ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言。

大学

嫁と元カノが出会ってしまう恐ろしい夢を見た。京都の甘く苦い記憶。想い出は薄めつつ美化すべき。

先週末、久々に家族で京都に出かけた。晴明神社、北山、そして鴨川。とても楽しかった。 その夜。月曜の早朝だというのに、恐ろしい夢で目が覚めた。先日、京都に行ったからなのだろう。少なくとも、母の日翌日に見る夢じゃない。 どっかの喫茶店で、私と嫁…

中退した研究室から寄付金のハガキが届き、就活とタイの女神の記憶が蘇った。後悔しているたった一つのこと。

学生時代の研究室から、一葉のハガキが届いた。かつて、自業自得&怨恨中退した研究室。そこでお世話になった教授が定年退官するらしく、祝賀パーティーの案内ハガキだった。 会場は京都の高級ホテルの、なんとかの間。通常の飲み会なら4回はできる、バカ高い…

そうだ京都行こう。京大の面汚しが中年になり人生に疲れて京大を再訪しつつ、京都グルメを堪能した話。

辛くつまらない仕事。リフレッシュ休暇と称し実家に帰った嫁。うまくいかない嫁両親。RSウイルスを私にうつし嫁とともに帰った息子。台風の影響で作業量が倍増した実家での稲刈りと柿取り。遅々として更新できないブログ、、、 もう、たくさんだ。 そうだ、…

転職して5年たった。転職してよかったこと、悪かったことを3つずつ。Connecting the dots.

「転職はつらいぞ」5年前、私が前職を去るとき、先輩にかけてもらった言葉だ。その言葉の意味は、転職してから骨身に染みるほど感じてきた。転職は、する前も、してからも、大変だ。しかし辛いことばかりではない。この記事では、個人的な経験から、転職し…

センター試験で思い出す激動の受験生時代。三角関係の現役、抑鬱病の浪人、出会った受験の女神。

今日はいよいよ、センター試験だ。私がセンター試験を受けたのは、かれこれ17,8年前だ。 あの頃私は、京大合格を目指す受験生だった。現役と浪人で、二回受けたけど、今でも両方の点数をはっきり覚えている。そして今でも、この季節になると、一度はあの時の…

理系、工学部はやめておけ。エンジニアは大変だ。それでも今役に立っている、たった1つのこと。ver4.0

理系は安定している。手に職がつく。なにより日本は世界に誇る技術立国だ。これからの日本の将来を担う、革新的新技術を開発し日本の発展に貢献し、大きな富を得たい。 そう考えて、工学部、エンジニアを志す諸君は多いことだろう。 かつて、私もそうだった…