ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

妄想と現実の狭間で闘う、不惑のエンジニアのブログ

同僚マッスル氏、ただ今人間耐久試験中

昨日、全然眠れなかったことを、同僚のマッスル氏に話す機会があった。

彼はいつも通り、笑顔でさらっと言った。

「大丈夫です!寝る前、ほんの20キロほど走れば、寝れますよ」

ああ、まともな人間に相談しなかった僕が悪いな。僕は苦笑した。

 

ところでマッスル氏って一体何者なの。このブログでもたまに登場頂いているし、ブログのネタも無いので、マッスル氏について、語ってみることにしよう。

 

同僚マッスル氏は、僕の数歳先輩の筋肉モリモリおじさん。僕の後に同じチームに転職してきた、ロマサガ RSのティルピッツ似の爽やかイケおじ。フットサルやマラソンを一緒にし、席が隣なこともあって、仲良くなった。 

(参考)ティルピッツ

f:id:elep-peace:20221111082000j:image

彼はとにかくタフ。身体的にも精神的にも、無類のタフネスを誇る。

家は会社から遠いはずなのに、誰よりも早く来て、誰よりも遅く帰る。なのに毎日15キロのランニングを欠かさない。

深夜残業の後、「ちょっと走ってみました、スッキリしました」と30キロのランニング記録を送られてきた時は戦慄した。

彼にとって在宅勤務とは、「24時間仕事ができるボーナス日」でしかない。

休日出勤も当たり前。いつも通り、朝8時から夜の21時まで仕事をし、そのまま夜のフットサル大会に合流。0時までプレイしたのち、仲間たちとラーメン二杯をすする。そして翌朝、息子のサッカーの試合に出かける。

夏になると、暑いという理由で、突然坊主にし周囲を驚かせる。奥さんや娘さんからは不評のようだ。

 

そんな彼の通り名は「人間耐久試験中」。彼が壊れる前に試験装置が疲労破壊するのは間違いない。こんなご時世だが、「39℃は僕にとっては微熱です」と言って憚らない。

ある時、定年延長のニュースの話をしてて、辛いですよね〜と言うと、彼は笑って返した。

「僕の目標は98歳まで働くことです」

彼にとって、定年とは、会社に決められるものではなく、自分が決めるものだった。たとえ目が見えなくなっても、心と筋肉の目で、図面を描いているのだろう。

自分を認めて欲しいと言うわけでも無い。人に押し付けるわけでもない。ただ、設計の仕事をしているのが楽しいらしい。弱音も愚痴も言わない。僕の弱音、愚痴をいつも聞き、ポジティブに変換してくれる。あまりの馬力に、上司のキラーマシンも現場のDQNも、一目置き、三歩引いている。

とにかく、人外なのだ。

 

実は彼にマラソンをすすめたのは、他でも無い、僕である。

友達とエントリーしたマラソン大会が迫ってたので、僕は毎日5キロ、多い時で10キロ走っていた。マラソンの自己ベストが5時間20分代の豚のくせに、僕はプチ自慢がてらマッスル氏に話してしまった。今思い返すだけでも恥ずかしい。

 

彼は目を輝かせ、僕の使ってたアプリを使い始め、「健康診断前なので、ダイエットがてら」ジョギングをはじめた。

当時から、彼は筋肉ムキムキ。大胸筋はパンパン、いい雄っぱい。これ以上どこを絞るんだと言う心配をよそに、彼は毎日走るようになった。

 

そして彼はあっという間に、紹介した僕を軽々と追い抜いていった、毎日15キロ、時には30キロ、マラソン大会前には45キロ走る。そんな変態になってしまった。フルマラソンのベストは、3時間半にまで伸びた。

あるハーフマラソンの大会の最中、彼は足を肉離れした。直前の練習しすぎが原因だったらしい。しかし、あろうことか彼は、そのまま完走した。しかも1時間40分台と、僕のベストタイムより速かった。

僕も肉離れの経験があるが、まともに歩くことさえできなかった。痛くなかったんですかと聞くと、彼は笑顔で答えた。「まあ、あと5キロくらいでしたしね」

そして、「鍛え方が足りなかった」と間違った原因分析をし、さらに苛烈な練習を自らに課すことになった。

 

