ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言。

お宮参りのやり方で嫁実家とモメた。結婚生活、家の付き合いに必要な要素5つとは。

スポンサードリンク

先日、お宮参りのやり方が私実家と嫁実家で違う、どうしよう的な記事を書いた。

本記事はその続編である。

結果を言うと、やっぱり揉めてしまった。

 

 

事件前。

年明け。

休日出勤をこなした後、新年の挨拶ということで、岐阜の奥さんの実家に向かった。

背景などは、この記事をお読み頂ければ幸いです。

www.elep-peace.com

今回、私の実家の旧いやり方で、「お宮参り」をしようとしている。

嫁実家は、嫁両親+嫁(+私)だけで、近場(愛知)で、

ささっとお宮参りをしようとしていた。

当初は、私も、お宮参りが何なのか、恥ずかしながら、よく分かっていなかった。

 

でも自分の親に言うと、反発を受けた。

ウチでは、お宮参りは、重要な意味を持つ儀式のようだ。

メンバーは、私両親+私+嫁だ。

嫁両親は、来ていただけるなら大歓迎だが、メインではない、というスタンスだ。

 

なのになぜ、嫁さんの実家の近くで、わざわざやるのか。

私たち夫婦の家に近いところでやる(大阪)のが当たり前だろう。

大体お前は長男だぞ。

嫁さんの養子になったわけじゃない。

 

正直、どっちが正しいのかはもはやわからないし、もはやどうでもいい。

ただ一つ確実なのは、お互いの意見が真っ向から対立している ということだ。

 

また、家の問題か。

 

本家の長男の私は、自分の家のやり方で、やらないわけにはいかない。

弟も一足先に、同じようにやっているので、なおさらだ。

でないと、ウチでは非常識になってしまうのだ。

その結果、嫁の立場が、悪くなってしまう。

それだけは何としても避けないといけない。

 

なので、申し訳ないが、愛知のお宮参りを、キャンセルしてもらわないといけない。

それに、ウチの家紋の入った着物を、準備してもらわないといけない。

 

しかし、そんなことを言ったら、嫁実家が怒るのは、容易に予想できた。

「また、私たちに、お前たちの古いしきたりを押し付けるのか。

私たちは、自由にやりたいのに。」

結納事件を思い出し、気が重くなった。

 

嫁とも話したが、二人とも心配ごとは同じだ。憂鬱だ。

なんで本来めでたいはずの息子のお宮参りで、こんな気分になってしまうのか。

 

結局、私が意見をまとめて、矢面に立ち、

嫁両親に話すことになった。

嫁は、繊細な私とは違い、そういう根回しが苦手だ。

そして考え方も、当然と言えば当然だが、ウチではなく嫁実家寄りだ。

 

伝え方を間違うと、過去のトラウマを蘇らせてしまう。

なので、私は何日も、言葉や説明の仕方を考えた。

ただただ面倒くさいが、やらなければいけない。

着物を見るだけで悲しい気持ちになっていた。ごめんよう、息子。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お宮参り 男の子 着物 初着 産着 正絹 鷹 黒 男児 祝着
価格:15000円(税込、送料無料) (2018/1/24時点)


 

事件発生。

そして、その時がきた。

息子を囲み、機嫌よく、楽しんでいた。

皆が揃ったタイミングで、私は意を決して切り出した。

 

「お宮参りの件ですけど、、」

一瞬で、空気が変わったのが分かった。

 

私はめげず、丁寧に説明した。

今回は、愛知でのお宮参りをキャンセルしてもらい、申し訳ありません。

ウチのやり方はこうだと決まっていて、長男である私は、

どうしてもそのやり方で、しなくてはいけないんです。

でもそれを、無理強いするつもりはありません、

家紋入りの着物は、私達で準備します。

どうか、ご理解くださいと。

 

初めは黙って聞いていた嫁母は、みるみる不機嫌になっていく。 

そして私への攻撃、詰問が始まった。

どう考えても、敵意、怒りしか感じなかった。

 

私は怯まず、言葉を尽くした。

 

しかし、それは通じなかった。

理解しようとすら、してくれなかった。

お前らの常識を押し付けるなと、言わんばかりに。

 

もしよろしければ、ぜひ来てくださいとも言った。

しかし、

「大阪は遠いから行かない。」

そうはっきり言われた。

しょっちゅう海外旅行には行ってるのにも関わらず、だ。

 

嫁は2人姉妹の妹だが、嫁は親と気が合うらしいので、

嫁を跡取りと考えていたのだろう。

それを取られた上に、旧いやり方を押し付けられた。

そう思われたのだろう。

 

実際、嫁実家にも家紋入りの着物があるらしいが、

それは、嫁にではなく姉にやると、私たちの目の前で、はっきり言い放った。

家を継がせないという、宣告だった。

 

とにかく、尋常ではないほどの、激しく、冷たい態度、言葉だった。

まるで氷の上で正座し続けているようだった。

 

 

