ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

お疲れ出ませんように。祖母と友人が教えてくれた言葉。

スポンサードリンク

Twitterを眺めてたら、フォロワーの方が、祖母が亡くなったとツイートしていました。

自分もふと、大好きだった祖母が亡くなったときの事を思い出しました。

もう7年前になるのか。

久しぶりに、黒歴史満載のFacebookを開き、当時の投稿を引っ張ってきました。少し長いですが貼り付けます。

2014年1月18日

先日、祖母が亡くなりました。
休日出勤しようとしてたら緊急入院したとの連絡があり、急いで向かいましたが、私が病院に到着する20分前に、帰らぬ人となりました。

正月、久しぶりに帰ってきた妹を連れ挨拶に行ったときは、本当に楽しそうに喋って笑っていた。
その後、一週間少し前に、電話で少し話したのが、最期になりました。

 

本当に急すぎて、信じられなかった。

いつも周りに気を遣ってくれた祖母は、その前々からしんどかったのかもしれません。そんなそぶりは私には見せなかったけれど。

 

私は所謂外孫だったけど、末っ子娘の長男で、家が近いのもあり、子供の頃から、すごく可愛がってくれました。

大人になってからも、自分が辛いときも悲しいときも、うまくいかないときも、いつもと変わらず気にかけてくれ、優しく励ましてくれました。
長期連休くらいしか会えてなかったけど、そのときは涙ながらに喜んでくれました。

そんな祖母を突然失ってしまい、悲しくてたまりません。

 

病院についたときは、ただ呆然自失でした。

病院から和歌山の実家に帰ってきて、明け方一時間ほど仮眠したとき、夢に祖母がでてきました。
晴れの日、緑の芝生に置かれた木の机で、足の悪いはずの祖母が私の正面に座り、笑顔でなにか、私と話していました。

内容は忘れてしまったけど、目が覚めると、涙がこぼれてました。

 

その直後、式服を取りに大阪へ帰るため、一人車を走らせた瞬間、車内で涙が溢れてきました。
もうずっと、着替えたあとも、止まらなくなりました。
男なので人前では泣くまいと強く誓ってましたが、

親戚の家に戻ってきて、化粧してもらいまるで生前の姿のような祖母を見た瞬間、また涙がとまらなくなりました。
周りには親戚がたくさんいたけど、胸がいっぱいになった 。

 

子供の頃からのたくさんの思い出。
今までの数えきれないくらいの感謝。
もっと沢山会って話しときたかったという後悔。
そして、一番楽しみにしてくれてた、嫁さんや曾孫を見せられなかった悲しさと悔しさ。

それらが一斉にこみ上げて、自分でもびっくりするくらい、感情がとまらなかった。

通夜のときも、ひたすら悲しかった。

葬式のときは、もう一人の祖母が急に倒れるハプニングもあり(大事には至らなかったが)、腹の立つ親戚連中もいたり、仕事もあり、なかなか大変で、悲しみに浸る間もなかった。

会社からはたくさんの弔電をいただき、本当にありがたかった。
転職してよかったと初めて本当に思いました(笑)

昨日なんとか出勤したけど、帰ってきたのが夜中で気持ちが整理できてなくて、朝ラジオ体操しながら、自席でCADやりながら、涙がとまらなくて困った。何度トイレに駆け込んだことか、、いつもにもまして酷い顔やったやろうけど、どうしようもなかった。

今は少し落ち着いたけど、
こんなに汚れた自分にも、まだこんなに流れる涙が残っていたことが驚きでした。

そういう大切な感情を呼び起こしてくれた祖母に、
今まで数えきれないくらいの愛情を注いでくれた祖母に、
本当に心からありがとうを言いたいです。

小原田のばあちゃん、ありがとう。

 

 

こんな投稿に対して、沢山の温かい言葉を頂きました。本当に本当に、ありがたかったです。

中でも、それまであまり絡んでいなかった会社同僚の友人がくれたコメントが、凄く印象に残っています。

 

お疲れ出ませんように。
亡くなってからすぐに正面を向いて夢に出てきてくれることって珍しいそうです。
出てきたとしても後ろ姿が多いらしい…と言うのは私が父を亡くした時にお坊さんから言われた言葉です。

お祖母様は笑顔で夢に出ることで安心させたかったんじゃないでしょうか。

父の最期を看取れなかった私の夢に父が笑顔で出て来た時、少し安心したのを覚えています。
10年前の話です。

お祖母様のご冥福をお祈り申し上げます。

 

今読んでもグッときます。いつも淡々としてる彼に、そんな過去があったのかという驚きもありました。

 

お疲れ出ませんように。

控えめで優しい、いい言葉。

 

これ以降、身内に不幸があったという方には、私は必ず「お疲れ出ませんように」と言うようになりました。

 

7年経った今も、私は、車に、生前祖母にもらった人形?を飾ってます。

f:id:elep-peace:20210126183110j:image

これはヒヨコや。ボケ防止に作ったんやで。

そう笑っていた祖母の笑顔が、思い浮かびます。

当時はどう見てもひよこに見えなかったけど、今はひよこにしか見えないそのオブジェ。

祖母の唯一の形見となり、捨てるに捨てられなくなってしまい、いつしか我が家のお守りとなり、息子のチャイルドシートの上にいて、ひ孫を見守ってくれています。

 

ばあちゃん、俺にもようやく家族ができたよ。墓前で報告したけど、嫁さんは結局元サヤのあの子だよ。子供はとても可愛いよ。

ひ孫を見せたかったけど、きっと天国から、見てくれているよね。

そう、信じています。

あとは、実家の両親、弟、そして馬鹿な妹を、守ってあげて下さい。

あまり色々頼んだら、また気を遣わせてしまうよね。こっちで何とかするから安心して。

 

フォロワーの某さん。お母様ともども、お疲れ出ませんように。

おばあさまのご冥福をお祈りいたします。