ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言ブログ。

小学校のプチ同窓会は、胸キュン朝帰り事案だった。

スポンサードリンク

年末は同窓会の季節。巷では同窓会なんて行きたくないという声も多い。分かる気もする。しかし今だけは違う。なぜなら、今回のプチ同窓会は、胸キュン朝帰り事案だったのだから。

 

小学校時代の仲良し組。

私の初恋の女性(既婚)。

その子の親友で、生まれて初めてバレンタインチョコレートをくれて両思いになった山本美月(独身)。

あと、シラフでもテンションが高すぎる親友の劇団座長(独身)。

この奇跡の4人に、今回は特別ゲストで、東大で博士号を取得した秀才(童貞)を交えた5人で、第3回プチ同窓会は開催された。

 

 

年末休みのこの日のために、私は周到な準備を重ねた。

体調不良気味の嫁さんに、何もしなくてもいいからと伝え、朝からありとあらゆる家事育児をこなす。ご飯作り。家中を大掃除。息子と公園へ男旅。高い高い10回を10セット。パンパンになった両腕で、IKEAの机作り。

同窓会に行くと言うと、いいなあ私も外に飲みに行きたいとこぼす嫁さん。ごめんよ、年明けの誕生日には焼肉を振る舞う、さらに4月には沖縄リゾートに行こう、それで今回は勘弁してねと、大盤振る舞いで約束。

 

あまりに露骨な態度で、嫁さんには怪しいと勘づかれてるだろう。第一、この馬鹿は肝心なことを忘れている。女性は加点方式ではなく、減点方式の生き物であることを。いくらポイントを稼いでも、たった一つの減点を決して忘れず、事あるごとにチクチク攻撃されることを。

世の中の女性の皆様、男が急に優しく気前が良くなり、ソワソワ胸キュンしてても、どうかその怒れる拳をぐっと堪え、文句はTwitterでこっそりぶちまけておくれやす。

 

決戦の舞台は、地元の田舎。会は序盤から大盛りあがり。座長が持参した卒アルで懐かしトークが止まらない。というか、座長と童貞が女性陣を置いてきぼりにして飛ばしすぎ。しょうがないので私は嬉々として女性二人の対応にあたる。初恋の人、両思いだった人に挟まれ、両手に花とはまさにこのこと。加速度的にハイボールが進む。今更ながらスノーで自撮り加工して楽しむ。完全にキャバクラのノリだ。嫁さんにバレたらただでは済まない。でも胸キュンが止まらない。

 

ふと、終電が気になる。田舎なので終電が早すぎるのだ。しかしこのまま一人中座し、座長と童貞に彼女たちを任せるのは、あまりに忍びない。俺は悪くない。悪いのは終電だ。喋りすぎる座長だ。飲みすぎる童貞だ。もはや何杯めか分からないハイボールを流し込み、私は心を決めた。よし、終電は諦めた。今日は実家に泊まろう。

実家と嫁さんに連絡。うっかり終電を逃してしまいました、誠に申し訳ございません。返ってきたのは、オッケーだよカッコ棒という無機質な二つ返事。後ろでぐずっている息子の声。一瞬酔いが吹き飛ぶが、そこは侍魂プロ魂、笑顔で会に戻る。そこでは女性陣と座長童貞との大自撮り大会が行われていた。俺も混ぜろと乱入し、最後は5人で記念写真。スマホとスノーを開発した方々に、心から感謝を申し上げたい。

 

このままカラオケに、あるいは、、と言っても、このど田舎にはそんな店はない。

夜12時を回った頃、私たち5人は歩き始めた。今はもうなくなってしまった母校に向かうためだ。静寂に包まれた、真っ暗なグラウンドの跡地。校舎は綺麗に無くなっていた。しかしメタセコイアの大木だけは、当時のまま残っていた。みんな、おかえり。そう言ってくれてるようだった。

f:id:elep-peace:20191231072334j:image

校舎が無くなっても、この木同様、僕たちの想い出は、色褪せないんだね。思わずそんな気持ち悪い言葉を囁きたくなった。山本美月と初恋の彼女のどちらか、いや両方に。横でチョッカイをかけてくる座長と童貞がいなければ、私は迷惑防止条例でしょっ引かれてたかもしれない。

 

再会を誓い合い、私達は別れた。束の間の、夢のようなひと時だった。

座長に送ってもらい、こっそり実家に忍び込み、ソファーに横たわる。LINEで送られてくる、楽しそうなスノーの変顔写真たち。12杯のハイボールを飲んでも、私の頭はクリアだった。少しの余韻に浸りつつ、私の頭は超高速で回転し始めた。明日の始発は何時かな。気づけば財布はすっからかんだけど、ウチに帰れるかな。嫁さん子供は、大丈夫かな。

 

ほとんど眠れないまま、ガラガラの始発に飛び乗った。

そして朝6時半。まだ薄暗い家の前に、私は立っている。気配を消して、足音立てずに侵入するんだ。

 

ガチャ。扉の音で、敏感な嫁さんは起きた。全然大丈夫だよと寝ぼけながら言う。横ではチビが大の字で寝ている。何はともあれ、無事でよかった。昨日のスノーでの狼藉は、LINEグループのアルバムに避難させよう。バレたらその場で鞭打ち刑に処せられる。奇しくもこの日の芸能ニュースは、タピオカ騒動の芸能人おしどり夫婦の離婚で持ちきりだった。

胸キュンは、心に秘めてこそ、胸キュンなのだ。

 

そろそろ眠くなったきた。スリリングな大晦日。今年最後のブログを馬鹿めの記事で終われてよかった。

皆様今年もありがとうございました。来年も宜しくお願いします。

スポンサードリンク