ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言。

池袋の上級国民ジジイ暴走事故と一連のデマ報道に思う。

スポンサードリンク

あまりにもネガティブな感情が止まらないので、書き記しておきます。

 

池袋の暴走事故は、あまりにも痛ましく酷かった。

87歳のジジイが時速100km近いスピードで暴走。青信号を渡っていた31歳の若いお母さんと3歳の娘さんを轢き殺し、8人にケガを負わせた。

もはや単なる交通事故じゃない。無差別テロ殺人だ。

 

犯人の87歳のジジイは、東大工学部を卒業した工学博士。通産省や工業技術院長を務めた後、農機大手のクボタに外部の副社長として天下り。2015年には国から瑞光重光章を受賞。wikiより。正真正銘のエリートだ。

 

そんな彼は事故後、謝罪どころか、あろうことか「アクセルが戻らなくなった」と言い訳をした。バリバリの工学者。少し前アメリカで、プリウスのブレーキペダルにフロアマットが引っかかって戻らなくなり死者が出た痛ましい事故を、覚えていないはずはない。このジジイが、とっさにその事故を思い出し、原因を自分でなくプリウスのせいにしようとしたのは明らかだ。

 

アクセルが戻らなくなったのは、このジジイがアクセルペダルを踏み続けていたから。それだけだ。足が不自由でも、パーキングブレーキを引き、シフトチェンジしてれば、少なくとも100km/hなんて出ない。そもそもガードレールにぶつかれば止まっていたじゃないか。それらを全てしなかった。そもそも足が不自由で運転のリスクを認識してたのに、運転をした。何の言い訳も通らない。

 

自分だけは特別だ、そんなエリートの驕りがあったのではないか。プライドが高く、自分の非を認められないのだろう。被害者は二の次で、自己保身に必死、今頃病院で、優秀な弁護士を躍起になって探していることだろう。

こんなクソジジイでも、他の交通死傷事故と違い、何故か容疑者として逮捕されず、「元院長」とか「さん」とか、謎の呼称で報道され続ける怪奇。

あの某中年アイドルグループの元「メンバー」を彷彿とさせる。

 

バックに強大な権力がついていると、同じ犯罪者でも扱いが異なるのか。「上級国民は逮捕されない」と揶揄されるのも当然だ。人間は平等なんかじゃない。理不尽こそこの世の常。日本の闇を感じてしまう。一番嫌悪感を覚えるやつだ。

 

このままだと、犯人のジジイだけでなく、家族ともども、社会的に抹殺されてしまうほどの、凄まじいバッシングぶりだ。

今更どうにもならないけど、まずは被害者に謝るべきだ。耄碌自己保身ジジイにそもはやその能力がないなら、可哀想だが、家族が謝罪するべきだ。

 

どんな経歴だろうが、偉かろうが何だろうが、未来ある若い人を2人も轢き殺した事実に変わりはない。

さっさと容疑者として逮捕し、罪を償わせるべきだ。余計な配慮をしてるとすれば、それは逆効果だ。

 

その後、亡くなった母親の夫の方が会見していた。よく勇気を出して会見されたと思う。立派な姿だった。

私が同じ立場だったら。絶対に犯人を許さない。死刑になってもいいから、あのクソジジイの家族全員を、同じ目に遭わせてやる。ジジイにはその何倍もの苦しみを味わわせてやる。復讐は何も生み出さないと頭で分かっていても、やらずにはいられないだろう。

 

でも、そんなことを思ってても、実際口に出すのは、固く止められるそうだ。なぜか。加害者への脅迫になり、自身に不利になると「脅迫される」からだ。法律は一体、誰を守っているのか。日本の法律は、加害者に優しく、被害者に厳しすぎる。

 

被害者はともかく、無関係の第三者による度を過ぎた私刑や嫌がらせは慎むべきだ。されているのを見ても、同情なんてしないけど。家族には同情するかもしれない。でもこのジジイには一欠片の同情もしない。

 

そしてもう一つ、犯人の息子に関するデマが拡散されたのも酷かった。

 

このジジイの息子と同姓の男性がクボタの役員にいて、彼がジジイの息子だという者。

私もいくつかSNSやまとめサイトを見たりしたが、あまりに低レベルなデマだった。こいつはあのジジイの息子だ、こんな会社の製品は絶対買いたくない。無関係な人の写真やプロフィールを載せ、そんな罵詈雑言が書かれていた。完璧に名誉棄損だ。クボタの製品を買わないって、そりゃ農家でもない限り農業機械なんて買わないだろうと笑ってしまったけど。

会社にも問い合わせやクレームが殺到したのだろう、公式にコメントを発表せざるを得なかった。

 

会社からのコメント発表後、私はもう一度まとめサイトを見てみた。内容はしれっと改変されていた。スクショを撮り晒してやればよかった。

こんなかんじで、デマを拡散するクソまとめサイト、山ほどあるんだろうなぁ。

そしてそんな低レベルな情報を無条件に信じ、面白がって拡散するSNSの人達も…

 

デマを拡散する阿呆と、デマを妄信する阿呆。どっちも阿呆だけど、とりあえず粗悪なクソデマサイトは壊滅して頂きたい。Google先生お願いします。

 

なぜこの事件にこれだけ怒っているか、その理由はもう一つある。

実は私の嫁さんも3か月前、クソジジイに車をぶつけられた。

相手ジジイのひどさ、そしてジジイの代理人の保険会社のひどさ。さらに法律の理不尽は、本当に許せない。

まだ示談or裁判のはざまで事態は進行中だけど、そのときの一連の経緯は、いずれこのブログに全て書かせて頂きます。

 

色々ぼろくそ書いてきたけど、いつ何時自分が、自分の親が、ジジイと同じ立場に転落するか分からない。明日は我が身。自分は車の運転を注意するんだけど、最近危なっかしくなってきた親の運転は、辞めさせるべきなのか。百姓で軽トラは欠かせない。どう話すべきなのか。

そして、青信号で渡っていても、こんな暴走車が突っ込んでくる可能性もある。青信号でも油断は一切できない。

色々考えさせられる事件でした。乱文失礼しました。

スポンサードリンク