ページ コンテンツ

ぞうブロ

好きなこと、思ったことを、好きな時に書きます。要するにチラシの裏の日記です。

明石市長の暴言騒動に思う。炎上高校生との共通点。弱者の皮を被った強者たち。

スポンサードリンク

明石市長の部下への暴言の音声が公になり、市長が陳謝しました。
ニュースの見出しをちらっと見る限りだと、
「火をつけて捕まってこい」「辞職しても許さん」「家売って金を出せ」などの、
びっくりするような暴言のオンパレード。
このご時世、これはアウトだ。また新しい炎上ネタか。
最初は、そう思いました。
 
しかし、市長と市職員とのやり取りの全文を読んでみて、私の印象は180°変わりました。

dot.asahi.com

 

 

まず、暴言は絶対にいけない。パワハラもこのご時世絶対ダメだ。
それは当たり前だ。まして公的な権力者である市長だ。
辞職してもおかしくないくらいの問題だ。
だけど、それだけで終わらせていいのだろうか。
 
このやり取りを全文読むと、たしかに口は超絶悪いけど、
市民のことをキチンと考えて、しっかり仕事をしてる、熱い市長さんじゃないですか。
 
叱責した部下に対しても、言い方はメチャクチャだけど、その場で解雇を言い渡したわけでもなく、今からでもこうやって説得しろとか指示を出したり、、お前らでダメなら俺が土下座しに行ってやるとか言ってたり。
 
実際この市長になり、明石市はとても良くなったそうですね。
 
 
むしろ、市民の安全に関わる大切な仕事を、7年間も放置してた職員の方が大問題だと思う。
無責任。責任転嫁。たらい回し。無気力。
まさに一般的なダメ公務員のイメージの典型じゃないですか。
 
実際の録音も聴いたし、何回も全文を読んだけど、そりゃあれくらい言われても仕方ないことをやってるな、という印象しかないです。
 
この市職員は、担当も幹部も、やる気のないような言い訳ばかりだったし。
まあそりゃ、市長が怒るのも当然だよなあ。
というか、わざと怒らせてるとしか思えない。
 
こんな内情がリークされてしまい、何より、
まじめに仕事をして市民のために頑張っている他の明石市職員が、
哀想でなりません。
 
 
担当の仕事を7年もほったらかしにしてて、結果そのせいで全体の仕事をストップさせてしまってたら、
民間ならクビになってもおかしくないレベルだと思うけど。
自分の感覚がおかしいのかな?
 
 
 
国立競技場の工事で、完成間近、締切間近だというのに、実は担当不在で、あるいはサボってて、トイレだけ全然手付かずで、図面すらない状態だったら。
 
カーメーカーでの新規車両の開発の仕事で、ある部品の担当者が仕事を放置してて、全3万点の部品のうちそいつの部品だけ全くできてなくて、新規車両全体の開発日程、量産化の日程が遅れたら。
 
想像するだけで恐ろしい。
なぜやってなかった?と聞かれ、いや、だって担当がコロコロ変わったし、、などと火に油を注ぐ言い訳を並べる、そんな強靭なメンタルは、私にはありません。
 

f:id:elep-peace:20190131014233j:plain

【酷すぎる!】ドラえもんの暴言・畜生発言まとめ - YouTube

※画像は本件と特に関係ありません。いえ、あります。

 

 

しかも今回タチが悪いのは、そういう自分の至らなさを棚に上げ、
叱られてる音声をコソコソ録音し、マスコミにリークしてること。
 
一体何の目的で、市職員?第三者?は、
これを録音し、メディアに公開したのだろう。
そこがとても気持ち悪いです。
  
豊田真由子元議員みたいに、この市長のパワハラ暴言が日常茶飯事で、決死の告発だったのか。
「超優秀だけど気性が激しい上司vs仕事ができない部下」という構図は同じ。でもちょっと違う気がする。
 
せいぜい、叱られた腹いせに市長を煽ってキレさせて嵌めてやろうとしたんでしょう。
それに、市長を落選させたい第三者と、炎上ネタが欲しいマスコミが便乗した、というのが真意な気がする。
 
あるいは、教師を挑発し殴らせツイッターで拡散して炎上してた馬鹿高校生に、本質は近いのかもしれない。
彼は単に頭が悪い無礼で未熟なクソガキで、高校を退学してこれから社会勉強していけばいいだけです。
だけどこのケースは、第三者やマスコミが介在してるであろう分、よりタチが悪いです。
まさに弱者の皮を被った強者です。
  
実際のところ、本当の意図は分かりません。
ただ、結果として個人的に感じたことは、
あーあ、まだこんないい加減な市役所の職員がいるんだな、、」
ということだけでした。
こいつらのせいで、一体どれほど仕事がストップしたのか。
真面目にやってる同僚や取引先、協力会社、市民に、どれだけ迷惑かけてるのか。
 
そこに目をつぶり、叱られた言葉尻をコソコソ録音し、
「ママー、アイツがいじめるんだひどいよぅ!」と、
もう一つの権力であるマスコミにチクる。
そこに、言いようのない気持ち悪さを、感じてしまいました。
 
 
今回、市長は、暴言だけでなく、顔、名前を、全国に晒されました。
市長は暴言を陳謝しましたが、次の選挙では落選するかもしれません。
自分の暴言のせいで。
あるいはこの職員が止めた仕事の遅滞のせいで。
でも、それが権力者たる市長の責任の取り方の一つです。
市長って大変な仕事なんだなと、つくづく思う。
 
一方、7年間仕事を放置してた担当の市職員。その上司の市職員。
そしてマスコミにリークした人たちには、おそらく何も懲戒処分されないんでしょうね。
自称弱者による、強者イジメにすら思えてしまうのは、ひねくれすぎでしょうか。 
 
 
明石市長さん。暴言やパワハラは絶対ダメだ。
だけどあなたの言ってることは、全く間違っていない。
猛省しつつ、できれば再選し、今後もしっかり明石市のために職務を果たしてほしいです。
 
そして仕事を放置してた市職員さん。
叱責を隠し撮りし、メディアにタレ込んでる暇があったら
言い訳や逃げばかりせず、周りに迷惑かけないよう、
少しは責任感を持って仕事をしてほしいです。偉そうなこと言えんけど。
 
モヤモヤしたので、書いてしまいました。
どっちの立場だとしても、自分に当てはめると、色々考えさせられる事案でした。

2.1追記
泉市長、辞意を表明しましたね。
残念ですけど、今回の騒動の責任を取り、市政の停滞を防ぐための、潔い決断だと思います。
個人的には、もう一度、チャンスをあげて欲しい。

次の明石市長選で明石市民がどういう審判を下すのか。
秘かに注目しておこうと思います。 

スポンサードリンク