ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

老害vs女害バトルを見て。害にならないためにすべきこと。

スポンサードリンク

失言王・森会長へのバッシングが苛烈だ。自他共に認める、正真正銘の立派な「老害」。

しかし、中止濃厚なオリンピックの責任を彼一人に全て背負わせるかのごとく、単に老害だと斬り捨てるのは、仮にも総理大臣にまでなったお方に対して、あまりに敬意を欠いていないか。

 

老人の価値観なんて、簡単に変わらない。正解は時代で変わる。森会長の言うことも一理ある。思ってるだけでいいのに、言ってはいけない場所で、言ってはいけない言葉を、ついつい言ってしまう。ただそれだけのこと。それが致命的なんだけど。

 

でも、それに対して、鬼の首を取ったかのように、安全地帯から無責任に騒ぐ人たちには、さすがにうんざりだ。特に、女性の代表ぶって、白いスーツの襟を立て、デモや批判を繰り返す、自称わきまえない女性達。

森会長が老害なら、彼女達はいわば女害だ。

勝手に女性の代表ヅラして、キャンキャン喚く。フェミニストという名の女尊男卑主義者。大多数の女性達にとっては、いい迷惑だろうなと思う。

多様性を認めろ。男女平等。女性を差別するな。

そう声高に叫ぶ女性に限って、男性とのデートで割り勘されたらブチ切れ、SNSには保育園落ちた日本死ね、旦那デスノートには慰謝料よこして旦那死ね、そう書きまくってるんだろうな。知らんけど。

 

そもそも、こんなどうでもいい目くそ鼻くそニュースに、ブツブツ突っ込んでる自分もだめだ。いわば男害だ。いや象害か。もしかしたら豚害かも。象にも豚にも失礼ですねごめんなさい。そもそもそこまで太ってないわ。

 

老害、若害、男害、女害。奇想天害ナイス害。

この世には、あらゆるカテゴリーの害が溢れている。

ここでいう害とは、同世代の大多数にとって、一緒だと見なされると恥ずかしい、迷惑な存在。

だけど害本人は、自分が害であることに気づかない。

自分が絶対的に正しいと思い込んでいる。それを他人に押し付け、周りにいやな思いをさせる。

 

気づかないうちに、自分も何かしらの害になってしまってないか。

人のふり見て我が振りなおせで、自身を省みる必要があると思いました。

少なくとも人の話を聞けば。相手の気持ちを1mmでも理解しようとすれば。

害にはならんと思います。知らんけど。

このブログが、益にならなくてもいいから、せめて害にならないよう。

この記事でギリ害かな。気を付けつつ、これからも駄文を垂れ流していきたいと思います。