ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

地中海クルーズに行きたい。たとえ骨になろうとも。

スポンサードリンク

今すぐにでもやりたいけど、定年後、叶えたい夢がある。

その一つが、地中海クルーズだ。

先日Youtubeを見てたら、その広告が出てきて、思わず見入ってしまった。

イタリアのヴェネツィアを出発し、ギリシャ、クロアチア(セルビア?)を、豪華クルーズで周遊するプラン。

エーゲ海、アドリア海の青。ギリシャの青、空の青に、ヨーロッパの街並み。

最高だ。最高すぎる。

f:id:elep-peace:20210121234846j:plain
【ギリシャ】デルフィへ行くおすすめ格安ツアー・人気プランを比較して紹介! - おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

 

地中海クルーズ。そもそも子供の頃は、アタック25を制覇した勇者だけが行ける、非現実的なものだと思っていた。

でも改めて調べてみたら、一人あたり50万円ほど。夫婦なら100万。

たしかに豪遊だ。でも不可能ではない。

 

さっさと稼いで、とっとと仕事を辞めて、さくっと子供達を一人前にして、必ず行こう。

その頃には、さすがのコロナも収まってるだろうしね。

そう嫁さんと盛り上がっていた。

 

しかし次の瞬間、襲いかかる現実。

定年が60歳とすると、あと20年は働かないといけない。

20年後でも、息子は23歳と20歳で、まだ学生。一番金がかかる時期。しかも家のローンを返済し終えるのは73歳。貯金も資産もない。年金は当てにできない。

 

ああ、地中海クルーズに行く金なんて、どこにもないぞ。再雇用、再々雇用、そして終身雇用という名の無期懲役。命を賭けて、稼ぐしかない。地中海クルーズに行く前に、私の寿命は尽きるだろう。

しかし、それでもいい。私の生命保険を軍資金に、嫁さんに行ってもらおう。文字通り最期のプレゼント。嫁さん的にもむしろそっちのほうがいいだろう。私の望みはただ一つ。私の遺骨を一握り、アドリア海に撒いて欲しい。環境保護の観点でグレタさんに怒られない程度に、ほんの少しだけでも。それだけだ。

 

否。絶対行きたい。むしろ自分だけでも行きたい。諦めなければ、夢は叶う。60歳で、地中海クルーズに行くぞ。そのために働かんとな。何より健康第一、無病息災で頑張ります。20年後の夢のためなら、どんなクソみたいな仕事でも耐えられる。そうやって今週も頑張った。週末少し休み、また来週から、地中海クルーズに向かって頑張るのだ。