ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言ブログ。

持つべきものは、酒と友。それに長澤まさみ。

スポンサードリンク

元旦の身内のいざこざに加え、仕事のストレス、しなくてもいい将来の余計な心配などで、ずっと胃痛と頭痛が取れなかった。

そんな中、今日は飲み友ディマリアとの、今年初めての恒例歩き飲み。

仕事をさっさと終わらせ、18時半過ぎから歩き始める。まずは最寄りのファミマでグリーンダヨを調達。人目を避けるように、一本奥に入った道で、静かに乾杯。

疲れが取れない。寒い。だから最初は、お互い口も重たい。

そんな中、私は耐えきれず、ネガティブな愚痴をこぼした。聞いてもらいたかったというよりは、口に出さないとストレスが破裂してしまいそうだったから。グリーンダヨの効果か、私は止まらず喋り続けた。ディマリアはいつも通り、適当に聞き流してくれた。

 

それは大変だ。家族の揉め事って、一番キツイっすね。それはそうと、僕の悩みを聞いてください。長澤まさみに会うにはどうすればいいですか。どうしても本物が見たいんです。とんでもなく綺麗なんでしょうね。顔とかピンポン玉くらいなんだろうな。

 

そりゃもう、YouTuberでしょ。ですよね。何載せようかな。人様、長澤まさみ様に見てもらえるに値するものが、果たして今の俺たちにあるのか。機械加工。製図。この飲み歩きの光景。遠いな。まさみへの道のりは、あまりにも遠く険しい。

 

コンビニは給水所代わり。グリーンダヨ、トリス、ジムビームハイボール。歩きながらひっかける安酒は格別だ。ウォーキングの心地よい疲労に、アルコールがいい具合に乗っかる。冬の風が気持ちいい。星空が綺麗だ。こんな豪邸に長澤まさみと住みたい。歩くと何かしら新発見があるものだ。話も弾む。気持ちがポジティブになっていくのが分かる。

 

今の俺たちには、しち面倒くさいことなんて、くそくらえだ。細かい話なんてどうでもいい。小難しい話も要らない。仕事、家庭、たいていの問題は、公差範囲内だ。人との違いなんて誤差だ。今最も大切なこと、それは、いかにして長澤まさみとデートするか。そうでしょ?

ああ、間違いない。まずは意識を高めないと。そのためにこれから我々は英語しか話してはいけない、OK?OK.Hello.This ハイボール is so delicious.

・・・。・・・。英語なんてくそくらえ、もっと日本に誇りを持とう。ゴーンが映像の世紀がサッカーがうんちゃらかんちゃら。ていうか、ここどこ?

f:id:elep-peace:20200109235422j:plain

クボタ 「壁がある。だから、行く。」「クボタが頑張っている!」 長澤まさみ

 

何杯飲んだだろう。どれくらい歩いただろう。気づけば私達は、山の墓地に迷い込んでいた。薄暗い街灯にぼうっと照らし出された無縁仏たち。流石に酔いが覚める。二人は無言でスマホの地図を開き、酔っぱらった頭で必死にここがどこかを考える。そんな瞬間もまた、格別だ。 

 

結局、私達は10kmの道のりを、3時間かけて飲み歩いた。飲み干した350ml缶は8本。肝臓には優しくないが、程よい運動。プリン体は摂取したけどカロリー消費でちょい勝ち。何より気持ちが晴れた。心と身体は連動している。そう実感できた。

 

歳を取れば苦が増える。ローンに家族に仕事の責任、小遣いは減る一方、背負うものばかりが増えていく。毎日壁にぶち当たり、理不尽に叩かれ、難しい決断を強いられる。答えはなかなか見つからず、自分ではどうすることもできない難題に、押しつぶされそうになる。

 

だけど、それがどうした。前を向いて、一つずつ、できることを、やるしかないじゃないか。壁がある、だから行く。ちょっと何言ってるか分からない。サンド富澤ばりのツッコミを入れたくなるけど、長澤まさみさんが言うと、いとも簡単に壁をぶち破れそうに思える不思議。

f:id:elep-peace:20200109234754j:plain

映像・広告・PR誌|会社情報|株式会社クボタ

 

そう思えた、木曜の23時。持つべきものは、酒と友、それに長澤まさみ。それさえあれば、金も名誉も、長澤まさみもいらない。ちょっと何言ってるか分からない。

スポンサードリンク