ページ コンテンツ

ぞうブロ

サラリーマンエンジニア象の、本格エッセイという名の妄想寝言ブログ。

このままじゃだめだと思いつつも、やりたいことが見つからない人へ。

スポンサードリンク

今やっていることが辛い。仕事、勉強、家事育児。

辛くしんどく、単調な毎日。

このままじゃダメなのは、分かっている。

けど、何から始めればいいのか分からない。やりたいことすら、ない。

昔は色々、やりたいことがあったはずだ。

でも今は、分からなくなってしまった。

嫌なことを我慢し、仕方なくやり続けているうちに、

好きなこと、やりたいことを、どこかに置き忘れてしまった。

 

そんな私が、最近、何気なく立ち寄った本屋で、出会った本。

「やりたいことなんて、なくていい」。(伊藤羊一 著)


 

 

 

たしか、こんなことを書いていた。(うろ覚えですみません)

 

仕事でもなんでも、ものごとは次の3つに分類できる。

  • will(やりたいこと)
  • can(できること)
  • must(しなければならないこと)

will(やりたいこと)が既にある人は、じつに幸運だ。

そのために何をしなければならないかが、はっきりしているからだ。

夢や目標が決まれば、それは半分達成したも同然だ。

 

だけど、自分のような平々凡々なサラリーマンには、willなんてない。

あっても、とうの昔に諦めたか、忘れてしまったかのどちらかだ。

とはいえ、willがなくても、けっして悲観する必要はない。

それがむしろ普通だし、年齢や環境で、willは変わっていくものだ。

 

だけど、そのwillが一向に見つからないから、途方に暮れているんだよ。

そんな人は、まず自分のcan(できること)が何かを考える。

canの中に、実は既にwillがあるかもしれない。

あるいは、canを育てていけば、予想もしないwillに出会えるかもしれない。

できないことは楽しくないけど、できることは、楽しい。

 

では、canも見つからないときは、どうするか。

それはもう、目の前にあるmust(しなければならないこと)を、するしかない。

嫌だ、辛い、しんどい。そんな負の感情は、ひとまず横に置いておこう。

まずはmustを、やる。

スキルを身につけるために。家族を養うために。

いや、とにかく今日一日を、生きるために。

 

そうしてmustを続けていると、いつしかそこから、canが生まれてくる。

たとえそれがどんなに小さなcan、誰でもできるcanでも、

いくつかかけ合わせれば、自分だけのcanになる。

そうすれば、willに出会える日は、そう遠くないはずだ。

 

だから、今、will(やりたいこと)もcan(できること)もない人は、

まずは目の前のmust(しなければならないこと)を、一生懸命やろう。

周りがどうとか、年齢とか環境とかは、ひとまず関係ない。

今はできなくても、弱くてもいい。

泣きながらでもいいし、時には立ち止まってもいい。

だけど、諦めずに、やる。

やるべきことを、コツコツ地道にやり続けていれば、

いつかはきっと、やりたいことに辿り着けるはずだ。

 

進むべき道を、見失いそうになったとき。

そもそもどこに進むべきか、分からないとき。

しんどくなったときは、いつも自分に、そう言い聞かせています。

この歌を聴きながら。


路上に咲く花 HACHI BAND ver.@TOUR FINAL 2015.12.18 

素晴らしい歌詞も大好きだし、これを知ったきっかけのジョーブログも大好きです。

特にアフリカ縦断旅とか。それについてはまた、別の記事で書くと思います。 

 

たまにはこういう、抽象的だけど熱くピュアな、

朝起きたら恥ずかしくなるような記事を書くのも、いいものです。

皆さん頑張っていきましょう。私も頑張ります。

とりあえず一杯飲んで、明日のmustも、頑張ろう。

スポンサードリンク