ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言。

肝臓腎臓膝腰歯をやられ、命を懸けたダイエット。はらぺこあおむし、ピンチはチャンス。

スポンサードリンク

39歳になり、どういうわけか、良くないことばかり起こる。

 

嫁さんが、車をジジイにぶつけられた。

土地屋の担当がボンクラで、越境した土地を買わされそうになった。

歯医者では虫歯を根元からぶち抜かれ、まさかの「欠損」。

ぎっくり腰を発症し、5分も立っていられなくなり、整体通いを始めた。

その矢先、風邪の息子の鼻水を吸って飲み込み、気管支炎を発症。

久々に参加したフットサルでは、肉離れで全治一ヶ月。

 

時代が令和に変わっても、不幸は加速していく。

 

 

健康診断では、初めて「E判定(一刻も早く病院に行け)」を頂いた。

肝機能が異常値を観測したようだ。 

f:id:elep-peace:20190612000214j:plain

Google先生に聞くと、どうやら原因は酒というより、内臓脂肪らしい。

この一年で、体重が2kgほど増えたけど、そんなヤバくなってたとは。

 

暴飲暴食+運動不足+加齢=肝機能E判定

脂肪肝⇒肝機能低下⇒肝硬変

肝硬変?言葉は聞いたことあるけど。

そんな馬鹿に対して、wikipedia先輩は、衝撃の事実を告げた。

 

肝硬変は慢性肝疾患の終末像で不可逆的な病変であり、治癒は望めず、

その先に待っているものは、肝不全に引き続いてのである。

肝硬変 - Wikipedia

 

死。

健康診断で死を意識させられたのは初めてだ。

 

これから逃れる方法はたった1つ。内臓脂肪を撲滅すること。

健康的なダイエット、すなわち、有酸素運動と食事制限だ。

 

サボっていたジョギングを再開。食事も制限し始めた。いい流れだ。

そして1週間が経ち、久々に迎えた、フットサルの大会。

 

肉離れから3ヶ月。怪我だけは絶対しないと誓って臨んだ初戦。

そのワンプレー目で、見知らぬ素人の若造に、タックル紛いのスライディングを食らった。

とんでもないラフプレー。もちろん反則。

私は倒れ込んだ。立てるが走れない。その日は文字通り豚の置物と化した。

 

f:id:elep-peace:20190624225639j:plain

 

その夜から膝の痛みは悪化。

病院に行くと膝に溜まった血を大量に採られ、大病院への紹介状をゲット。

そこでの診断は、「右膝前十字靭帯損傷」だった。

手術が必要。入院は10日。松葉杖1ヶ月。全治半年の、大怪我だ。

 

スポーツ中とはいえ、ラフプレーで怪我させられた。

足を曲げられない。運動はもちろんできない。自転車に乗れない。風呂に入れない。

ようやく相手に連絡がとれたが、とぼけたり逆ギレしたりと、逃げる気満々。

絶対許さん。もはや金ではないが、保険屋弁護士を召喚し、戦いの始まりだ。

 

そんな思いで足を引きずりながら、改めて肝機能の診断に。

エコーには、真っ白な肝臓が映し出された。

下された結果は、やはり「脂肪肝」だった。

さらに、お医者様のエコーは、腎臓に映る石ころを映し出していた。

尿管結石の卵だ。

「痛いですよぉ~」と、お医者様はニヤニヤ笑って言った。 

 

そして言われた。

まずは、ダイエットして下さい。

1ヶ月で3kg、落としましょう。

一番効くのは、ジョギングとか筋トレの有酸素運動だけど、その足だとね、、笑

食べるものを、減らしましょう。

ビールと魚卵系は、石が大きくなるのでダメ。

あと油っこいものはダメ。甘いものもダメ。辛い物もダメ。

とにかく、水を飲んで下さい。できるだけたくさん。

 

ああ、なんということだ。

歯が抜けてぎっくり腰で、ようやく気管支炎と肉離れが治ったと思ったら、

前十字靭帯を損傷させられ、運動できなくなった挙句、

脂肪肝になったうえに、尿道結石の卵を患うなんて。

 

ついてないにもほどがある。これはきっと、厄年のフライングだ。

今までの不摂生が積もり積もって、一挙に私を殺しに来たんだ。

 

とにかく、ダイエットしないと、尿道結石で死ぬほど痛い思いをした挙句、肝硬変になって死ぬ。

しかし靭帯をやったせいで、「飲み食いした分は走ってカロリーを減らす」魔法が使えない。おまけに靭帯の手術入院が待っている。

 

さようなら、ラーメン。チャーハン。唐揚げ。カレー。焼きそば。かつ丼。ピザ。パスタ。ビール。明太子。カラムーチョ。果汁グミ。アイスクリーム。ビール。ビール。ビール…

だめだ、別れの言葉が追いつかない…

 

しかし、 メソメソしている暇はない。

ダイエットだ。何が何でも、身体を絞るんだ。

モテるためでも、カッコよくなるためでもない。ただ、生きるために。

 

 

とにかく、私は生まれ変わった。

くしくも、嫁さん息子は実家に帰って、束の間の独身生活。

居酒屋に行きたい。ジャンクフードを食べたい。

その気持ちを抑え、新弟子検査に臨む力士のように、水を、これでもかと、飲んで飲んで飲みまくる。

大好きだった米は、一切食べない。

夜は、毎日、水とキャベツ。

水、水、キャベツ、水、キャベツ。

f:id:elep-peace:20190624225747j:plain

 

ああ、腹が減る。俺は青虫じゃない。

ラーメンチャーハンピザかつ丼焼きそばをミキサーで混ぜ、そこにたっぷりビールを注ぎ、ひと思いに一気食いしたい。

 

ふと、いつも子供に読み聞かせる、絵本「はらぺこあおむし」を思いだした。

f:id:elep-peace:20190624230355j:plain

絵本のあおむしは、暴飲暴食で激しい腹痛に苦しめられるが、葉っぱを食べて改心し、デブ時代を乗り越え、最後、綺麗な蝶になる。

 

私はようやく気づいた。

そうだ、これはピンチじゃない。神様がくれた、生まれ変わるチャンスだ。

数か月の鍛錬を積み、今までの自堕落でマイナス思考のデブな自分とはサヨナラだ。

今年末に新居ができるので、それまでに良くないものは全部捨ててこいという、メッセージだ。

これだけ悪いことが続くということは、そのあとに、バラ色の未来が待っているはずだ。

 

よし頑張るぞ。ダイエットに成功し、肝臓腎臓膝腰歯を治して、超絶イケメンに生まれ変わる。

その先にはきっと、最大の幸運が待っているだろう。宝くじ当選したら、何しようかな。とりあえず死ぬほどラーメン食べたいな。

スポンサードリンク