ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言。

英語を教えてくれる外国人の彼女を作る方法。

スポンサードリンク

友人ディマリアが、昇級試験のため、苦手な英語の研修に行かされると嘆いていた。

昇級のためには、TOEICが600点必要だけど、彼の持ち点は半分の300点。

仕事はできる彼だが、英語は死ぬほど嫌いらしい。

そして外国人と話すとキョドるらしい。

 

なんとかして、楽しく英語を勉強する方法はないか。そんな相談を受けた。

 

夫婦喧嘩がこじれ、別居生活5日目に突入する私の悩み。

それに、全然ブログが書けない悩みも、聞いてほしい。

昇級なんかより、はるかに大ごとだ。

全て丸く収まるのなら、TOEICごとき、軽く990点を叩き出してやろう。

 

しかし、そんな恥はさすがに晒せず、黙ってディマリアの話を聞いていた。

 

今更英語なんてやる気にならないよ。まして家で勉強なんて、出来るわけない。

 

言い訳ばかりの彼に、私は提案した。

次のTOEICで目標点数をクリアしたら、5万円貰えるニンジン作戦はどうか。

もしくは、目標未達だと2万円取られるペナルティ作戦なら。

 

彼は自嘲気味に言った。どっちにしたって、俺にはできそうにないよ。

そして続けた。

せめて、海外に住めたら。そして、外国人の彼女ができたらなぁ。

 

それだ。脳裏に電流が流れた。

それだよ、ディマリア。外国人の彼女を、作ればいいんだ。

彼の目の奥がキラリと光ったのを、私は見逃さなかった。

でも、こんな男だらけの職場で、家と会社の往復しかない環境で、一体どうすれば。

戸惑う彼に、私は一喝した。

 

ディマリア、お前が今持ってるスマホは、何のためにあるんだ?

ネットニュースやパワプロのためだけじゃないぞ。

これは全世界と俺たちを繋ぐ、どこでもドアなんだ。

 

私はそのどこでもドアに手を伸ばし、あるアプリをダウンロードした。

かつて、少しお世話になったマッチングアプリ、ペアーズ(pairs)。

www.pairs.lv

 

ペアーズを選んだ理由は二つ。

使いやすさと、出会いやすさだ。

二つとも、かつての私の個人的感想と実績だ。

 

早速久々に、アプリをダウンロード。

以前の設定が、まだ残っていた。恐ろしい。

 

早速リサーチだ。

ペアーズは、マッチング後のメッセージやり取りは有料だが、見るだけ、マッチングするだけなら、男も無料だ。

条件を入力し、絞り込んでいく。

 

出身地を海外に。

パツキンのお姉様がいいらしく、なんとなく北米、ヨーロッパ、南米をチョイス。

しかし特別に、タイとフィリピンも追加。

年齢は40歳まで。職業スタイル婚姻歴は不問。

現住所は関西。

タバコは吸わない。

 

すると。

意外にもたくさんヒットする。優に100件以上。

お話しましょう。まずは食事から。

そんな出会いを求める外国人(帰国子女も)が、溢れている。

 

何ということだ。日常の隣に、こんなユートピアが広がっていたとは。

ロシア人。スペイン人。ポーランド人。タイ人。

私たちは時間も忘れ、必死に画面をスクロール。

スマホを叩き割らん勢いで、持てるだけのいいねを、バラまき続けた。

 

あっという間に、30分が経った。

有料会員になってしまえという悪魔とディマリアの声を、私は必死に押し殺した。

真面目な出会いを探している女性たちに失礼だし、リスクしかないからだ。 

ありがとう、女神たち。いいねを返してくださった優しい方たち、ごめんなさい。

 

よし。英語を勉強するぞ。

ディマリア、それに私は、気持ちを新たに、輝かしい未来への一歩を、今踏み出したのだ。

 

手取り足取り、優しく、英語やいろんなことを教えてくれる、パツキンのお姉様を募集します。

お礼はジャパニーズソウルフード、ス〇ローと餃〇の王将でいかがでしょう。

f:id:elep-peace:20190821225526j:plain

「トリバゴ」美女ナタリー・エモンズが明かす日本語での失敗 | 女性自身

 

さあ、現実に戻ろう。そして地道に頑張ろう。

ディマリアは、英語の勉強。

そして私は、家庭問題の修復。

どちらも出来るか、分からないけどね。

こんなクソ記事を書いてる場合じゃないですね。

スポンサードリンク