ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

脳みそアップデートと昭和の根性論で今日を生き抜く。

スポンサードリンク

最近、寝不足がたたり、体調がよろしくない。

ちくしょう、時間が足りない。

というより、自分の脳みそのスペックが足りない。

f:id:elep-peace:20210310180152j:image

https://www.google.co.jp/amp/s/www.lifehacker.jp/amp/2014/06/140608brain.html

 

 

すぐフリーズするし、すぐ電池切れるし、すぐ発熱する。まさに老パソコン。

元々スペックが低い上に、経年劣化、さらには長きにわたる自堕落な生活で、さらに錆びついてしまった。

でも嘆いても仕方ない。自分の脳みそは一つしかない。部品交換もアンインストールも不可能。神様から与えられたonly my brainのOSをclean upしupdateし続けないといけないのdeath。

 

いやそんなカッコいい横文字じゃなく、気合と根性で心身を鍛錬し、性根を叩き直す。たとえ発熱しようが、固まろうが、気持ちが切れようが。それが努力し生きるということだ。五体満足の大の男がグチグチ泣き言を言ってんじゃねぇ。気合だ気合だ気合だぁ!

f:id:elep-peace:20210310193003j:image

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/syuoota/entry-12347393869.html

 

ああ、昭和の香り全開だ。汗臭すぎる。熱苦しすぎる。このご時世、こんなこと人様には言えない。でも阿呆な自分自身にはそれくらい言わないと響かない。昭和の根性論も、人から言われるのは嫌いだけど、嫌いじゃない。

 

なぜこんな強い言葉を、弱ってる自分に刺すのか。

それは、大人になり、社会で揉まれ続ける中で、良くも悪くも、自分自身で脳みそをアップデートしてきたからだ。

言葉を自分に都合よく変換する。言葉の意味を弱める。そして一切の言葉をシャットアウトする。そんなプログラム達を、脳内にインストールしてきたのだ。

 

そのせいで、元々足りない脳の容量がさらに喰われてるともいえる。でもこれらは、ボンクラの私が世知辛い世の中を生き抜くのに必要不可欠な逃げ場所だ。

言うなら、アソビ、潤滑油だ。アソビがないと車は急停止し事故になる。潤滑油がないと、エンジンは焼き付き壊れる。この例えいらんかったですね。

要するに、無いと鬱になってしまう。自分自身を守るために、今更無くせない。

 

だましだまし、自分を鼓舞する。

それくらいの感覚で、後ろも前もみず、遠くも見ず、足元少し前だけ見て、まず今日一日を乗り切りたいと思う。

前を見るのは、もう少し元気があるときにしたい。

今日もなんとか会社に来れた。そして仕事をこなせた。それだけで自分を褒めてやりたい。自分に甘くてすいません。今日だけだから。明日本気出すから。