だいぶ仲良くなってから、彼のルーツを聞いたことがある。

大阪に生を受けたマッスル氏は、幼少よりサッカーを始め、スパルタ教育のおかげで、小学生時代には大阪府のベストイレブンにもなったそう。あの稲本選手ともやり合い、当時は勝ってたらしい。

しかし、高校で足を怪我して、サッカー選手への道は断たれた。地元の友達とつるみ、ちょこっと「ヤンチャな」時期もあったらしい。

当時の写真を見せてもらったことがあるが、今話題のブレイキングダウンに出演してそうな、絶対関わったらアカン風貌をしていた。

 

その後、大学で機械工学を学び、自動車用プラスチック製品の会社に就職。

あちこち転職し、僕が今の会社に転職してから二年後、彼も転職してきた。

当時、フットサルのチームを立ち上げていた僕は、彼を誘った。ちょっとサッカーやってたんですと控えめに言っていたので。

しかし、チームの誰よりもずば抜けた能力、キーパーを吹き飛ばさんばかりのロベカルばりの弾丸シュートで、我がチームは超大型補強に成功。困ったらとりあえずマッスルにボールを回せ作戦でチームは快進撃。何回かフットサル、飲み会をし、仲良くなったというわけだ。

 

そんな超人鉄人変人の彼にも、弱点があった。内臓だ。

一度、明らかな過労が原因で、彼は十二指腸を壊し、入院した。筋肉やメンタルは鍛えられても、内臓までは鍛えられなかったんだな。彼も人間だったんだな。僕たちはむしろ安堵した。

しかし、入院中も在宅勤務をこなし、手術当日ですらメールがドンドン送られてくる始末。挙句、通常の半分の期間で退院し、まるで何事もなかったかのように、いつものハードな日常に戻ってしまった。

やはり彼は、人外だったね。僕たちはそう再認識した。

 

今でもマッスル氏とは同じ仕事をしている。こんな化け物だけど、とても気持ちよく仕事ができる、貴重な仲間。何度彼に助けられたか分からない。彼の100分の1でいいから、タフにならないとな。僕も頑張ろうと思います。

 

 

機械設計に必要なスキルを16個挙げてみた

機械設計に必要なスキル、資格ってあるのかな。Twitterでのフォロワーさんの言葉から、ふとそんなことを考えました。

ペーペー機械設計者ですけど、個人的見解を、自らへの戒めがてら、書き出してみました。

f:id:elep-peace:20210420201828j:image

https://worktrng.com/worktrng/cadcam3week

 

続きを読む

英語を再勉強するぞ。あの日ポルシェのお姉さんが教えてくれたこと。

久しぶりに、仕事で英語を使う機会があった。図面の注記の英訳。ISOの原文を読む仕事。

そして愕然とした。読めない。書けない。簡単な単語や文法すら、思い出せない。the same~as...みたいな中学生レベルの構文すら忘れていた。同僚に指摘され、思わず赤面した。

かつての自分は、英語を駆使し、世界を飛び回って活躍するエンジニアを、夢見ていた。そう思って、学生時代、少しだけど英語を勉強していた。はずだった。

 

  • 言い訳ばかりで楽な方向に流され続ける社会人。
  • ポルシェ乗りのお姉さんがくれたチャンス。
  • おわりに。とにかくやってみよう。

 

続きを読む

中退した研究室から寄付金のハガキが届き、就活とタイの女神の記憶が蘇った。後悔しているたった一つのこと。

学生時代の研究室から、一葉のハガキが届いた。かつて、自業自得&怨恨中退した研究室。そこでお世話になった教授が定年退官するらしく、祝賀パーティーの案内ハガキだった。

 

会場は京都の高級ホテルの、なんとかの間。通常の飲み会なら4回はできる、バカ高い会費。貴重な土曜日。昼間は著名な先生方のありがたいご講演、夜はご歓談の、一日化学漬けフルコース。

 