嫁は、黙っていた。

2人で作戦を決め、私が矢面に立つ役だった。

しかし、嫁も母の気持ちが、痛いほどわかるのだろう。

援護らしい援護は、なかった。

 

嫁父は、嫁母に「めんどくさいとか、そんなことを言うな」

と一言だけ言ってくれた。

でもあとは、傍観者だった。

最後にぽつりと言った。

「親の言いなりになってたら、一人前になれないよ」と。

言いなりじゃない。

いやでも家を背負わないといけない気持ちが、わかるのですか。

その言葉を飲み込んだ。 

 

私は一人、撃たれ続けていた。

仕事の打ち合わせよりも、何百倍も辛い時間が、終わった。

だめだ。誰も私の味方はいない。交渉は失敗だ。

 

間もなく、嫁実家を後にした。

見送りの代わりに、嫁母は雨戸を思い切りパシッ!と閉めた。

その音は、私の頭と心に、グサッと突き刺さった。

 

雨の中、私は車を走らせながら、自問自答した。

私が間違っていたのか。言い方を間違えたのか。

 

でも、なぜ、休日出勤した後で、

遠い遠いと言われた大阪から、はるばる岐阜の田舎まで来て、

新年の挨拶とお宮参りの話を、丁寧にしただけなのに、

こんな非礼な仕打ちを、されないといけないのか。

 

人間関係の構築に大切な3つの要素。

それは、相手への理解リスペクト、そして誠意だと思っていた。

それがあれば、たとえ違いがあっても、乗り越えられると信じていた。

しかしそれらの3つとも、そのときの嫁母からは感じられなかった。

代わりにあったのは、敵意、嫌味、憎悪だった。

 

これまでの経緯を考えれば、その気持ちも分かる。

それに、嫁の根回しが全くなかったのは、やはり失敗だった。

嫁の負担を低減しようとしたつもりだったが、裏目に出た。

しかし、少なくとも、嫁の旦那に取る言動では、なかったはずだ。

 

嫁母だけではない。

傍観するばかりで、嫁も嫁父も、誰一人として、味方どころか、

理解しようとすらしてくれなかった。

そのこともまた、私にはきつかった。

一体私は、何のために戦ったのだろう。

 

「いつも嫁さんの味方でいてあげて」

夫にとってそれは、嫁を姑問題から守る鉄則だ。

しかしそれには前提がある。

嫁が私の味方でいてくれるという条件での話だ。

でないと、私はただのピエロだ。

 

私の中の悪魔が、囁いてきた。

「ほら、結納のときもそうだったじゃん。

お前が歓迎されたことなんて、今まであったかい?

自分の親からも、最初反対されただろう?

お前の結婚は、失敗だったんだよ。

選ぶ相手と家を、間違えたんだ」

 

「そんなはずはない!」

もう一方の声は、その日は聞こえなかった。

 

大阪に着いた。

でも、私は、怒り、屈辱、そして情けなさで、眠れなかった。

スポンサードリンク

 

 

 

事件後。手紙を書いた。

数日経っても、仕事をしていても、私の心は、晴れなかった。

今までのように、ダメージを受けてないふりをして、低姿勢で愛想よく行こう。

今回ばかりは、いくら考えても、そうはできなかった。

 

嫁と話したが、私の怒りや情けなさは、収まらなかった。

正直言うと、2人で作戦を決めたのに、援護射撃してくれなかった嫁にも、腹が立っていたのだ。

生後間もない息子の育児で、産後鬱にもなりかけているのに、

面倒な話に巻き込まれ、大変やったとは思う。

それでも、一言くらい言ってくれよ、俺の立場がないやんと。

ついに私は、自分の想いを文章にして、嫁と両親に送ることを決めた。

 

これは、危険な賭けだ。

一歩間違うと火に油を注ぎ、修復不能な亀裂ができる。

丁寧に、リスペクトを持って、

しかしきちんと言いたいことを、仕事がクソ忙しい中、忌憚なく書いた。

2000文字位の手紙が出来上がった。

なかなかの力作だ。

ブログのネタがなくなったら、これをコピぺして記事化しよう。

そう思えるくらいだ。

 

その後。結婚生活、家の付き合いに必要な要素5つ。

 私はそれを嫁に送った。

嫁を通じて、両親にも読んでもらおうと思ったからだ。 

 

すると、嫁は言った。

私もモヤモヤしてたから、今日お母さんに言ったよ。

今までzohbeyが悩んでたこと。今回の件で、また傷ついたこと。

そしたらお母さんは、本当に悪かったと反省してたよ。

お宮参りの家紋付きの着物も、嫁が選ぼうとしてると、

「早く家紋がどんなのか聞きなさい、早く買わないと間に合わないよ」

と、茶々を入れて来るらしい。

 

嫁も、モヤモヤが晴れて少し上機嫌のようだった。

 

私は、苦笑いしかできなかった。

なんじゃそりゃ。

俺のモヤモヤした気持ちは、どうなると言うんだい。

何よりあの力作は、どうなるんだい。

 

