ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

月曜日に負けない方法をゆるく6個書きました。

スポンサードリンク

日曜日の夜。明日の月曜日から、また憂鬱な一週間が始まる。仕事は山積み。めんどくさいことだらけ。考えるだけで気が滅入る。

そんな「げつようび」に負けないよう、自分が実践している月曜日の倒し方を、いくつか書いてみます。

 

諦めて、何も考えない。

泣いても笑っても、月曜日は来る。自然の摂理。どうやっても変えられない現実。自分の力でどうにもできないことは、考えても仕方ない。潔く諦めよう。

どうせ行かないといけないのなら、ポジティブに行きましょう。

寝る。

日曜の夜、いろいろ考えて眠れなくなると、黄信号です。夜中に考えることは、大体ロクなことがない。ブログも同じだけど。

とにかく、風呂に入って、布団に入り、スマホを消して、部屋を暗くして、目を閉じながら、癒し系BGMを聴きましょう。それでもだめなら、少しストレッチしましょう。水を一杯飲みましょう。本を読みましょう。

それでも眠れない人は、逆にずっと起きていましょう。そのうち寝ています。

朝起きて、布団から出る。

これが一番難しく、肝心なところです。どんなにしんどくても、眠くても、辛くても、死にたくても、とにかく布団から転がり出る。

出るのがしんどかったら、せめて布団を一枚めくる。足だけでも出してみる。

そうして布団から出たら、半分は月曜日を倒したも同然です。そして家を出たら、もう7割がた勝利。そして、電車、バス、車、チャリ。なんでもいいので飛び乗れば、もはや99%勝利です。

会社に着けば、勝ち。

途中、雨や渋滞などの、月曜日をさらにパワーアップさせる要素があるときもあるでしょう。たしかに萎える。それらに打ち勝ち、会社に着けば、これはもう、100%勝利を高らかに宣言して差し支えありません。

私は月曜日に打ち克ったんだ。この圧倒的事実だけで、もうポジティブになれますね。

もし万が一何かあったら、速攻早退すればいい。仕事なんて、誰かやってくれます。会社はそういう仕組みになってますので。眠ければ、会社で寝てばいいんです。

それらを実行できる猛者は、そもそも月曜日なんて恐れません。なので大丈夫です。

それでも辛ければ、休む。

それでもしんどくてたまらないときも、あるでしょう。人間だもの。しゃーない。

そんなときは、休みましょう。しんどそうな声で、申し訳なさそうに、上司に電話をするのです。電話もしんどければ、最悪メールでも構いません。無断欠勤じゃなければよいのです。

自分がいないと会社は回らないから。そんなことを心配する必要はありません。あなたがいなくても会社は回ります。なので心置きなく休みましょう。

ただし、休みの日、一つだけした方がいいこと。それは、太陽の光を浴びる事です。少しだけでもいい。気分が全然変わりますよ。昔引きこもってたときの体験です。

逃げずに立ち向かう。

そしたら翌日、火曜日が月曜日になる。それだけです。月曜日からは、永遠に逃げられません。

どうせ逃げられないのだから、向かっていきましょう。やられるとしても、戦ってやられましょう。そうすれば翌日は勝てます。

大丈夫です、戦時中みたいに、月月火水木金金なんてことはありません。金曜まで耐えれば、土日が待ってます。

土日出勤があっても、連続13日(だったと思う)勤務は違法なので、心おきなく休めばよいのです。

f:id:elep-peace:20210124231352j:plain

軍歌 月月火水木金金 歌詞&動画視聴 - 歌ネット (uta-net.com)

おわりに。

敵は月曜日ではありません。逃げたくなる自分の心なのです。

というわけで、月曜から気楽に、頑張っていきましょう!おやすみなさい。