今、化学とは1μmも縁のない仕事をしている私は、あの金も時間も女っ気もなかった、苦しくも苦しい研究室時代を思い出し、笑顔で欠席に丸をつけた。

  • まさかの寄付のお誘い。最初はゼロ回答したけれど。
  • 研究室で教授にお世話になった就活の想い出。
  • そしてタイ旅行へ。女神に出会い、全てが吹っ切れた。
  • おわりに。寄付金ゼロ口(くち)で後悔しているたった一つのこと。
続きを読む

工学部は究極の負け組。それでも理系を選ぶあなたへ。

※この文章には、偏見と妄想、僻みと自虐が多分に含まれますが、生温かい目で読んで頂けると幸いです。

はっきり言おう。工学部は究極の負け組だ。

大学受験のときも、大学生活でも、社会に出てからも。

  • 大学受験のとき。
  • 大学に入ってから。
  • 就職してから。
  • おわりに。それでも工学部を目指す方々へ。

 

続きを読む

近鉄特急で、女子アナの卵のリクルートスーツ姿のJDと、本来出会わないのに出会ってしまった話。

センター試験2日目の朝。

束の間の独身生活最後の夜、カプセルホテルで隣人のイビキと咳がうるさ過ぎて眠れなかった、爽やかな朝。

私は魔都・難波を出発し、近鉄アーバンライナーで桑名に向かった。
一週間帰省していた嫁さんと息子を、迎えに行くためだ。
そんな朝に、あんな試練が待っていようとは。
 
 
アーバンライナーの二人掛け指定席でウトウトしていると、隣の席に、リクルートスーツ姿の女性が座ってきた。
チラ見した限り、おそらく面接に向かうJDだろう。しかもかなり可愛いっぽい。さらにいい匂いまでする。
 
 
三度の飯よりリクルートスーツ姿のJDが好きな私は、一瞬で眠気が吹き飛んだ。
思わず左腕のウェアラブル端末を確認した。
脈拍が20上がり、100になっていた。


リクルートスーツが好きだ。新社会人の皆さん頑張って下さい。

出張が無事終わった月曜日。東京駅でビールを飲みながら、新幹線を待っていた。

ふと周りを見渡すと、やけに、リクルートスーツの女性が多い。

正確には、男性も多いのだが、リクルートスーツ(を着た女性)が大好きな私は、残念ながら女性にしか目がいかない。

そうか、彼女たちは、新社会人だな。もう、そんな季節か。。

 

f:id:elep-peace:20180405022241j:plain

【女性】安いスーツの人気ブランドランキング! | レディースMe

続きを読む

転職して5年たった。転職してよかったこと、悪かったことを3つずつ。Connecting the dots.

 

「転職はつらいぞ」5年前、私が前職を去るとき、先輩にかけてもらった言葉だ。その言葉の意味は、転職してから骨身に染みるほど感じてきた。転職は、する前も、してからも、大変だ。しかし辛いことばかりではない。この記事では、個人的な経験から、転職してよかったこと、そうでなかったことを、いくつかピックアップしてみたいと思う。

続きを読む

【風立ちぬ】未熟な設計者に刺さるカプローニのドSな名言4選。

休日出勤で疲れた夜。ジブリの「風立ちぬ」を、家でぼーっと見てました。

私もなんだかんだで、設計者の端くれ。堀越二郎氏のような天才設計者でもないし、作ってるものも、飛行機ではない。でも映画での名言は心に刺さります。

とりわけ、カプローニ氏の言葉は、未熟な設計者の心を容赦なくえぐる。いくつか挙げてみました。

続きを読む

リクルーターとは学生を見る人ではなく、学生から面接される人だった。人事のソルジャー29人がくれた8つの熱い質問と、ラストサムライ。

だまされリクルーター初体験。
優秀なソルジャー29人から、怒涛の質問責めに遭いました。

たった1人のラストサムライを除いて…

 

続きを読む

理系、工学部はやめておけ。エンジニアは大変だ。それでも今役に立っている、たった1つのこと。ver4.1

理系は安定している。手に職がつく。なにより日本は世界に誇る技術立国だ。これからの日本の将来を担う、革新的新技術を開発し日本の発展に貢献し、大きな富を得たい。

そう考えて、工学部、エンジニアを志す諸君は多いことだろう。

かつて、私もそうだった。しかし、率直に言おう。やめたほうがよい。

続きを読む