカなど…

ロシアW杯まで2か月を切った。ハリルホジッチ元監督、サッカー日本代表に捧ぐ。

「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」 サッカー日本代表の常套句だ。 でも、ことロシアW杯に限っては、当てはまらない気がする。 むしろ、ボコボコにされて3連敗した方が、今後の日本代表のためになるんじゃないか。 サッカー日本代表が好きだけど、…

既婚警官が壮大な不謹慎コントを演じた3つの理由を考えてみた。

2017年2月14日。 ここ数日は、衝撃的なニュースが続き、波乱続きのバレンタインデーだった。 そんな中、巷で話題の「既婚警官」について、なぜ彼があのような愚行を起こしたかについて考察してみたので報告する。