ページ コンテンツ

ぞうブロ~SEASON2

迷える四十路リーマンの妄想寝言ブログ

在宅勤務はしんどい。

スポンサードリンク

緊急事態宣言が解除されようとしている昨今。

ようやく私も、初在宅勤務をやってみました。

感想は・・・しんどいです。気楽は気楽なんだけど。

 

カフェや保育所など軒並み施設が閉まっているので、

家には、暴れん坊の2歳の息子と、妊娠8ヶ月に突入した嫁さん。

自分の小部屋に隠れ、コソコソ仕事をしていたけれど、絶対そのうちバレてしまう。

さらに、嫁さんの体調が、よろしくないので、家にいる限り、家と子守をしないといけない。

せっかくの在宅なんだから、その辺の調整は、なんとかなるでしょ。

そんな重圧の中、ずっと集中するのは、はっきり言って、無理。

 

さらに、会社から渡された端末はポンコツ。

CADが使えないのは覚悟していたが、初日はネットワークすら、まともに繋がらない。

それも想定内だったので、あらかじめ素材を飛ばして自分のPCで作業していた。

ただし会社の端末で、勤務時間のログがとられている模様。

サボってると勘違いされてるかも疑惑が浮上。

とても頭にくる。やる気をそぎやがって畜生。

 

なんとかそんな環境で作業していたけど、きわめつけは、気楽ゆえの誘惑。

音楽や携帯、本に、思わず手が伸びそうになる。

何より、家で仕事をすると、気分転換が難しい。

学生の頃も、家より図書館や自習室とかの方が、勉強は断然捗ったからなあ。

 

そんなわけで、在宅勤務は、しんどかった。

通勤の手間はないので、それはとても楽だったけど。

一見面倒な通勤時間は、家と職場との気分の切り替えに必要な時間だった。

 

せめて小さな子供が騒いでなければ。家族が元気なら。

保育園がやってれば。近くにカフェのホテルが使えれば。

一人集中する時間がとれれば。端末が順調に動けば。

それなら、在宅勤務は、とても快適なんだろうと思いますね。

 

コロナが収束しても、当分この在宅勤務は続くかもしれません。

なので慣れなければいけませんね。

オンライン授業で頑張っている子供や学生さんのことを考えると、

甘えたことは言ってられない。

 

それにしても、会社の人にバレたと思うと、途端に本音を何も書けなくなりますね。

やっぱバレるのは、よくないですね。SEASON2とは何だったのか棒。

こういう系の記事は、このブログではこれが最後かもですね。

どこかでひっそり、書くようにします。

 

スポンサードリンク