ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

昇進試験を受けることにしました。

スポンサードリンク

今日は仕事納めでした。何も納まってないけど、既に脳みそは休みモードなので、納めたことにする。毎年恒例の話です。

 

今日、畜生上司に呼びだされました。君TOEICは500以上だったよね?なら、来年管理職試験を受けてみないか?

 

いえ、辞退させて頂きます。

数ヶ月前なら、0.2秒でそう断っていただろう。

 

残業休出代も付かず、責任と仕事量だけが増える。時給換算したら最低賃金並みだ。組合からも守ってもらえない、正真正銘会社の犬だ。

管理職なんてなるもんじゃない。出世なんてするもんじゃない。

昇進した先輩が、かつてそう嘆いていた。私もそう思っていた。その先輩みたいにも、畜生上司みたいにも、なりたくない。

 

とはいえ、年収は上がる。出世すると嫁さんが喜ぶ。小遣いも少し増える、かもしれない。

 

そんなことより何より、自分が管理職になることが、恐ろしくてしょうがない。

昇級した途端メンタルをやられた同僚マックス氏のこともある。上からのプレッシャー、下からの突き上げ、俺に耐えられるだろうか。

テレワーク用にパソコンを支給され、これで土日も夜中も仕事ができる、そう喜んでいたマッスル氏(マックス氏とは別人)みたいに俺はなれない。

農業機械のこと、機械、油圧、制御、設計、まだまだ何もわかってないのに。

こうして書いてるだけで、頭がウワァーってなる。失敗したら、できなければ、どうしよう。心臓がバクバクする。

 

同時に、脳内で悪魔が囁いてきた。

逃げるのは簡単だよ。楽だよ。いつでもできるよ。そんな人生でいいのかい?

そんな状況だからこそ、こんなご時世だからこそ、挑戦してみないかい?

どうせお前、クソブログとドラクエウォークくらいしかしてないだろう?

 

いつも元気をもらってるジョーブログさんの挑戦動画。この前トライアウトでタイムリーを打った48歳新庄剛志さんの姿。

お前はあの方々に、何を学んだんだい?

f:id:elep-peace:20201228180350j:image

https://youtu.be/flXLoXzVtyE

 

二人の子供は、お前の背中を見ているぞ。しんどいことから逃げ回り言い訳ばかり。そんな姿を見せるのか。

苦難にも負けずに正面から闘う、強くて優しくて頼もしい、そんな父親像を見せたい。子供から尊敬される親父でありたい。お前この前そう言ってたじゃないか。

 

一生平社員で、適当に仕事をしてても、楽しく暮らせる。むしろそっちの方が幸せかもしれない。

無理に出世なんてしなくていいよ。嫁さんはたしかにそう言ってた。

でも同時に、こうも言ってた。

出世して稼いでる男の人はカッコいいな。お金があれば、悩みなんて、なくなるのにな。新しいファミリーカーが欲しいな。コロナが落ち着いたら、オーストラリアに行きたいな。

 

男はプライドの生き物だ。そんなこと言われたら燃えてしまう。叶えてやるよその夢を。惚れ直させてやるぜ。モテてやるぜ。もう中年豚なんて言わせない。おだてられたら木にも登るのが豚なのさ。

 

畜生上司に言われた時、そんな感情が入り混じり、戸惑いよりも嬉しさが優った。

ああ、やっと言ってくれましたね。認めてくれてるんですね。

そんな私みたいなゴミ屑を買ってくれている畜生にも、恥をかかせられないよね。

 

私は答えた。

ありがとうございます。不安しかないですけど、逃げずに挑戦させていただきます。

 

上司は言った。

よし、その言葉が聞けてよかった。

だけど試験は大変だよ。試験だから結果も出る。だけどそれ以前に、この試験を、自分を振り返り、もう一皮成長させるチャンスだと捉えないか。

俺も当時は大変だったけど、後で振り返ったら、いい経験だったと思えるよ。

大丈夫、僕達は、君を崖から突き落とすことはしない。登り坂を後ろから少し押すだけだ。

とにかく課題を解きまくろう。その後の結果はどうにでもなれだ。

 

穏やかな笑みを浮かべ、眼鏡の奥を光らせ、キラーマシン上司は、そんなありがたいお言葉を授けてくれた。

 

よし、来年挑戦することが一つ増えた。昇進試験、やってやるぞ。

 

学歴なんて意味がないと、東大に入ってから言ってみたい。昔そんな予備校のCMがあった。

出世なんてするもんじゃない。管理職なんてやるもんじゃない。

出世して管理職になってから、そう言ってやる。

寒さと恐怖で心は震えてますが、今はそんな気持ちです。

たとえ爆死しても、無駄な挑戦なんて無いのだから。