しかし、実際のところは分からないが、

私が話してたことを、どうやら少しは理解してくれたみたいだ。

伝わっていたことに、少しだけホッとした。

まだ疑心暗鬼だけど。

 

ここは男らしく、スパッとしなければならない。

モヤモヤは、女を抱くわけにもいかないから、

酒でも飲んで、ぐっと堪えるんだ。

今更あの文章も、読んでもらわない方がいいだろう。

いつまでもネチネチ恨みつらみを言うのは、

慰安婦合意を反故にする、某韓の国の腐った態度と、同じじゃないか。

 

そもそも、パーフェクトな人間なんて、存在しない。

当然、パーフェクトな人間関係も、存在しない。

それでも良好な人間関係を築く要素はあると思う。

それは、相手へのリスペクト、思いやり、誠意。

そして、我慢と諦めである。

 そうでしょう、サブちゃん。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(EP)北島三郎/「がまん坂」「流転笠」 【中古】
価格:1814円(税込、送料別) (2018/1/24時点)


 

 

その後2。試練は続く。事件再発。

ここで終わってたら、綺麗な終わり方だった。

しかし、後日。

機嫌よく嫁と話していた時、ふと「お宮参り」に続く、

「お食い初め」の話をしたときだ。

 

今回は、ウチの実家も、細かいことは何も言ってこなかった。

しかし、嫁はウチの実家と関わることを、かたくなに拒んだ。

別にウチの実家で、やるわけじゃない。

この前の件で、私と嫁実家がぎくしゃくしてるのが、辛いからとのことだ。

お互いの家は入れたくない。3人だけでやりたいと。

 

そりゃそうだ。私だってそうだ。

でも、そういうわけには、いかないじゃないか。

「わがまま言うな。それに、この前の件と、一緒にするな」

私も思い出し、頭に来てしまった。

 

私はようやく悟った。

もはや、この問題は、やはり、私と嫁両親(と嫁も)が、

直接膝を突き合わせて話さないと、解決できない。

 

メールも見てもらった方がいいのかもしれない。

でも今回の件で、遺恨を残すわけにはいかない。

もう既にあるかもしれないけど、火は消さないといけない。

家のやり方や、親の考えの違いで、離婚しますとは、今更できるわけがない。

何より、息子が産まれたばかりなんだ。

 

その後、嫁は嫁親と話すと言い、電話を切った。

メールを見てもらったのかは、分からない。

すると、嫁母からメールが来た。

あの事件以来、初めてのコンタクトだ。

「この前は言いすぎました。全然気にせず、また遊びに来てくださいね」

 

言ってくれたんだな。

でも、気にするなと言われても、無理だった。

言わないといけないことは、はっきり言わないといけない。

なので私は、率直に、こう返してしまった。

「ありがとうございます。こちらこそすみません。

しかし、全然気にしないということは、今はまだできません。

頭を冷やす時間がほしいです。

今回の件で遺恨を残したくないので、冷静に前向きに率直に、話したいです。」

 

そのあと、嫁親から電話があったが、話せていない。

電話だと、誤解を招きかねない。

それに私はまだ少し、信じ切れていないし、恐れている。

 

男はつらい。ブログに感謝。

私のやり方は、間違っているのだろうか。

こんな「犬も食わない」ような問題は、友達や仕事仲間には話せない。

もちろん、親兄弟にもだ。恥になるからだ。

なので、一人自問自答しているが、自信がなくなってきた。

 

男なので、ブレるわけにはいかない。

媚び諂うわけにもいかないけど、みんなの立場を尊重しないといけない。

全体最適を考えないといけない。そのために矢面に立ち、批判も受ける。

正直辛い。

 

私は、感受性が豊かと言えば聞こえはいいが、要するに不器用で繊細なのだ。

知りたくない相手の気持ちまで、手に取るようにわかってしまうのだ。

これは本当に、いらない機能だ。

生きにくくて、仕方がない。

特に今回のような問題があると、そりゃもう大変だ。

 

そう思ってたら、私と同じようなことを、ブログで書いてくれている方がいた。

本当に、私の言いたいことを書いてくれていたので、少し救われた気になった。本当にありがとうございます。

 

four-centi.hateblo.jp

 

 

近々、また嫁実家に行き、きちんと話さないといけないだろう。

気が重い。でも、また矢面に立ち、やらなければならない。

 

男はつらい。矢面に立ち、責められ続け、

泣きたいときも泣けず、我慢の連続なのだから。

そんなん言ったら女性に激怒されそうだ。

お前いっぺん出産してみと。ごめんなさい。

 

というわけで、逝ってきます。

なんとかなるさ!リスペクト、思いやり、誠意、我慢、諦め!

我慢、諦め!我慢、諦め!我慢、諦め!我慢我慢我慢我慢我慢!!!

長々と暗い話を読んで下さり、ありがとうございます。

 

スポンサードリンク