ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

ブログをほぼ毎日更新するのに必要なこと

スポンサードリンク

朝活が過ぎて夜中に目覚めてしまうようになりました。眠れないので今日の記事を書いておきます。

 

12月になり、コロナのせいで毎年恒例の忘年会や行事がなくなったので、突然

「ほぼ毎日更新!とにかく書く!文字数やクオリティは気にしない!」

と一人勝手に宣言し、実際2週間続けてみました。

 

家でパソコンを触る時間が無くなってしまったので、いつも通勤時間だけで書いてます。ツールはスマホ。画面にヒビが入ったiPhone6s。ブログを書けるのは、片道あたり電車の15分とバスの10分。 

 

チャリを漕ぎながら駅に行くまでに本日のテーマを決め、行きでとにかくバーッと書き、帰りに修正チェックし、投稿。所要時間は大体30分弱。

クオリティはともかく、意外と書けるもんやな。習慣化ってすごいな。集中力って大事だな。コロナのせいで、他に楽しみがないのもあるけど。

 

尊敬するブロガーのフミコフミオさんがよく、記事の最後に(所要時間○○分)と書いてて、

こんな高クオリティの記事、こんな短時間で書けないよ!やっぱりこの方は天才だ、俺みたいなアホとは違うんだ!

なんて思ってましたが、フミコフミオさんもこんな感じで書いてるのかなと、少しだけその境地を分かった気に、勝手になりました。

クオリティがそもそも違うし、比較するのも失礼ですけどね。

 

逆に今までなんで書けなかったんだろう。

今まではパソコンの前に座り、さあ書くぞと意気込むもなかなか進まず、ひと記事何時間もかかることはざらでした。時間は今よりもあったというのに。

 

アウトプットができないと、頭の中にどんどん書きたいことだけがたまっていき、例えは悪いけど便秘状態で、とてもモヤモヤイライラしてしまう。

ストレス発散のためネットサーフィンに逃げ、挙句、誰も読まない、ジャンルもよく分からん、ただ長いだけの駄文が産まれ続けてました。

 

難しいこと、カッコつけたことを、書こうとしすぎてたのかな。画像やフォーマットに拘りすぎてたのかな。ジャンルやターゲットの絞り込みができてないからかな。ウケを狙ってスベってたのかな。文章が下手なのかな。純粋につまらんのかな。おっさんだからかな。おそらく全部。

 

それらも確かに大切だけど、とにかく何でもいいから書く。反響は気にしない。自分のために書く。そして頻度の目標を決め、たとえ一行でも、とにかく更新する。巧遅拙速。

あとは継続。まずは3日。大切なのは、1日2日書けずにルールを破ってしまっても気にしないこと。ブログが止まってしまうのは、自分が勝手に作ったルールを守れずに、自分が勝手に落ち込んでしまい、やる気がなくなるとき。

誰も困らないのだから、気楽にやればいい。

ブログは更新してなんぼなんだな。そう思いました。

 

一番感じたのは、時間をかけても書かなくても、記事のクオリティは9割がた変わらないこと。もちろん、調べ物が必要な、ちゃんとした記事はそうはいかない。あくまで私みたいな単なる日記の場合の話だけど。

なら、さっさと書いた方がいい。そう開き直りました。なので、今後もできる限り毎日、更新したいと思ってます。土日は通勤時間がないので更新できないかもしれませんが。はい言い訳。

 

たった2週間クソ日記をほぼ毎日更新しただけで、ドヤ顔でブログ論を語り出す人間の屑。一寸の屑にも五分のブロガー魂。懲りずに頑張っていきたいと思います。

読んでくれてありがとうございます。今後ともご愛顧のほど宜しく申し上げマッスル。