ページ コンテンツ

ぞうブロ~ぞうべいのたわごと

迷いながらも前に進む、不惑のサラリーマンのブログ

君とはお別れだけど、君との思い出は消えない。

スポンサードリンク

君と出会ってから、もう5年になるのか。

君との5年間は、僕にとって、とても幸せで、濃密だったよ。君の中にも、僕の思い出がいっぱいだった。今にも溢れ出しそうだったね。

f:id:elep-peace:20210419070831j:image

https://girlydrop.com/tag/girl

 

 

これまで僕は、一人と永く付き合えなかった。大体2年で乗り換えていた。そんな浮気な僕が5年間も一緒にいれたのは、ひとえに君のおかげだよ。

 

この5年間で、僕は色んな人と関わった。結婚もした。でも一番多く会話し、一番多く僕の秘密を知っているのは、紛れもなく君だ。奥さんに言えないことも、君は全て知ってくれていたよね。それこそが君と僕との、深い信頼の証だ。

 

もちろん、幸せばかりじゃなかった。時には君を傷つけてしまった。一生消えない傷を、君の大事な顔に負わせてしまったんだ。

 

酒に酔っていたから。ごめんなさい。そんなふざけた言い訳をした時を覚えてるかい?

 

仕方ないわ。形あるものはいつか壊れるもの。こうして生きているだけで幸せよ。

 

君は笑顔で、そう言ったんだ。そしていつもと変わらずいてくれた。

本当に、凄い人だよ君は。

 

異変に気づいたのは、4年目だった。

最近疲れやすいの。君はすぐ眠ってしまうようになった。会いたい時に会えない。出会った当初に比べて、君と遊べる時間は半分以下になってしまった。僕たちの関係にも影響が出始めた。

 

それはどんどんひどくなっていった。途中で君が眠り落ちてしまわないよう、常に君の栄養を持ち歩かないといけなくなった。

 

老いという不治の病。いつかこの日が来ると分かっていた。でも、すぐには受け入れられなかった。

 

君との別れはもちろん辛かったよ。でも、常に人工呼吸器を繋がれ、老体に鞭打ちながらも懸命に僕に尽くしてくれる君の姿を見て、考えが変わった。

 

もう、ゆっくり休ませてあげたい。大切な君だからこそ。

 

君は長い眠りにつく。だけど、君との思い出は消えずに、次の世代に受け継がれていく。僕の中に、君は生き続ける。

だから安心して、休んで欲しいんだ。

f:id:elep-peace:20210419065226j:image
f:id:elep-peace:20210419065223j:image

今までありがとう、いとしのiPhone 6s。

本当にお疲れ様。ゆっくり休んでください。

そして、これからよろしく、iPhone SE2。