ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

教えの中に答えはない。答えは教えの外にある。

スポンサードリンク

昇進試験の論文答案を、3人の上司、いわゆる「キラーマシントリオ」に、毎週見てもらっています。

週末、ない頭を捻り出して書き上げた答案が、キラーマシン達に無慈悲に血祭りにあげられていく。

そして、言われることがバラバラ。

たとえば、

 

キラーマシン(直属上司)

テーマの選定はいいけど、構成がダメ!

字をもっと丁寧に書け!

 

キラーマシン2(室長)

これは論文には書けないけど…

(以下、裏事情、世間話)

 

キラーマジンガ(部長)

構成はいいけど、テーマの選定がダメ!

字が読みやすいのはいいね!

 

うーんこの。

でも三人から共通して言われたのは、

 

「君が挙げた、会社の課題の解決に向け、君オリジナルの具体策が欲しい」ということ。

君が昇進したら、問題山積の現状を具体的にどう変えてくれるのか。

どうリーダーシップを発揮していくのか。

そしてどう会社に貢献するのか。

もっと深掘りして考えよ。そして答案で宣言せよ。

まさに選挙公約。あるいは踏み絵。 

 

仰る意味は、痛いほど分かる。でも、とても難しい。

今の自分の中には、答えは無い。

 

理想論なんて誰でも語れる。口だけなら何とでも言える。それをどう具体的に実行していくか。

そこが腕の見せ所であり、試験の合否ラインなんだろうな。そらそうだ。

言うは易し行うは難し。あたりまえ体操。

 

そんな中、いつもは論文に書けない面白話ばかりしてくれるキラーマシン2が、こんなことを言ってくれた。

 

「答えは、今の会社の中にはないよ。外にあると思うよ。」

 

その台詞、どこかで聞いたことが。

そうだ、FF10のキマリだ!

 

「教えの中に答えはない

答えは教えの外にある

教えの中と外を知れば 答えは見つかる」

f:id:elep-peace:20210421074321j:image

https://ff-theworld.club/?p=92

f:id:elep-peace:20210421074032j:image

https://www.aru-karu.com/entry/ff10-game-diary16

 

教えの中と外を知る。

仕事を頑張りつつ、視野を広げて勉強せよということですね。

 

そういや、FF10だと、教えの外の答えとして究極召喚獣の父親(とエボンジュ)を倒し、スピラに平和をもたらした代償として、主人公のティーダは消えてしまう。

 

昇進し、家族に給料をもたらした代償として、私も消えるのだろうか。

家庭内で空気化するのか、それとも過労死して物理的に消滅するのか。

 

もしかすると彼は、それを訴えたかったのかもしれない。あの切ない表情は、家庭内で自分の存在が消えている証左なのか。

 

ともあれ、この論文地獄の唯一の収穫は、普段あまり話さないキラーマシン2が実はキマリだと分かったことでした。

 

大阪にも緊急事態宣言が出る見込み。またかと言う感想しかない。一時保育がストップするのは痛いが仕方ない。それより僕の脳みその容量が逼迫してる。そっちの方が緊急事態。

GWは論文と子守、そして実家の田植えに捧げよう。欲を言えばピアノを少し練習できたら、言うことない。

 

この論文地獄を早く終わらせ、コロナと脳みその緊急事態が解けたら、旅に出よう。教えの外の世界を知るために。